千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2010三池往還(玉名市5)千寿の楽しい歴史
三池往還(玉名市5) 蓮華院誕生寺

a0137997_16542440.jpga0137997_16343434.jpg
地図内をクリックwすると拡大します。

蓮華院誕生寺 左~本殿 右~五重塔

a0137997_1640827.jpga0137997_16403167.jpg


左~川原是信大僧正  右~皇円上人
a0137997_16411069.jpga0137997_1641327.jpg


a0137997_16422671.jpg



浄光寺跡出土五輪塔地輪 関白塔 附

玉名市指定 重要有形文化財 指定年月日 平成19年3月1日

この五輪塔は、浄土宗の開祖である法然上人の師、皇円(こうえん)上人の生誕地として、皇円上人の祖、関白藤原道兼の菩提を弔うために造立されたものと伝承され、地元では関白塔の名で親しまれている。以下、向かって右を東塔、左を西塔とする。

東塔は、高さ約2.53mの巨大なもので、地輪下に幅約1.16m、高さ約20cmの基礎石がある。
西塔は、高さ約2.68mあり、東塔より若干高く、九州では最大の高さを誇る五輪塔である。

この関白塔には、規模が大きいにも関わらず、梵字等は何も刻まれていない。このことは真言律宗総本山奈良市西大寺の叡尊塔に代表される特徴であり、真言律宗においては鎌倉時代後期から室町時代にかけて梵字を刻まない大型五輪塔が僧の墓塔として造立されている。

関白塔は、真言律宗の玉名地域への伝播と、その後の発展及び定着を示しており、中世における九州での仏教受容のあり方とその背景を考えるうえで重要な文化財である。
             平成21年2月  玉名市教育委員会

現在、建設中の参道と楼門。

a0137997_11432891.jpga0137997_11434277.jpg


完成すれば、国道横から入り、駐車場に置き、三池往還の上の写真に一部見える跨道橋を渡り、楼門から参道に一直線に入るようになる。

現在は三池往還(上の地図の玉名市築地の右側)から分かれ地図の上の方向へ向かってる道を進み約500mで蓮華院誕生寺に着く。

a0137997_1158243.jpga0137997_1232671.jpg


三池往還は玉名市岱明町庄山の地図の最後から国道208号を進み、荒尾市金山(下金山バス停)から次の地図に入って行きます。

by kusennjyu | 2010-09-20 16:46 | 三池街道 |Topに戻る