千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 06日 ( 2 )
|Topに戻る
水郷柳川(福厳寺)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(福厳寺)をゆく  

12月4日   晴れ 奥州町

左~山門   右~本堂

a0137997_20363348.jpga0137997_20364423.jpg


左~天王堂   右~鐘鼓楼

a0137997_2044220.jpga0137997_20441292.jpg


福厳寺は立花家の菩提寺で、天正15(1587)年、立花宗茂公により、岳父戸次道雪公の菩提を弔うために建立されたものです。

寺名は道雪公の法名福厳寺殿か名付けられたもので、梅岳山福厳寺と称し、筑前医王寺の緒庵和尚を迎えて開山しました。

田中吉政公の代に一時この寺は壊されましたが、宗茂公が再び柳川の領主として返り咲き再建して菩提寺とし、寛文9(1669)年3代藩主立花忠茂公の代に、高僧鉄文を招いて臨済宗黄檗派に改め、今日の黄檗宗の法灯を伝えています。

伽藍は、東に山門、北に本堂、南に天王堂、西に鐘鼓楼と開山堂が記されております。
本堂前や西側には、柳川城址から移された板碑六地蔵もあります。

本堂裏には、歴代藩主を祀った切妻造・銅板葺の御霊屋3棟がコの字型に整然と並び、更に西側一帯は墓地となっています。

この墓地には芥川賞作家の長谷健、直木賞作家の檀一雄や自由律俳人の木村緑平の墓があります。

中山堂の内部

a0137997_2046259.jpga0137997_20463527.jpg


本堂横

a0137997_2050898.jpga0137997_20501749.jpg


立花累家代の墓

a0137997_20512873.jpga0137997_20513765.jpg


福厳寺の山門をくぐると、正面に見える二階建ての建物が鐘堂(鐘鼓堂)です。

その右手の建物が開山堂です。開山堂には開祖の鉄文和尚の木造が安置されています。

開山堂と本堂の間を進むと、歴代藩主の御霊屋(みたまや)があります。

福厳寺には、長谷健や壇一雄の墓もあります。

立花壱岐の墓の前に、十時兵馬の墓があります。十時兵馬は、立花壱岐の同志でした。妻の名は美佐子といい、長男の名前は十時虎雄といいます。十時虎雄は、日露戦争で活躍した人物です。

左~木下三丘子の句碑  右~鐘楼

a0137997_2053213.jpga0137997_20533187.jpg


俳句   春水や  代わて漕ぐも  又童    木下 三丘子

前回の問題を解答します。

1・きけとんなる(利けとんなる)~その地方に勢力があって、名が響き渡っている。

2・きさくんよか~気性がさっぱりして気軽である。   

3・きつかったのも~人の苦労をねぎらったり、死者への弔意の言葉。  

4・きっつぇする~辛がっている。非常に疲れている。むずかし過ぎている。困難に直面している。

5・きやすかこったんも(気安か・・・・)~たやすい事ですよ。 6・きょうりめす~来ていられる。  

7・ぎりのまよる~渦を巻いている。 ぎりぎり~渦巻き。   

8・きろん~等々。 何きろん言うて~何やかやと言って。

9・くいおーけんある(食い多気んある)~食べる量が多い。  

10・くうでつしょったんも(来う・・・・・)~行こうとしていますよ。

今日の問題です。

1・くせ   2・ぐぜる   3・くちさかしか   4・くつぞこ   5・ぐでる

6・くみず   7・げな   8・げなげなばやし   9・けんがら  10・ごいごい 
by kusennjyu | 2010-12-06 20:53 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
水郷柳川(長命寺・並蔵)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(長命寺・並蔵)をゆく   12月4日  晴れ

掘割

a0137997_8492913.jpga0137997_849536.jpg


天満神社    出来町

a0137997_8514569.jpga0137997_852494.jpg


天満神社の楼門

a0137997_85324.jpga0137997_8531830.jpg


長命寺

a0137997_8542721.jpga0137997_8544882.jpg


寺院縁起

1・発祥   往吉は三池郡舞鶴城内にあった。

2・享保17(1732)年  中興開祖 西戒壇第八世 覚城普光和尚が椿原町に再建。

3・元文2(1737)年  天台宗 青蓮(しょうれん)院門跡(京都)の直支配となる。

4・延享3(1746)年 立花道印公(第5代藩主貞俶・さだよし公の実兄)別荘地を寄付・椿原町より現在地に   移る。
  道印公 本尊不動明王並びに秘仏大聖歓喜店天を寄進。

5・明和3(1766)年 第7代藩主 鑑通(あきなお)公の祈祷寺となる。鑑通公 秘仏毘沙門天王を寄進。

6・明治5(1872)年 学制発布 観設小学校が長命寺を校舎として開校。
   
   

長命寺の仁王像

a0137997_856140.jpga0137997_8561994.jpg


元禄8(1695)年  仏師  東仏 伝基氏作

右は密迹金剛(みつじゃくこんごう)  開口の相
左は那羅延金剛(ならえんこんごう)  閉口の相

といい、いわゆる阿吽(あうん)の相である。

仁王様の頑強な身体にあやかりたいとの願をかけて参る人が多い。

長命寺の発起神と六地蔵   

a0137997_85804.jpga0137997_8581962.jpg


地蔵真言  おんかかかびさんまえいそわか

お釈迦様の死から弥陀菩薩出世まで約56億年間無仏の世界で仏代わりに衆生の苦しみを救うのが即ちお地蔵様と言われている。

地獄・餓鬼・畜生・修羅(けんか・争い)・人・天の六道に能化分身して衆生を救うを六道地蔵(六地蔵)と称し、一体にまとめたのが六体地蔵である。

鶴味噌(並蔵の玄関側)

a0137997_8594563.jpga0137997_90137.jpg


檀平(だんへい)橋から見た並蔵(鶴味噌)

a0137997_915688.jpga0137997_921169.jpg


檀平橋から見た掘割

a0137997_941067.jpga0137997_942758.jpg


前回の問題を解答します。

1・かさらん~辛抱しきれない。耐えきれない。 かさる~辛抱できる。  2・かたする~加入させる。加える。 

3・かつるる(餓るる)~飢える。非常に欲しがる。   4・がまだしもん(降魔出し者)~仕事に精を出す人。

5・かわりごーし~変わりばんこ。  6・かんえー(寒えー)~季節・気候。かんえいよか~気候が良い。

7・かんなし(感無し)~限度がわからない。かんなし食う~食べ放題に限りなく食べる。

8・かんまわん・うっちゃわん(打合わん)~相手にせぬ。  9・かんめなし(構無し)~仕放題・おかまいなし。

10・かんも  例 そうかんも~そうですか。  けんかんものも~こんなですかな。

今日の問題です。

1・きけとんなる  2・きさくんよか   3・きつかったのも   4・きっつぇする   5・きやすかこったんも

6・きょうりめす  7・ぎりのまよる   8・きろん    9・くいおーけんある  10・くうでつしょったんも
by kusennjyu | 2010-12-06 09:05 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る