千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2011老松神社のいちょうの木・千寿の楽しい歴史
老松神社のいちょうの木

平成23年11月29日午後 みやま市瀬高町長田の老松神社境内

a0137997_2054695.jpg



a0137997_20543862.jpg



神社の屋根より樹の勢いが感じられる。

a0137997_2056110.jpg



北側の遊園地から撮る。

a0137997_20562371.jpg



7本の大幹が一重の「いっちょうの木」   

a0137997_2056413.jpg



下から眺めあげる。

a0137997_2057212.jpg



第9回長田の大銀杏(いちょう)紅葉まつりが27日、みやま市瀬高町長田の上長田公民館と老松神社周辺で開催されました。

鉱泉や樟脳(しょうのう)も知られる地域で、地元以外からも多くの人が訪れます。

樹齢408年祭」として祭典があり、地元の物産品、住民手製の漬物の試食会、地域の昔懐かしい写真の展示などを催した。

イチョウの木は福岡県指定の天然記念物。

樹高25m、東西24m、南北28.5mと幅広く、威厳あり樹勢と雄姿なる樹幹は誉れ高いものです。

下の「みやま日和」の「長田のイチョウ祭」を見て下さい。











みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

「近隣都市のまちづくりニュース」  (新記事) 

       大竹山 二尊寺と宝聚寺の大銀杏の写真 

「みやまの今週のニュース・出来事」

みやま日和    クリックして見て下さい。

「道の駅に琴奨菊が来たよ!」  (新記事) 

「長田のイチョウ祭」    
 
 
私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2011-11-30 21:10 | みやま市観光 | Comments(0) |Topに戻る