千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2017長谷古墳群(④村山健治収集伝長谷出土資料)・千寿の楽しい歴史
長谷古墳群(ながたにこふんぐん)

瀬高町大草 

みやま市史資料編上巻(発行・平成29年3月)

P332~P339より

みやま市教育委員会発行


④村山健治収集伝長谷出土資料(図16・17)

a0137997_11382856.jpg



a0137997_11393418.jpg



この玉類2点は、郷土史家の村山健治が「長谷出土」と概要報告で報告しているものですが(文献1)、氏作成の古墳一覧表に記載はなく、長谷遺跡群での詳細な出土地点・遺構、出土年月日などの情報は不明です。

いずれも古墳時代のガラス製勾玉・翡翠製異形勾玉としては形態的・製作技法的にも類例がないことから、古墳時代以降に製作されたものの可能性があります。

ガラス製勾玉

ガラス製勾玉の法量は長さ6.5cm、幅4.1cm、厚さ1.8cm、孔径0.5cm、重さ79.14gを測る。かなりの大型勾玉です。全ての表面はヒビおよび凹凸が顕著に見られることから、鋳型ではなく、練り伸ばし(巻き付け)技法により製作されたと思われます。色調は明緑灰色で、ガラスの材質は分析により、鉛ガラスということがわかっています。かなりの大きさであることから、未研磨、鉛ガラス、明緑灰色であることから、古墳群に伴うものかどうかは不明です。

ヒスイ製異形勾玉

先のガラス製勾玉と同様「長谷出土」とされるもので、法量は長さ4.4cm、幅1.55cm、厚さ1.1cm、孔径1mm、重さ20.66gを測り、クサビ状を呈するものです。中央上部に穿孔を施しており、A面は穿孔部から先端部にかけて、B面は穿孔部を中心に、金属と鋭利な工具による細線の文様を刻んでいますが、A・B面とも何を描いたかは不明です。色調は緑色~緑白色で、材質は良くないものです。古墳時代後期の勾玉は、定型的な形態がほとんどであることから、古墳群に伴うものかどうかは不明です。


続きます。





みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-07-16 11:43 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
2017江浦祇園1・千寿の楽しい歴史
江浦祇園1  みやま市高田町

平成29年7月15日(土)

八剣神社奉納


a0137997_10434171.jpg



a0137997_10444054.jpg



a0137997_10453135.jpg



a0137997_10454932.jpg



a0137997_1046853.jpg



a0137997_10463321.jpga0137997_10465413.jpg


a0137997_10474930.jpg



a0137997_10481943.jpg



a0137997_10492044.jpg



a0137997_1050753.jpg



a0137997_10502543.jpg



a0137997_10504687.jpg



a0137997_1051279.jpg



a0137997_10512787.jpg



a0137997_10515146.jpg



a0137997_1052980.jpg



a0137997_10523668.jpg



a0137997_1053158.jpg



a0137997_10532568.jpg



a0137997_10542100.jpg



a0137997_10542545.jpg



a0137997_1054533.jpg



a0137997_10551787.jpg



a0137997_10553413.jpg



続きます。







みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-07-16 10:56 | みやまのまつり | Comments(0) |Topに戻る
2017長谷古墳群(③伝長谷遺跡群出土資料)・千寿の楽しい歴史
長谷古墳群(ながたにこふんぐん)

瀬高町大草 

みやま市史資料編上巻(発行・平成29年3月)

P331~P339より

みやま市教育委員会発行


③伝長谷遺跡群出土資料

個人の方により市に寄贈された資料です。資料を収めた木箱の箱書きに「山門郡瀬高町大字大草女山 平嶋所有山林より採土中に発見したる品物なり 耳環10個、首飾27個 昭和46年3月」と記され、長谷遺跡群付近の横穴墓出土遺物と考えられます。

耳環(図14・15、観察表は表4)

箱書通り計10点現存し、銅錆が顕著なため、鍍金の痕跡が確認できない(3)と銅芯鍍金の(8)以外は銅芯銀箔貼鍍金のものです。

勾玉・管玉・ガラス玉(図14・15、観察表は表5)

箱書では「首飾27個」と記されていますが、現在は22点確認できます。

勾玉はヒスイ製2点、碧玉・メノウ製が各1点の計4点あります。いずれも材質は違いますが、質は良くないものです。特に、(14)は孔を上面と側面から穿孔していますが、上部の穿孔時に上部が欠損したため、上部を切り取り、上面と側面から穿孔し、勾玉として使用したものと考えられます。

管玉は、碧玉製5点が現存しており、いずれも孔は両面穿孔です。ガラス小玉はやや大きめの玉7点と小玉6点の計13点が現存しています。

a0137997_11294740.jpg



a0137997_11302670.jpg



a0137997_11313063.jpg



a0137997_1132379.jpg



続きます。






みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-07-14 11:32 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る