千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
豊後街道3(千寿の楽しい歴史)
豊後街道3   10月29日

三里木跡碑と杉並木

a0137997_21315794.jpga0137997_2132876.jpg


大津宿(日吉神社古宮跡と大津山廣済寺)

a0137997_21335441.jpga0137997_2134368.jpg


加藤公道公園

a0137997_21351978.jpga0137997_21353047.jpg


a0137997_21391386.jpga0137997_21392272.jpg


新道横に並行して残る旧豊後街道

a0137997_21411212.jpga0137997_2141211.jpg


二重峠(7里木を過ぎる)ここから内牧宿へ下る。

a0137997_21435435.jpga0137997_2144767.jpg


二重峠からは車両進入禁止である。次は内牧宿から二重峠への道を探します。
by kusennjyu | 2010-10-30 21:44 | 豊後街道 | Comments(0) |Topに戻る
2010大津宿(日吉神社)千寿の楽しい歴史
大津宿(日吉神社)  熊本県大津町   

平成22年10月29日

鳥居と神社

a0137997_20591155.jpga0137997_20592456.jpg


神猿(左と右)

a0137997_211229.jpga0137997_2113363.jpg


「 神猿」と書いて「まさる」と読む。
「まさる」は「魔が去る」または「勝る」の意であり、厄除け、魔よけ、守護に利益があるとされる。

山王さんと山王神猿

a0137997_2122892.jpga0137997_2124272.jpg


a0137997_215359.jpga0137997_2151224.jpg


a0137997_215361.jpga0137997_2154587.jpg


御神燈と御神木(夫婦楠)

a0137997_2174746.jpga0137997_2175934.jpg


神の紋は神の門。

by kusennjyu | 2010-10-30 21:08 | 豊後街道 | Comments(0) |Topに戻る
大津宿(塘町筋)千寿の楽しい歴史
大津宿(塘町筋)   10月29日   晴れ

a0137997_19553086.jpg


a0137997_1956792.jpgクリックすると拡大します。

塘町筋(とうまちすじ)

寛永の頃に熊本藩主細川忠利公により堀川(瀬田上井手)の開削工事が再開された際、工事の排土により築かれた川塘の上に建てられた町並みが塘町筋です。

ここは豊後街道に面しており、宿場形成のために一部白川筋の住民を移住させるなど、当時政策的に作られた町でした。

旅籠・商家などが軒を連ねて宿駅大津の中心地となりました。
堀川の北側に並ぶ光尊寺・年禰神社・大願寺は何れも新住民の定着を願って建立されたものです。

また、堀川には上流から
    地蔵橋(大林出分)   文政11(1828)年
    光尊寺橋         文化12(1815)年
    松古閑橋         安永8(1779)年 
    大願寺橋         江戸中期
    井手上橋(塔の迫橋)  文化14(1817)年
の5基の石造眼鏡橋があり、うち4基がこの町筋にあります。

さらに、西南戦争の弾痕の残る大願寺山門や芭蕉百年忌に建立された芭蕉の句碑など、往時を偲ばせる史跡が多く、ここは歴史の香りのする町並です。

     「鳶のいる花の賎やとよあかさむ  はせを翁」
               『芭蕉句碑』より  平成18年3月1日

              大津町教育委員会

上井手川筋

a0137997_2030257.jpga0137997_20303563.jpg


眼鏡橋 光尊寺橋(左)

a0137997_20315899.jpga0137997_2032754.jpg


昔を偲ばせる商家

a0137997_20343265.jpga0137997_20344488.jpg


東と西の地蔵尊

a0137997_2033545.jpga0137997_20331695.jpg

 

光尊寺(左)と大願寺(西)

a0137997_20361613.jpga0137997_20362616.jpg

by kusennjyu | 2010-10-30 20:37 | 豊後街道 | Comments(0) |Topに戻る
映画ロケ見学(千寿の楽しい日々)
映画ロケ見学    10月29日(金)午前8時集合   熊本市水前寺公園正門前  天気  曇り

水前寺公園内の風景

a0137997_22211841.jpga0137997_22212788.jpg


a0137997_2223168.jpga0137997_22402954.jpg


左~出水神社   右~長寿の水

a0137997_22243098.jpga0137997_2224393.jpg


袈裟紋の水磐

この石水磐は御祭神細川忠興公(三斎公)がいたく愛でて「袈裟」と命名庭砌(みぎり)に据えて日夕賞玩せられた貴重なものであります。

清冽な成趣園の湧水は阿蘇火山系の硬水から成り、量・質・味ともに最優秀水として評価を博しております。

               出水神社

私もおいしい水をいただきました。

映画撮影現場

a0137997_2237568.jpga0137997_2238815.jpg


a0137997_22481361.jpgクリックすると拡大します。

撮影現場は写真撮影が禁止されました。

場所は上の左写真の人が居る場所から右へ下り、右写真のたいこ橋に続いた散歩道で行われました。

この台本は、撮影が終わりプレゼントされたものです。

配役

浅見光彦  沢村一樹    浅見雪江  佐久間良子

撮影が終わり御二人を入れて記念撮影(集合写真)があり、後日、送付されてきます。

記念撮影が終わった後、御二人と握手しました。
by kusennjyu | 2010-10-29 22:40 | 芸術と文学・童話 | Comments(0) |Topに戻る
自然の驚く風景(千寿の楽しい日々)
自然の驚く風景   10月29日   午後

不動岩   熊本県山鹿市鹿本町

左~一本松公園から。    右~山の麓の道路から。

a0137997_21281673.jpga0137997_21283274.jpg


展望所登る途中の道から。  南面(顔)と東面(側面)    顔のように見えませんか?

a0137997_21312962.jpga0137997_21313927.jpg


左~展望所真下の道路から。   右~展望所から。

a0137997_21363551.jpga0137997_21364651.jpg


不動岩の名称は、平安時代に山伏達がこの山にこもり、不動明王を本尊として修行したことに由来。

ごらんのように3つの巨大な岩(前不動、中不動、後不動)と連なる。

最も大きい前不動では、高さ約80m、根回りが約100mに達する巨石です。

   現地案内板より

動画(石のかざぐるま)   熊本県山鹿市鹿本町  一本松公園




1.5トンの石のかざぐるまが まわって 驚きませんか。

今日は、真ん中の一本だけが回っていました。    バランスがちょうど良いのでしょう。

真ん中の石のかざぐるまの内容は下のようになっています。

高さ~5.5m   重さ~1.5トン   石の種類~赤みかげ石(スペイン産。  設立  平成6年3月

回転力~自然の風の力。   風速3m(ススキの穂が揺れる程度)で羽根が回ります。ただし、正面から吹いた場合。

動画(阿蘇外輪山のススキの波動)

          
by kusennjyu | 2010-10-29 21:39 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
水郷柳川(白秋通学路)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(白秋通学路)をゆく   10月26日

a0137997_1192927.jpg有明睦五郎の歌
ムツゴロウ、ムツゴロウ、なんじ     

佳き人の潟(ガタ)の畔(ホトリ)の

道をよぎる音、聴(ささや)きたるべし、かそけく

寂しく、その果てしなき  想ひの消ゆる音      

壇  一雄


掘割

a0137997_1125613.jpga0137997_11252839.jpg


白秋道路
a0137997_12153956.jpga0137997_12155568.jpg
右の地図をクリックしますと拡大します。

この白秋道路は、白秋が生家から中学伝習館(でんしゅうかん)に通学したというところから名付けられたものです。

生家から伝週館まで13曲がりの屈曲した道路が掘割沿いに走っていますが、そのうち鬼童(おにどう)橋から藤平門(とへもん)橋までを白秋道路と呼んでいます。

「男女14歳にして道を同じうせず」が実践されていた当時、伝習館生の通学路だったこの道は、柳川高女生にとって通学禁止路だったというエピソードも残っています。

この道路は、白秋の詩歌を生んだ路であり、現在も詩情豊かな遊歩道となっています。

掘割

a0137997_1229785.jpga0137997_12291817.jpg


左~島崎藤村作先生顕彰碑   右~蜘蛛手棚とボートでの清掃

a0137997_1231818.jpga0137997_12311993.jpg


前回の柳川方言の回答をしましょう。

今日の柳川方言はどーかい。~(回答)今日の柳川方言はどうですか。

1・いいなはんな~言わないほうがいいですよ。「いうこつきく(言う事聞く)~聞き分が良い。命令に良く従う。」

2・いかやんたんも~行かねばなりませんね。  3・いくばんも~行きますよ(あなた)。

4・いぐらえ(家蔵家)~瓦屋根の大きい家、家が蔵のような家の意。

5・いくらがつ(幾等がつ)~何円程・いか程の代価。 6・いけこつ(いけしこ)~多量に・たくさんに。   

7・いげざら~煮魚の骨出し皿。柳川では、煮魚には別に骨出し皿を用いる。「いげ~魚の骨・とげ」

8・いっそたくり(一緒たくり)~総合計で如何程の代価ですか。  9・いっそんこつ~ついでのことに。

10・いっちゃよ~いつでも良い。

今回も「むずかしかごたつ」ですね。~(回答)今回も難しいようですね。「ごたつ(如つ)~・・・のようなもの。

今日も柳川方言を出すけんがら、考えてみさい。

1・いっちょか  2・いっちょかるる  3・いっちょごーし  4・いっちょびら   5・いっちょん

6・いつもかつも  7・いとどる   8・いやこぎり   9・いりきる  10・いれぞめ

今回はやすかかんも?   
by kusennjyu | 2010-10-28 11:12 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
水郷柳川(日本の道百選2)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(日本の道百選2)をゆく    10月26日

川端の柳
a0137997_20331493.jpga0137997_20332316.jpg


a0137997_2034458.jpg田中吉政公之像

田中吉政は天文17(1548)年、近江国(滋賀県)に生まれました。

その後、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、天正18(1590)年、5万7千石余の岡崎城主となり、のちに加増され10万石の大名となりました。

慶長5(1600)年、関ヶ原の戦いでは東軍に組し、敵将石田三成を捕らえた功績により、筑後一円の国主となり、柳川城を居城としました。

田中吉政は、天守閣の築造など柳川城の整備や各支城の強化、筑後川・矢部川の治水事業、本土居の築堤をはじめとする干拓事業、道路の新設・整備などの土木事業に業績を残しました。

慶長14(1609)年2月18日、江戸参勤の途中、伏見で客死しました。享年62歳で、京都の黒谷に葬られたとされています。

左~三の丸戌亥門の弥兵衛門跡    右~白秋の詩碑

a0137997_20533166.jpga0137997_20534729.jpg


詩碑

水のべは柳しだるる橋いくつ   舟くぐらせて涼しもよ子ら

左~城西橋付近の掘割    右~城西橋

a0137997_20594496.jpga0137997_20595411.jpg


城西橋から御花まで25日に通った堀割の道を往復しました。

前回の柳川方言の回答をしましょう。

1・あば~(初)・おろしたての物。別の意味は~まだ入れる余地がある。「あばあばの服~だぶだぶの服」  2・あばかん~入りきれないほど多く。たくさん。  3・あぶのしなん~危険でたまらない。
4・あもよ~怖い物。  5・あらこ~漁船の船着場。   6・あるめーだんも~ないでしょう。
7・あど~踵(きびす)の後方。  8・あとえ(後追)~先に行く人の後から追いかけて行くこと。
9・あまーっこつ(甘ーっ事)~愚かな事。「あまたれ~甘えん坊」   10・あるしこ(在る量)~あるだけ全部。

どんぐっちょ出来召すか? まんのよか・(時にやって)・みさい。

これも回答しましょう。   都合や時間が良い時に・やって見なさい。

まん~めぐり合わせ・まわり合わせ。 まんがよか~運が良い。 

今日の柳川方言はどーかい。

1・いいなはんな   2・いかやんたんも    3・いくばんも   4・いぐらえ    5・いくらがつ

6・いけこつ   7・いげざら   8・いっそたくり   9・いっそんこつ  10・いっちゃよか

今回も「むずかしかごたつ」ですね。   
by kusennjyu | 2010-10-27 21:24 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
水郷柳川(日本の道百選)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(日本の道百選)をゆく  10月26日  晴れ

日吉神社に駐車して、神社の南側の掘割から出発する。

左~うなぎ供養碑   右~川下りコースにある売店
a0137997_20504499.jpga0137997_2051051.jpg


現在の柳川では年間50万匹以上の鰻が食べられるため、河畔に鰻の供養碑が建てられており、その碑に刻まれているのが九州の著名作家・劉寒吉直筆の次の歌だ。

「筑後路の旅を思えば水の里や柳川うなぎのことに恋しき」。

左~木村緑平句碑   右~長谷健文学碑

a0137997_20565284.jpga0137997_2057394.jpg


木村緑平句碑

柳川市西浜武生まれ。医者のかたわら、種田山頭火と親交が深く、共著も多く著しています。
- - - 石碑に書かれている詩 - - -  
[表面]  雀生まれてゐる花の下をはく  [裏面]  草の花ほんに月がよか

長谷健文学碑
長谷健は、明治37年柳川市下宮永町に生まれ、昭和5年上京する。

小学校の教員をしながら創作活動を続け、昭和14年の小説「あさくさの子供」で第9回芥川賞を受賞しました。

文学碑は豆腐好きの故人を偲んで四角な豆腐型の碑が昭和33年に建立されました。

碑面の題字は火野葦平の書で、碑裏面の撰文は劉寒吉によるものです。

日吉神社南側付近の風景

a0137997_8575981.jpga0137997_8581238.jpg


a0137997_8582781.jpga0137997_8583783.jpg


前回の柳川方言の回答をしましょう。

1・あいなけ~中間、真ん中。  2・あいやん~商家などに雇われている小娘。 3・あえる~落ちる。
4・あがしこ~あれだけの量。  5・あぐっちゃく~口を大きくあんぐりあける。
6・あすっさるく~方々を遊び回る。  7・あすんもん~おもちゃ、遊び道具。
8・あっぷか(天晴か)~美麗だ。「あっぷべんべん~きれいな着物。」
9・あとさん(跡主さん)~仏様。「跡主さんがいかい~幼い子を後ろ向きに背負うこと。」
  「跡主さん参(めー)り~仏様参り。」 10・あなんぼし(穴ん星)~小さい穴。

もう一問回答します。
どんぐっちょ出来召すか~どれくらい出来ますか。
ぐっちょ~競争・くらべること。走りぐっちょ~走りくらべ。うけぐっちょ~キャッチボール。
にらみぐっちょ。 食うとの早ぐっちょ。

今日の柳川方言もちょっと考えて見んね。

1・あば  2・あばかん  3・あぶのしなん  4・あもよ  5・あらこ  6・あるめーだんも
7・あど  8・あとえ    9・あまーっこつ   10・あるしこ

どんぐっちょ出来召すか? まんのよか・(時にやって)・みさい。 
by kusennjyu | 2010-10-26 20:57 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
蜘蛛手棚(柳川市)
蜘蛛手棚(柳川市)  10月25日撮影   雨

a0137997_7221096.jpg


蜘蛛手棚   むかし懐かしい風景です。むかしを思い出します。

子どもの頃は、川カニがたくさん取れました。近くの魚屋さんで売っていました。

母はだご 汁に川カニを入れて作ってくれていました。

家の前の川に、蜘蛛手棚を作り、網を夜から一晩浸けて、朝揚げるとカニなどたくさん入っていました。

子どもの頃は、川にうなぎの仕掛け、山に小鳥を取る仕掛け、めじろとりなど自然の中で遊びました。

子どもの頃は、川へガス灯を持って夜ぼりに行き、小魚を取ってきました。

父は魚の佃煮を作ってくれました。ふな焼き(小麦粉を薄くのばし焼いたもの)を作ってくれました。

子どもの頃は、農作業も手伝い、近くの人たちとも助け合って親しい付き合いでした。

この蜘蛛手棚を見て、むかしを思い出しました。
by kusennjyu | 2010-10-26 07:37 | 写真俳句 | Comments(0) |Topに戻る
水郷柳川(白秋道路)をゆく(千寿の楽しい歴史)
水郷柳川(白秋道路)をゆく  10月25日   雨

御花から北側へ流れる水路をたどり「藤平門橋」までゆく。

この川筋は、壇一雄文学碑・白秋道路・十時邸・藤村作顕彰碑・海老名弾正顕彰碑など見られます。

a0137997_16144289.jpg


a0137997_1621257.jpg蜘蛛手網

柳川地方古来の漁法で、珍しい風景を見る。

私たちが子どもの頃は、どこの川でも見られ、子どもの遊び場でした。

私の家の前に小さな川が流れ、蜘蛛手を作り、網がちょうど川巾と同じで、網を一晩、水につけて置きます。

大水の時は、川カニが下ってきて、網の中にたくさん入っているのを見て、はしゃぎだものです。

母は、川カニのだご汁を作ってくれました。昔なつかしいお袋の味がなくなりました。  

a0137997_16395317.jpga0137997_1640424.jpg


海老名弾正顕彰碑
a0137997_1641680.jpga0137997_1646058.jpg


海老名弾正は安政5(1856)年 9月18日、柳川市新外町に生まれました。

伝習館から熊本洋学校に進み、L・L・ジェーンズからキリスト教の感化を受け、「熊本バンド」の1人となる。

次いで京都の同志社英学校で新島襄(にいじま・じょう)の薫陶を受け、第一回生として卒業しました。

以後、群馬、熊本、神戸、東京などで牧師として伝道に従事します。

本郷教会では吉野作造や中島重らの俊才を育成しています。

大正9(1920)年、同志社総長に就任し、「同志社アカデミズム」をもたらした。

昭和12(1937)年5月22日、東京で亡くなりました。80歳の生涯でした。

のちに、遺骨の一部は、柳川市新外町(しんほかまち)の真勝寺(しんしょうじ)にも分骨されました。

「総長就任の辞」より。 写真をクリックし拡大して観賞して見て下さい。

私は人物が欲しい。これは私の苦闘であります。独り私の苦闘にあらずして日本の苦闘であります。

願ばくば、日本を世界に指導して行く所の人物を作り出したい。

ふるさと柳川にも同じ期待をかけていたはずです。
それは柳川の少年、少女への熱いメッセージであります。

a0137997_1719545.jpg白秋は「思ひ出」の序章に「童謡」と注記しています。

『この「思ひ出」こそは今日の私の童謡の本源を成したものだといひ得る』といっています。

わらべうたの姿を現代に生かす努力をしています。
「まちぼうけ」に歌われた少女の石像

柳川方言(あ行)に挑戦してみませんか。  答えは次回の「水郷柳川」編でします。

1・ あいなけ    2・ あいやん    3・ あえる     4・ あがしこ    5・ あぐっちゃく

6・ あすっさるく  7・ あすんもん   8・ あっぷか   9・あとさん     10・ あなんぼし

10問で「どんぐっちょ」出来召すか。    千寿
by kusennjyu | 2010-10-25 16:46 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る