千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
大注連縄作り(写真編)上楠田2010
大写注連縄作り(真編)上楠田2010   12月24日

注連縄作りの工程

全長8m、本体6m  ・  最大径   40~45cm  ・中央を挟んで3mを大きくする。

かずら・中央部に真竹(径約10cm・長さ約2m)を番線で固定する。

次にワラを分厚く巻き縄で部分的に縛る。ムシロは仕上げ直前に使用する。

最後に荒縄で長さ6mの範囲を巻いて仕上げる。

「さぐり」~3個の稲ワラを梳(す)く 。

左~材料の丸竹と」割り竹   右~かずらと竹を縄で縛る。

a0137997_17495385.jpga0137997_1750593.jpg


2本目を作り始める。 (2本目は1本目に大きさを揃えるため難しい)。

a0137997_1751433.jpga0137997_1752536.jpg


中央付近(両端へ向かって別々に作る。最低4人×2組の人が必要である。

a0137997_17561586.jpga0137997_17565077.jpg


左~最後付近の胴巻き   右~最後のムシロ巻き

a0137997_1805651.jpga0137997_1812541.jpg


左~端の最後の作業  右~端の仕上がり

a0137997_18115479.jpga0137997_18122417.jpg
 

梯子と担ぎ棒の8箇所を番線で締めて固定する。

a0137997_1815641.jpga0137997_18152256.jpg


2本の注連縄を中央で固定する。

a0137997_18181045.jpga0137997_18182171.jpg


中央を固定後、両端(中央から約1.4m)を固定する。丸竹の入っている内側を固定する。

a0137997_1820405.jpga0137997_18212894.jpg


両側から曲げて合わせる。木槌で叩きながらゆっくりと曲げる。

a0137997_18231436.jpga0137997_18232621.jpg


a0137997_18234454.jpga0137997_18235560.jpg


次は大注連縄作りの動画編をあげます。 ご期待を。
by kusennjyu | 2010-12-25 18:04 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る