千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2016邪馬台国勉強会(日向神社・八女津媛神社)・千寿の楽しい歴史
邪馬台国勉強会

日向神社・八女津媛神社)

熊川猛司宅  平成28年6月9日

資料は講師の熊川猛司氏資料を借用しています。

奥八女に残る神話と伝説

a0137997_9425190.jpg



高千穂峰や高千穂峡国周辺をはじめとして、天孫降臨地はいくつもあるが、奥八女にもまた日向神峡を中心として、黒木町・矢部村に天孫降臨が伝えられている。

日向神社(黒木町)には『日向神本記』なる縁起が伝わっていたというが現存せず、『日向神案内助辨』(宝暦12年・1762年)に収載される逸文によって、その概要をうかがうことができる。

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、この地に天降り、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)を娶り彦火火出見尊(ほこほほでみのみこと)・火明尊(ほあかりのみこと)・火闌降尊(ほすせりのみこと)の三御子神を生む
火明尊を日向神に留め給いて日向神明神となし、彦火火出見尊と火闌降尊の二尊は日向国に遷し給う。

といった内容が説かれる。また日向神峡の一帯には空室・古敷岩屋・湯ノ瀬・茅原・竹刀などの地名があって、産所・産衣を埋めた所・産湯を使った場所・産所の屋根を葺(ふ)いた茅(かや)を刈った所・臍胞を切った竹刀を埋めた場所などと、それぞれに天孫降臨伝説に連なる話が付会されている。

日向神明神となった火明尊にまつわる話も、蹴穿岩(けほぎいわ)や蹴穿石として伝えられる。ちなみに日向神という地名については『北筑雑藁』などに、その昔、日向国から飛んできた神が住むところからついたと説かれている。

日向神峡からさらに奥の矢部村一帯にかけては、八女津媛(やめつひめ)の伝説地でもある。

『日本書記』景行天皇条には、丁酉、八女県(やめあがた)に到る。即(すなわ)ち藤山を越えて、以って南粟崎(あわさき)を望む。詔(みことのり)して日(もう)さく、其の山の峰岫(くき)重畳(かさな)りて、且 (か)つ美麗(うるわ)しきこと甚(はなはだ)し。

若し神其の山に在るか。時に水沼県主(みるぬまのあがたぬし)猿大海(さるのおおあま)奏して言(もう)さく。女神有り。名を八女津媛と日(い)う。常に山中に居ます。故に八女国の名、此れに由るりて起これり云々

『誰にも書けなかった邪馬台国』 村山健治著

日向神社と「ヒミコ」 P215より

堤から見た春分秋分の日の出地点は、清水山頂からやや南に稜線が下がった所である。堤とこの点を結ぶ直線状上に清水寺がある。大同元(806)年に唐から帰国した伝教大師が、建立した寺である。弥生のころ、この直線上は聖域という認識がある。

この線を東に延長していくと、八女郡大淵村月足(現在の八女市黒木町大字大淵字月足)にある 日向神社にぶつかる。

鳥居を通ってしばらく行くと、急傾斜の石段があり、それを登っていくと最上部に古びた拝殿がある。

日向神神社の祭神は天照大神・爾爾芸命・木花之佐久夜毘売だる。この神社を建てたのが神武天皇から7代目の月足彦と月足姫と伝えられている。

この神社にまつわる塩の話が古文書『南筑明覧』に残っている。それによると、日向神社の猿が大昔、黒崎の鼻に潮汲みに来ていたというのである。黒崎の鼻とは、矢部川河口に位置する大牟田市黒崎のことだ。

日向神社 福岡県八女市黒木町 

天孫降臨伝説にはこの社を中心に根強いものがあり、周辺には伝説に付会した地名が多い。

境内には三御子神のうち、この地に留まり日向神明神となったホアカリニミコトが、蹴って穿ったという蹴穿石がある。

八女津媛神社  福岡県八女市矢部村

養老3(719)年、創建との由緒があり、語祭神は八女津媛神社である。

明治以前までは六所権現社と呼ばれ、神仏混交の信仰が続いている。

続きます。






みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-06-20 10:00 | 歴史学習会 | Comments(5) |Topに戻る
Commented by tukifune83 at 2016-07-20 08:45
初めまして。(^_^)突然失礼致します。

お気に入り登録させて頂いたご挨拶と、こちらの記事のトラックバックのお願いに参りました。
ご了承頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

月船物語 水月
Commented by tukifune83 at 2016-07-20 22:09
こんばんは
月船物語、銀千代と申します。
とても詳しく投稿されていて、勉強させていただいてます。
こちらの記事を当方ブログにて公開させて頂きました。
お返事頂いてからが筋だとは承知しておりますが申し訳ありません。
不都合、ご迷惑なようでしたらご連絡くださいませ。
送球に対処いたします。
           月船物語 銀千代
Commented by kusennjyu at 2016-07-21 07:21
銀千代さま、お早うございます。
2回のコメントとブログにあげられたとのこと、
ありがとうございました。
矢部村の方ですか。
矢部村の栗原製茶さんとは友達です。
八女津媛神社には何回が伺っています。
また今年も行く予定でいます。
よろしくお願いします。
Commented by tukifune83 at 2016-07-21 22:15
Kusennjyu様m(__)m
ありがとうございますm(__)m
実は水月のお里が八女でして、良く参拝させてもらってます!
まだまだ不慣れなブログですが、宜しくお願いいたしますm(__)m
Commented by tukifune83 at 2016-08-28 11:21
こんにちは(^^)
突然ですが、初めの資料の写真に凄く興味があります!
これは誰でも見れるものでは無いのでしょうか?
是非とも全文を見たいのですが、難しいですよね?