千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 08月 ( 48 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
豊前街道10(熊本市植木町⑤)千寿の楽しい歴史
豊前街道10(熊本市植木町⑤)    8月31日撮影  晴れ

a0137997_20505341.jpg


三池往還(高瀬通り)大津町通りの分岐点である。

分岐点近くの植木小学校の地は、手永役所の跡である。

細川藩では、郡にあたる範囲を統括する手永(惣庄屋)が置かれていた。

左~植木天満宮。ここから豊前街道は斜め左に下る。   右~佛厳寺(植木天満宮南側)

a0137997_2115413.jpga0137997_212563.jpg


植木天満宮(西南の役緒戦の地)

植木では薩軍が熊本城を包囲し、さらに北上しようとした時、2月22日、まずはこの地で激戦が行なわれた。

この天満宮の由緒は、元禄8(1695)年に味取新町ができた時、この地に松の巨木があり、そこに小さな祠(ほこら)があった。

それから年を経て嘉永4(1851)年に落雷があり松の木が裂けたが祠は無事であった。人々は天神様の神威を祀ったと言う。

a0137997_21123984.jpg明徳官軍墓地
この官軍墓地は、合計123基の墓碑が存在するが、そのうち92基は明治10(1877)年の向坂(植木町)の戦いで戦死した熊本・大坂・東京の各鎮台及び近衛所属の将兵の墓碑である。

向坂は福地源一郎(桜痴)が、その従軍日記の中で「植木よりは熊本へは三里にして近く、且向ふ坂さへ取切れば、其跡は平坦の地にて、つま先下りの路」と記した様に重要拠点であった。

ために政府軍 薩軍ともにその確保に全力を尽くしたが、3月16日の戦いは薩軍有勢に展開し、乃木希典率いる歩兵第14連隊の軍記が薩軍に奪取るされている。

被葬者出身地
熊本7、長崎5、、福岡5、大分2、山口5、広島1、岡山5、島根13、愛媛4、高知3、大坂1、兵庫5、京都5、和歌山7、三重7、愛知3、岐阜3、長野4、石川11、新潟3、神奈川5、東京3、埼玉24、群馬1、栃木3、千葉1、福島3、山形3、不明1 (計123)

なお、近くの寄鶴には軍夫30名を合葬した墓があるが、氏名、出身地等は全く不明である。

      熊本県教育委員会(昭和62年3月建

明徳官軍墓地は豊前街道から少し東側に入った場所にある。

この地を豊前街道に引き返してすぐに、国道3号線に出る。
by kusennjyu | 2010-08-31 21:13 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る
あか米コンサート2010への誘い(千寿の楽しい日々)
あか米コンサート2010への誘い

今年も野田酒造の蔵内ステージでコンサートがありますのでお誘いします。

平成22年9月5日(日) 開演 午後6時

パンフレットで内容を確認して下さい。

a0137997_15584342.jpg


あか米の田園見学会は2時間ぐらい前に来て自由に写真を撮って下さい。

今年はコンサートに合わせて、米が実るかが心配だそうです。

参考に昨年の  あか米コンサート  リンクします。
by kusennjyu | 2010-08-31 16:01 | あか米コンサート | Comments(0) |Topに戻る
大川温泉(千寿の楽しい日々)
大川温泉   8月30日 晴れ   

左~内風呂    右~露天風呂への通路

a0137997_14585884.jpga0137997_14591187.jpg


左~源泉水風呂     右~露天風呂

a0137997_1502876.jpga0137997_1504015.jpg


左~カッパ   右~ガマ蛙(かえる)

a0137997_152188.jpga0137997_1521030.jpg


大川温泉の泉質について

その1 「モール泉」である。

「植物泉」と言われ、太古の植物が堆積して地中にあるうちに変質し、石炭になる手前のものです。
  
ドイツではこの「モール泉」が、とても珍重されています。

類似の泉質が湧出する地域は、北海道十勝川温泉、石川県金沢市、大分県大分市近辺です。

特に十勝川温泉は「日本一のモール泉」として観光宣伝のキャッチフレーズ等になっています。

その2 ナトリウムイオン、炭酸水素イオンの割合が高く、すなわち「純重層泉」に近い泉質です。

弱アルカリ性の純重層泉は別名「美人の湯」と呼ばれています。

つるつるした肌感触が特徴であり、これは温泉中の重層と皮脂との鹸化反応によるものです。

皮膚が軟化し、余分な皮脂が除去されると言われ、女性に人気のある泉質で知られています。

その3  保温成分である「メタケイ酸」含有量が約120mgもあり、多量に含む温泉は、「化粧水の湯」などと呼ばれ、最近、注目を浴びています。

源泉水風呂

冷泉は、血行促進に大変良いと言われる。炭酸水素イオンが多く含まれているため、「白い湯の花」が浮きます。
by kusennjyu | 2010-08-30 15:35 | 温泉 | Comments(0) |Topに戻る
東京スカイツリー 418m H220830
東京スカイツリー 418m H220830

今、東京では東京スカイツリー撮影が毎日人気になっています。

平成22年8月30日、418mです。高さと時間の撮影ですね。

完成したら634m→ムサシ→武蔵の国をイメージしてということです。

a0137997_854276.jpg


夜の撮影

a0137997_8545024.jpg


錦糸町からの撮影

a0137997_915094.jpg


個人の写真家の方が400万円投資して、毎日写真撮影して保存し、それをパソコンで送信しています。

また、撮影に「魚眼の目」を使用し、個人の携帯電話の撮影に自由に使えるように提供しています。

近くでは、高い建物の撮影は無理ですが、この器具でシャッターを切ると、全体が簡単に撮影できます。

また100万円のカメラで記念撮影をして、毎日数名の方に無料でプリントして差し上げておられます。

いま東京の下町では写真撮影と東京スカイツリーの会話で盛り上がっています。

食べ物屋さんでは新メニューも登場しています。下町では、にわかに活性化しています。

私のブログでも話題にしたいと思います。定期に高さの写真を送信します。

よろしく、皆様のコメントをお待ちしています。
by kusennjyu | 2010-08-30 08:55 | 東京スカイツリー | Comments(0) |Topに戻る
豊前街道10(熊本市植木町④)千寿の楽しい歴史
豊前街道10(熊本市植木町④)

a0137997_9504165.jpgこの一帯から田原坂~玉名にかけては西南戦争の折、戦場と化した所。
道筋にその跡を示す標木が多く残っている。
乃木少佐(当時)率いる政府軍は大切な軍旗を薩軍に奪われました。
旗手「河原林少佐の戦死の地」の標木が自動車学校の崖下に残り、少し先の植木水天宮には「激戦の地」が建てられています。
バイバスから少し離れた旧道は江戸末期には交通の要として栄え、今も整備された町並みが残っています。


a0137997_1555094.jpg植木町
植木町は味取まちから分かれたもので、味取新町とも植木町とも呼ばれた。

味取新町は高瀬通り(三池往還)・大津町道との分岐点として繁栄する。正院手永会所は初め岩野村・正院村などに置かれたが植木町の繁栄とともに植木町に移され、元禄(1688年~)の町立以来の発展をしていたが、幕末には零落して元の寒村に戻っている。

植木学校跡(植木小学校)
明治8年、ここには植木学校があり自由民権思想を教えていました。教科書はルソーの政理論を加え勉学に励む。その中の一人が宮崎八郎である。

リーダーの一人として宮崎滔天の兄の八郎は「戸長征伐」の指導をする。

戸長とは、昔の庄屋を一歩進めたのが戸長で、村人の代表者で政府が任命した。

戸長はこの時期、明治政府により徴税官的役割を煮の担わされており、民衆の不満が重なり明治10年1月28日、山鹿の光恵寺にて、約1万人以上の人民大集会が開かれた。

後、西南戦争に志願して薩軍に従軍して戦死する。

旧鹿本郡植木町は、平成22(2010)年3月23日、熊本市に編入され、同時に熊本市の合併特例区となった。

植木町はスイカの作付面積・生産量とも全国一を誇っています。
by kusennjyu | 2010-08-29 16:41 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る
2010豊前街道10(熊本市植木町③)千寿の楽しい歴史
豊前街道10(熊本市植木町③)

a0137997_1115568.jpg



a0137997_11155134.jpg



平尾の観音像  植木町指定文化財  植木町大字亀甲字中嶋  昭和46年12月3日指定 (現熊本市)

正式には平野山瑞泉寺という。

寺の裏手、平尾山の八合目付近に岩場から滲み出る湧水があり、穴観音ともいわれ瑞泉の名のもとになったと思われる。

現在、平尾観音堂といわれ、本尊は平安末期のすぐれた木像とされる「観世音菩薩坐像」で一般に平尾の観音さんと呼ばれ親しまれている。

この付近は当時、古い寺院が存在したのであろうか。
後には、鎌倉時代に始まる修験道の影響も受けたという。

この地は肥後小路、豊前街道沿いにある。しかし、その後、交通の発展により江戸時代、平尾山南側に味取町が出来ると、同地に「曹洞宗瑞泉禅寺」が建てられた。
                  平成13年3月30日   植木町教育委員会

「味取町」について

来民往還の分岐点、豊前街道沿いに加茂坂の登りつめにあり、豊富な湧水もあって、かなり以前より集落が形成されたものと思われる。

寛永9(1632)年、内村内に味取町が設けられ、在町として栄えた。
町名の起源を「荷取」とも、和名抄の「三重郷」等に由来するとも伝える。

参勤交代の際の茶屋が豪商松屋(堀家)に置かれた。盛時には約150戸の民家を数え、上、西松屋、富七屋、砥石屋といった商家が軒を並べたと云う。

元禄年間に当町から植木町(味取新町)に分かれた。

明治18年、新道(福岡往還)の開通と共に往時の賑わいを失っていった。

昭和63年9月1日  植木町教育委員会

肥後国誌に「味取 府ヨリ三里八町鹿子木町へ一里八町、山鹿湯町へ二里二十八町ナリ」とある。
豊富な湧水が村落形成の誘引となった街村で、造酒屋、旅籠屋、煙草店などの外、寺院が二箇所あり繁栄した在町であった。

味取(みとり)観音

a0137997_1261952.jpga0137997_126374.jpg


a0137997_127669.jpga0137997_1272193.jpg

写真は平成20年11月21日、庄福さんと豊前街道を植木から熊本まで廻った時に撮ったものです。

味取(みとり)観音さんとして地元の人に親しまれていて、十一面観世音菩薩が本尊の瑞泉寺がある。

この寺は、自由律と呼ばれる句調の俳句を読み、日本の俳壇界の中でも特異な存在として名を残す俳人・種田山頭火が故郷の山口から放浪の末、この熊本で出家して、この寺の庵主となりました。
井戸のないこの寺には、村人が毎日、川の水を汲んで届けたそうです。

山頭火はその水で米を洗い、そして炊き、その砥ぎ汁で掃除をし、さらに庭の草木に与えたそうです。

しかし、山頭火はやがてこの観音堂を後にして放浪の旅に出ました。境内には今も山頭火の俳句を刻んだ句碑があります。

本堂には鎌倉時代の作と言われる観音坐像や本堂脇には十六羅漢などがあります。

種田山頭火石像と句碑

a0137997_128117.jpga0137997_1282188.jpg


山頭火は本名種田正一、明治15年、山口県防府市に生まれた。早稲田大学文科を中退し、父と共に家業に従事したが失敗し、これから流浪の生涯が始まった。

熊本に来たのが大正5年、彼が35歳の時であった。酒にひたって家業を顧みず、上京したり帰熊したり奔放な生活を続けていた。

大正13年、出家して禅僧となり翌年、味取観音の堂守として、読経と句作の独居を続けた。
観音境内の句碑に刻まれた「松はみな枝垂れて南無観世音」の句は、当時の作である。

しかし、ここも永くは続かず1年2ケ月にして去り、以来、放浪生活を送り昭和15年10月11日、四国松山の一草庵で波乱の生涯を閉じた。59歳であった。

山頭火は荻原井泉水の俳句「層雲」によって自由律の俳句をよんだ詩人で「鉢の子」をはじめ七句集や膨大な日記類があり、「山頭火全集」まで出版されており、日本の俳句史上特異の地位を占めている。
                 平成13年10月22日  植木町教育委員会

山頭火のふるさとを訪ねて   山口県防府市へリンクします。
   
by kusennjyu | 2010-08-29 12:55 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る
和紙と樟脳の歴史(瀬高の産業)千寿の楽しい歴史
和紙と樟脳の歴史(瀬高の産業)    9月8日の学習会資料   クリックすると拡大します。

和紙

a0137997_1013479.jpga0137997_10151832.jpg


a0137997_10163359.jpga0137997_10172493.jpg


樟脳

a0137997_10182858.jpga0137997_1019671.jpg


和紙は坂田さんにお願いしています。 お楽しみに。017.gif  013.gif
by kusennjyu | 2010-08-29 10:22 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
豊前街道10(熊本市植木町②)千寿の楽しい歴史

豊前街道10(熊本市植木町②)

a0137997_11482015.jpg


左~一本榎跡   右~四里木

a0137997_10505195.jpga0137997_1051220.jpg



九州自動車道の陸橋(高速道路の上を通る)少し手前に重油タンクの横に「一本榎跡」標木が立っています。

陸橋を渡り左折すると、約100mの所に四里木が立っています。

放牛地蔵  左~写真左の道は豊前街道。右奥に放牛地蔵があり、右の写真は拡大したものです。  

a0137997_11531490.jpga0137997_11533248.jpg


放牛地蔵  植木町指定文化財  植木町大字内  平成19年1月15日指定 (現熊本市)

この地蔵は、江戸時代中期に作られた。
僧の放牛が熊本市を中心に、街角や道路の分かれ道に立てた地蔵。

熊本の鍛冶屋町に貧しい親子がいた。
貞享(1686)年1月3日は折悪(あ)しく酒代もなく、怒った父はカマドにあった燃えさしの薪(まき)を投げつけた。
その所を通りかかった武士の眉間にあたった。
父はその場で無礼討ちになったといわれる。
息子は自分の不幸のせいと嘆き、出家して放牛と名を改めた。

三十余年の修業の後、享保7(1722)年から十年間に百体の石仏を建立して父の菩提を弔う悲願を立てた。

この地蔵は「七十四体目」とあり、享保15(1730)年5月、道歌(どうか)に「三界の衆生をのせるはなれうしほとけまいりのひとをみちびく」と彫ってある。

建立するについては、自から願主となり農民や町民の喜捨を募ることになった。
この時代は飢餓や洪水等が多く庶民の生活は困窮を極めていた。
その人々を力づけ、救済を図るため、村人とともに講を立て、地蔵建立のための基金を集めたと言われている。
        平成19年3月28日   植木町教育委員会

豊前街道に当たる植木町には二体残っている。

内空閑城跡  植木町指定文化財  植木町大字内字小塚迫  昭和43年7月17日指定 (現熊本市)

内空閑城跡は、内村集落の西方向に位置氏し、標高127.5m、山頂部分は「城床」と称される長方形状の平坦地になっている。

この城は、室町から戦国時代に内村を中心に山本郡一帯を支配した内空閑氏の居城であった。
「事跡通考系図」によると、初代基貞の時、明徳元(1390)年に伊賀の国より、下向したと伝えられている。

内空閑氏は菊池氏の有力な家臣であった。
しかし、菊池市末期の内紛と共に分立し、その滅亡と共に、この地域の支配者として自立したと思われる。

内空閑城は尾根伝いに、大平城、霜野城とも連絡が取れる好条件の山城である。

一方この地にりんせつしたて岩照寺跡がある。
荒地であるが、泉水もあり応永2(1405)年の年号が刻まれた宝篋印塔も残っている。

この地の集落には、「奥村」、「徳丸」、「馬場小路」、「乙丸」、「五郎丸」、「次郎丸」などの地名がある。

                          平成17年3月18日   植木町教育委員会

放牛地蔵から進み県道3号線に出ます。横切ってすぐに「内空閑城跡」の説明板が掲示されています。

豊前街道は県道3号線に出なく、内回りするように道が付いています。その道が豊前街道だと思われます。
先に進むと再度、県道3号線にでます。
その後、県道3号線を横切って進む道がありません。ここで一旦豊前街道は途切れています。

先の味取まで行き、豊前街道を引き返しましたが、ここも途中までで道が途切れています。
この両方を繋ぐ道がなく、道が消滅しています。

続きは味取の「平尾山の観音像」から始めます。
by kusennjyu | 2010-08-28 11:56 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る
豊前街道10(熊本市植木町①)千寿の楽しい歴史
豊前街道10(熊本市植木町①)

a0137997_9512851.jpga0137997_9515331.jpga0137997_9521284.jpg
地図内をクリックすると拡大します。

左~乙貝橋から三十六の間の両側が竹やぶの山道   右~三十六のお茶屋跡付近

a0137997_10395363.jpga0137997_10401246.jpg


三十六のお茶屋跡

三十六から千田川へ下る道は、両側が切り立った深い切り通しの坂道になっています。

こうした深い切り通しの道は、加藤清正が軍事的配慮から作ったといわれ、「凹道(おうどう)」と呼ばれるものです。

江戸時代の記録には、熊本城下から五里程は坂が多く、ほとんどが道の両側が高く切り立った凹道であった、と記されています。

ここ三十六にはお茶屋があり、坂を下った先の千田川には、乙貝橋という石橋が架かっていました。

左~豊前街道筋の土蔵    右~豊前街道筋の杉並木   左右共に上の地図右の色出付近

a0137997_10421711.jpga0137997_10423830.jpg


写真の杉並木を通り過ぎてからは、どこまでも一本道が続き、次にビニールハウスの間の道が続きます。
by kusennjyu | 2010-08-28 10:31 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る
2010豊前街道9(山鹿市鹿央町)千寿の楽しい歴史
豊前街道9(山鹿市鹿央町)

a0137997_9592143.jpga0137997_9593869.jpg


左~比丘尼坂   右~五里木の標木

a0137997_10261372.jpga0137997_11261572.jpg


鹿央町元広付近

a0137997_10542427.jpga0137997_10545766.jpg

地図内でクリックすると拡大します。

左~善光寺   右~広町の標木

a0137997_1103918.jpga0137997_11056100.jpg


善光寺   豊前街道の貴重な図書館

篤姫も立ち寄った休憩所 

庭のイヌマキの古木は元和元(1615)年、創建の時に植えられたものです。

九曜の紋が彫られた古めかしい玄関、そして「お成りの間」。

広間は三段の段差がついています。一番奥の高い所がお殿様の席で、従者は一番下の間、部屋からは美しいお庭の緑が見渡せます。

広町

江戸時代には造り酒屋、紺屋、油屋など多くありました。四つ角に豊前街道の標木が立てられていますが、
ここから左折して地図のように進んで下さい。

両側がビニールハウスの中の道を進み、突き当りを右折してすぐに左折する下り坂があり、横に豊前街道の標木があります。下りますと九州自動車道の下をくぐり、すぐに「乙貝橋」に着きます。

標木(左は乙貝坂、右は文字が不明)

a0137997_11203394.jpga0137997_11221355.jpg


鹿央町(かおうまち)は、熊本県鹿本郡にあった町である。

2005年1月15日に山鹿市・鹿本郡菊鹿町・鹿北町・鹿本町と合併し、山鹿市鹿央町となった。

by kusennjyu | 2010-08-27 10:01 | 豊前街道(熊本) | Comments(0) |Topに戻る