千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2015久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介・千寿の楽しい歴史
久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介      

平成27年1月14日(水)午前10時~午後3時

ソプラノ歌手の秋山千鶴さんと二人で入りました。ご主人に二階の個室を用意していただきました。

一番人気の石焼き膳(一人前3800円)を二人前を注文しました。    料理の出てきた順番に並べます。

a0137997_10413662.jpg



a0137997_1042842.jpg



a0137997_104307.jpg



a0137997_1043157.jpg



お造りは、天然物で、海老も天然の物です、大和芋を海苔で巻いて揚げます。(ご主人の説明)

素材はいつも、最高に良い物だけ厳選して、入れてます。お魚はすべて天然の物です、古処鶏もその日に、おろしたものです。お造りが苦手と言われるお客様も、ペロッと食べられます。(ご主人の説明)

肉が柔らかく、甘く、香りも良く絶品でしたよ。

a0137997_10444219.jpg



a0137997_1045326.jpg



この石板の上で焼いて食べます。 お肉は、鹿児島黒毛和牛A5です。(ご主人の説明)

a0137997_1045528.jpg



二人で記念写真を撮りました。

a0137997_10462812.jpg



a0137997_10464484.jpg



豆腐は暖かくて、喉をスーッと入りました。

a0137997_1047387.jpg



御飯か蕎麦のどちらかです。私たちは蕎麦を注文しました。

阿蘇高原の標高の高い処で取れた蕎麦を、石臼で優しくすって、作ったそば粉です。(ご主人の説明)

a0137997_10475926.jpg



阿蘇の新蕎麦粉は、香りが良くて、とても美味しかったです。

デザートです。  アイスクリームとコーヒです。

a0137997_10484932.jpg



廬山のご主人と料理を持って来られた平田さんです。

a0137997_10494160.jpga0137997_10495751.jpg


美味しい料理をありがとうございました。世話をしていただいたご主人んと三人の給仕の方に感謝します。

交通案内

久留米方面からJR九大本線の北側の道を山本町に入り、「浅井の一本桜」の標識がある少し先の十字路に「廬山」と言う案内が高い位置に掲げてあります。山側に入り、廬山の矢印に従って進んで下さい。

住所  久留米市山本町耳納字風呂谷2233-1

電話  0942-47-3628

新鮮な材料を用意して、皆さんに喜ばれる料理を工夫して御もてなしをしています。

お越しをお待ちしています。










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「平成27年 みやま市成人式 明るい選挙推進啓発活動について」

「みやま市 西原親市長は、平成27年最初の定例記者会見を開いた(1月6日)」   「新年のあいさつ」   

         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-01-15 11:06 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る