千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2015高田町の人物・矢ケ部信次(作詞家)を紹介します。 「みやまの人と歩み」より
高田町の人物・矢ケ部信次(作詞家)を紹介します。    

「みやまの人と歩み」より

薬学と作詞活動

矢ケ部信次(やかべ・しんじ)は、大正元(1912)年12月31日、三池郡江浦町(現、みやま市高田町江浦)に生まれました。

昭和5(1930)年、中学伝習館(現、伝習館高等学校)を卒業。昭和9(1934)年、長崎医科大学附属薬学専門部(現、長崎大学薬学部)を卒業し、九州大学医学部付属病院(現、九州大学病院)に勤務しました。

昭和11(1936)年、大牟田市上町に薬局を開業しました。同13(1938)年、下川梅子と結婚、この頃から作詞活動を始めています。

軍歌からこどもの歌へ
昭和18(143)年、大牟田の三井染料に就職し、日本作詞協会会員になっています。戦前の作詞は、「戦地の友へ」「暗夜の進軍」など、軍歌が多く、現状を批判的に眺めることは少なく、時流に歩調を合わせた作詞が多いのです。

戦後、民主主義の世の中になり、新生日本への希望を抱いた昭和20年代の終わりごろまでは、「あの町この町」「炭鉱の子守唄」など、若さに満ちたいきいきした明るい歌を手がけています。

昭和23(1948)年に日本音楽著作権協会会員になっていますが、同24(1949)年、毎日新聞社が募集した「新日本のこどもの歌」で、信次が投稿した「あの子も この子も」が応募総数1万252点中、第一等(一遍)に見事入選しました。この入選歌は、古関裕而(こせき・ゆうじ)が作曲、安西愛子(あんざい・あいこ)の歌でレコード化され、小学校の音楽教科書にも採用されました。

地域に根ざした歌詩づくり

これを契機に、中央の詩壇からも認められましたが、中央に進出することあく、地域に根差した詩作活動を続けました。同25(1950)年、三井染料を退職、江浦町で再び薬局を開業しました。

30年代以降になると失恋の歌や踊り子・虚無僧などのさみしい、心の影の世界をえがくようになりました。

また、「高田中学校校歌」「飯江小学校校歌」「江浦小学校校歌」「高田小歌」「江浦音頭」など、広く人びとに親しまれた作詞もあります。昭和53(1978)年1月28日、65歳で死去しました。


没後30年にあたる平成20(2008)年5月25日、「郷土が生んだ偉大な詩人 矢ケ部信次先生 追悼記念音楽祭」(主催高田町文化協会、後援みやま市教育委員会)が、まいピア高田大ホールで開催されました。岩田幼稚園の園児たちが「あの子も この子も」を歌い、叙情歌「笹舟流し」や「ぐみの木横町」、校歌などが美しいハーモニーで歌い上げられました。


おしまい。ありがとうございました。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「6月 みやまいいまち会学級活動について」

「平成27年6月 みやま市議会定例会につて」 

「5月22日 みやま市定例記者会見の要旨」
                    
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-06-01 21:42 | みやま市の歴史 | Comments(2) |Topに戻る
Commented by 岡田英夫  at 2017-03-07 10:49 x
故「岸田繁」(作詞家)の遺稿集を読みながら、遺稿集の寄付者に「矢ケ部信次」というお名前を拝見し、メールしております。
この本には、130人の作詞関連の方々が寄付をして編集された遺稿集で、西沢爽、星野哲郎はじめとする「そうそうたる作詞家」の
お名前もあります。作詞とは関係のないのですが、岸田氏とは遠縁の者です。
Commented by kusennjyu at 2017-03-07 18:13
コメントありがとうございました。

矢ケ部信次氏は友達のお父さんでみやま市高田町出身ですので、取材してみやま市の人物伝の記事を見て投稿しました。