千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2011八院合戦古戦場跡を訪ねて(大木町)・千寿の楽しい歴史
八院合戦古戦場跡を訪ねて(大木町) 

平成23年11月22日 晴れ


柳川郷土研究会の金子俊彦氏の案内で、私の車に4人が乗って回る。

地方の関ヶ原、八院合戦

石田三成の西軍が徳川家康の東軍に破れ、西軍側の立花宗茂は大阪から柳川へ無事に帰城した。

隣藩の鍋島藩は、「柳川を討て」と徳川家康の命を受けて、攻めて来たために、八院合戦が起こる。

大木町地図  金子俊彦氏提供地図です。

a0137997_20224436.jpg



左~立花右衛門太夫親子の墓(円通庵・廃寺跡地)  右~やらずの橋(上白垣)

a0137997_1946855.jpga0137997_19461792.jpg


立花右衛門太夫鎮実と親雄は合戦の際、立花藩の後軍を指揮し、慶長5年10月20日の戦いで先峰中軍を救うべき奮戦をしたが、退却路を断たれ戦死した。

やらずの橋は地獄橋とも云われ、立花軍と鍋島軍は、この橋が重要であり、死守しようと激しい戦いが行われて沢山の戦死者が出たところである。

現人神(やらずの橋の500mくらい東側)

a0137997_2025583.jpga0137997_203618.jpg


a0137997_2035475.jpga0137997_204877.jpg


八院合戦後、農地開墾時、あちこちから遺骨が出てきたらしく、立花藩、鍋島藩の戦死者であろう、それを一カ所に集め祀った祠である。上八院の山口家により供養されている。

一人塚・地の神さん・地蔵さん

a0137997_2055659.jpga0137997_206823.jpg


a0137997_2063051.jpga0137997_2064268.jpg


立花藩、鍋島藩いずれの兵か分からないが、竹やぶや草むらに隠れているところを、相手方に見つかり討ちとられたものが成仏できずに、土地の人に祟ったと云う。

昭和初期頃まで信じられていたが、1日、15日を供養の日と決め、燈明、御幣、線香、塩、酒を供え供養している。

伊弉諾(イザナギ)神社  上八院

a0137997_20244791.jpga0137997_20245826.jpg


a0137997_2025498.jpga0137997_2026640.jpg


a0137997_20282398.jpg



上は伊弉諾(アザナギ)神社に奉納されている立花三太夫の天井絵馬です。

文書の一部を柳川郷土研究会の瓦版(編集責任者 金子俊彦)を使用しています。












みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

「安否を知らせる黄色いハンカチ&紅葉の異変」  (新記事) 

     清水山本坊庭園の紅葉状況 (写真3枚)     
   
「電話予約で走る元気バス」     ハゼの苗木が色づき始めました。

みやま日和    クリックして見て下さい。

「みやま丼グランプリー  初代覇者は「焼肉ソウル」!    (新記事) 

「まるごとみやま秋穫祭  1日目」 


  
私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2011-11-22 20:14 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(1) |Topに戻る
Commented by 匿名 at 2015-11-26 11:07 x
伊弉諾(イザナギ)神社です