千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2011山川町内の桜状況(平家一本桜開花状況)・千寿の楽しい歴史
みやま市山川町内の桜状況(平家一本桜開花状況)    

平成23年3月30日天気・快晴

二十日クラブメンバー6名で午前10時から午後3時30分まで山川町内を車2台で周り桜の大樹を調査しました。調査結果はまとめて書類にして活用する予定です。

根回りと幹回り(高さ1.3mの長さ)を計測し、写真に撮りました。

周った場所は立山では谷軒と有明広域葬祭場有峰苑南側の山頂公園を。

甲田では上伍位軒と青々(せいせい)と平家一本桜を調査しました。

平家一本桜

要川公園の南東、天保(てんぽこ)山の山頂にある一本桜です。国道443号線から見えます。

みやま市の状況では高さ18m、幹まわり2.5m、枝張り20mの大樹で、樹齢は約250年と推定されるとなっています。

a0137997_512329.jpga0137997_5124646.jpg


一本桜の全体写真です。南側から撮影の時に、傍に電柱が立っていますが、2m程西側か南側にあれば、写真がもっとはれて撮れると思いました。

開花は今年はいつまでも寒いから遅れてまだ咲いていません。

根まわり(2.8m)と幹まわり(2.8m)

a0137997_5131950.jpga0137997_5133122.jpg


写真のように根元から同じ大きさで上へ立ち上がっています。

みやま市の一本桜の幹まわり2.5mになっていますが、測定した結果は2.8mでした。   

左~南東のやぶの中に咲く桜・右~御牧山方向

a0137997_5154866.jpga0137997_516440.jpg


みやま市観光情報の中の「平家一本桜開花状況」にリンクします。


一本桜への登り口から約50m下った道路横の桜

a0137997_52364.jpga0137997_5231865.jpg


根まわり(3.0m)と幹まわり(4.0m)

a0137997_5275199.jpga0137997_528370.jpg


幹は2本に分かれ、幹まわりはそれぞれを測定して合計した数値です。1.7mと2.3mでした。

枝ぶり

a0137997_5302423.jpga0137997_5303693.jpg


開花状況

a0137997_5313239.jpga0137997_5314365.jpg


ここの桜は毎年、一本桜より開花が早く、3~4分咲きです。

一本桜の駐車場へ行く途中ですので、この桜の横を通り見て通過されます。

まだ沢山の桜が山奥の中に隠れたままであると思いますので、連絡を待っています。

次に紹介する青々の桜がみかん山の山頂にある桜です。地元の人だけが知る桜で、山頂に登ってその裏側に立つ桜がまた満開で見ごたえがありました。

次回に立山と甲田などの桜を2回で紹介します。

4月になれば、満開の桜を紹介しますので、楽しみにご期待下さい。

by kusennjyu | 2011-03-31 05:42 | みやまいいまち会 | Comments(0) |Topに戻る
2011若大将スプリングコンサート・千寿の楽しい歴史
若大将スプリングコンサート    

平成23年3月27日 午後1時30分開演

会場 まいピア高田大ホール

当日は「道の駅みやま」のオープンが正午からあり、私も1時間遅れて到着したので、高田中学校ブラスバンド部の演奏は終っていました。

中学生だけの演奏は5曲と合同演奏が2曲でした。聴けなかったことを、お詫びします。

k2バンドと高田中合同演奏の2曲目の「フーテナニー」から聴きました。まずは動画でどうぞ。



k2バンド部

a0137997_1853723.jpga0137997_185505.jpg


a0137997_1863312.jpga0137997_1864373.jpg


a0137997_18739.jpga0137997_1871396.jpg


k2バンド部プロフィール

ブリジストン吹奏楽団久留米のOBが4工場(久留米・鳥栖・甘木・佐賀)より集まり2001年に結成。

気持ちは若いのですが、10年経過して、60歳以上が5名と高齢化しているそうです。

高田中学校ブラスバンド部

現在2年生25名と1年生13名の計38名です。

これからも「聴いてくださる方の心に響くような演奏をする」を目標に、楽しく一生懸命練習を頑張ります。

そのためには、楽器もちゃんとしたものを使って欲しい、もっと遠征もして欲しいと支援箱を用意されていました。

動画(ムーンライトセレナーデ) k2バンド部 



動画(加山雄三メドレー)



3曲目   会いたかった   4曲目  ありがとう   5曲目   マイウェイ  6曲目  愛の誓い(Till)

このコンサートで募金にご協力をお願いしていました。

東北地方太平洋地震高田中学校ブラスバンド部の支援の2つです。

会場では暖房を我慢して、その分も含めて全部、義援金にあてるとの説明がありました。

被害者の方が一日も早く復興できるように祈りをこめて行われました。

主催は高田町商工会の若大将グループメンバーの19名です。

後援  みやま市・みやま市教育委員会・有明新報

by kusennjyu | 2011-03-28 18:02 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
「道の駅みやま」直売所正午オープン・千寿の楽しい歴史
「道の駅みやま」直売所正午オープン    3月27日(日)    天気・快晴

私は午前11時30分にバイクで行ったが、駐車場は満車だった。しかし、バイクは駐車できた。

午前11時45分頃から開店に伴い、市長・衆議院議員・県議員・市議会議長・駅長の挨拶がある。

入場するには並ばねば入られない。私も最後尾に並んだが、建物の裏側まで行って並ぶ。

駐車場満車

a0137997_18293434.jpga0137997_18301549.jpg


大型車12台・小型車149台・身障者用2台の計163台。身障者用が少ない。

バイパスの国道443号線も渋滞している。有富の信号が右折車線がない(工事予定中)。

入場するために並ぶ(正午前から午後1時まで並ぶ・混雑を防ぐために入場制限をしている。)

先着500名にエコバックプレゼントがあり、皆早く来て並んでいる。並んでいる人が言っていたが、2時間前から駐車場は満車だったとのこと。

また200個追加されたが、私達のはるか前で終了する。私達の後ろにも沢山並んでいるので、並んだ人だけで1500人以上はいたと思われる。

行列を見て、フードコートや外の出し物だけを見て帰った人も多かった。

a0137997_1941824.jpga0137997_1945225.jpg


a0137997_1953283.jpga0137997_1954324.jpg


店内の混雑

a0137997_1982663.jpga0137997_1983785.jpg


レージに並ぶ

a0137997_1993761.jpga0137997_1994864.jpg


レージの混雑

a0137997_1910513.jpga0137997_1911488.jpg


野菜(セロリーと筍)

a0137997_19122842.jpga0137997_19124021.jpg


果物(苺とミカン類)

a0137997_19144648.jpga0137997_19145855.jpg


がまだしもん(直売所出荷)

a0137997_19164173.jpga0137997_19165327.jpg


工芸品(さげもん)

a0137997_19175756.jpga0137997_1918976.jpg


イ草製品や玩具花火(80年間の歴史がある。)

情報提供休息施設

a0137997_19214041.jpga0137997_19215317.jpg


大型ディスプレイ・タッチパネル式情報端末が置いてある。

フードコート(3店舗)のパンと菓子

a0137997_19234360.jpga0137997_19235670.jpg


マグロの解体ショー(午後1時からで私が外に出て見た時は頭だけが残っていた。)

マゴロの販売にも列が出来ていた。

a0137997_19254479.jpga0137997_19255554.jpg


外の出し物

a0137997_19451793.jpga0137997_19452758.jpg


ご当地グルメフェア

みやまの「がまだしもん」が作った手作りグルメが大集合。だご汁や山菜ごはん・おはぎ・大福など懐かしいものから薬膳カレー・ホウレンソウ・人参・みかんパンや手作りコンニャクなどがでています。

一番づみ八女茶升盛り一杯(二合半) 期間限定1050円(3月中のみ)。

アクセス    
         九州自動車道みやま柳川ICより西へ5分。
         国道209号線みやま市役所南、金栗交差点を東へ5分。

営業時間   午前9時~午後6時

トイレ      
         24時間使用(年中)・身障者用多目的トイレ有。

施設概要   敷地面積  14、699平方メートル。

住所   福岡県みやま市瀬高町大江2328番地

TEL     
         0944-67-6477   FAX   0944-67-6478

       どうぞ気軽に寄って下さい。

3月28日  快晴   

午前中に行ったが、満車状態である。駅長に昨日の入場者を聞いたら1万人位との事だった。
by kusennjyu | 2011-03-27 19:56 | みやま市の産業 | Comments(0) |Topに戻る
コロンの朝の散歩・千寿の楽しい歴史
コロンの朝の散歩    3月27日(日) 午前8時~10時

朝方は冷え込み、寒い日が続いています。今日は久しぶりに2時間コースを回りました。

毎日、午前中と夕方に1時間コースを散歩するのが、私とコロンの日課です。

今日は、散歩中に九州新幹線の上下線で6本通りました。写真は防音塀があり、屋根しか見えません。

a0137997_10133643.jpga0137997_10135565.jpg


a0137997_1014244.jpga0137997_1014361.jpg


a0137997_10145756.jpga0137997_1015113.jpg


a0137997_10153318.jpga0137997_10154683.jpg


家に来てから2ケ月になり、生後3ケ月くらいです。大きさが2倍くらいになりました。

散歩の時は、田んぼや河川道路では放して自由にして歩きます。

私の前後を走り回り、時には雀を追って麦の中を走ります。足が強くなり、速くなりました。

私が止れば伏せをして待っています。妻が連れてる時も同じで、先には行きません。

帰ったら暑くなり上着を脱ぎました。これから、みやま市道の駅の開店に行きます。
by kusennjyu | 2011-03-27 10:26 | コロン(犬) | Comments(0) |Topに戻る
2011娘の久留米大学卒業式・千寿の楽しい歴史
久留米大学卒業式   

平成23年3月25日 曇り一時小雨・風が冷たく寒い。

会場前風景

a0137997_17191979.jpga0137997_1719293.jpg


式典前の会場

a0137997_17205615.jpga0137997_1721834.jpg


学位記授与と学長告辞

a0137997_1727556.jpga0137997_1728663.jpg


大学卒業式次第と看護科式次第

a0137997_17293285.jpga0137997_17294373.jpg


看護科学位記授与式

a0137997_173218.jpga0137997_17321170.jpg


看護科110人(女性103人・男性7人)  女性は1人がスーツで後は着物姿でした。

全員の記念写真撮影が半分づつでありました。

看護師と保健師の国家試験は今日の午後2時に発表があり友達も合格したと電話がありました。

午後4時から卒業祝賀会があり、ゆっくりと楽しめることでしょう。

西鉄柳川駅の雛飾りとさげもん

a0137997_17401989.jpga0137997_17403153.jpg



a0137997_7255484.jpg3月26日 西日本新聞より

午後からは晴れましたが風が冷たい。4月1日からは久留米大学病院の勤務です。

学生時代と違い、仕事をしだしたらきびしい生活が始ります。



a0137997_7274615.jpg



看護師と保健師の国家試験の合格率

看護師110人中109人(99%)昨年は100%でした。

保健師110人中105人(95%)昨年は97%でした。

合格率は日本一の大学です。

大坂の野田君からブログを見てお祝いの電話がありました。ありがとうございました。

by kusennjyu | 2011-03-25 17:41 | 表彰・お祝い | Comments(0) |Topに戻る
有馬記念館を見て来ました・千寿の楽しい歴史
有馬記念館を見て来ました。   3月23日午後    久留米城跡内

久留米市図書館へ行った後に有馬記念館に4人で寄りました。 入館料は一人200円です。

入館してビデオを見て有馬家の歴史などの知識を得てから展示品を見ました。

有馬家ゆかりの品々

a0137997_21534619.jpg


歴代藩主

a0137997_21562441.jpg初代豊氏  

7代 頼徸(よりゆき)   和算の大家

大川若津港を開く。

9代 頼徳(よりのり)  江戸藩邸に水天宮を祀る。

11代 頼咸(よりしげ)  最後の藩主。有馬小学校の設立に支援。

14代 頼寧(よりやす) 日本中央競馬会理事長として中山グランプリ(現有馬記念)を創設。

15代 頼義(よりちか) 第31回直木賞を受賞。


久留米城跡

a0137997_22134531.jpg


貴重な地図をデジカメで撮らしてもらい収穫でした。

久留米城跡は見ないで帰りました。


   
by kusennjyu | 2011-03-24 22:18 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
肥後街道(榎津・小保~柳川)・千寿の楽しい歴史
肥後街道(榎津・小保~柳川)    3月12日

榎津の札の辻(大川市榎津)   久留米藩領

慶長6(1601)年、筑後国主田中吉政は、重臣(寄合衆)の榎津加賀右衛門(3250石)を榎津城の城代としました。元和元(1615)年の「一国一城令」で榎津城は廃城。

元和6(1620)年、有馬豊氏が久留米藩に入封すると、筑後国水運の拠点および肥前と筑後の国境、久留米と柳川との藩境の要所として久留米藩領の榎津町には榎津番所・遠見所、さらに札の辻・高札場が置かれました。

榎津町は、筑後川河畔にあり、若津港とともに久留米藩や天領日田の米を長崎や大坂へ回送する港として町場を形成し、早くから造船が盛んでした。

宝永3(1706)年には町数16町36間(1.8km)、竈数462、人数2141人、馬25匹、船数220艘。

嘉永7(1854)年は船大工10人、大工41人、桶師9人で、榎津町の特に庄分で木造船が盛んに造られました。

庄分の船倉には二見屋・五島屋・肥後屋・薩摩屋・岩田屋など約10軒の造船家がいました。

船大工の技術は、大川の指物に生かされて行きました。当町には別当が置かれ、浦役・船役も課せられていました。

藩境の石列(大川市小保)

a0137997_422167.jpga0137997_4221461.jpg


この石列は、藩境石と言い伝えられています。江戸時代の小保地区は、久留米藩と柳川藩の藩境に位置し、宿場や港町として栄えていました。現在も当時を偲ばせる建物が残っています。

平成2年11月にこの石列の発掘調査を実施しました。
現在、石列は28本残っていますが、調査の結果、本来は29本であったことがわかりました。

石柱は、石質や大きさが異なっていますが、同じ間隔で、2箇所に穴があけられています。
この穴には横木が通されていたと思われます。

石列が作られた年代は、はっきりとしませんが文化8(1812)年測量のため、この地に立ち寄った伊能忠敬の測量日記に「右八幡宮・左側久留米柳川境石」と書いてあります。

この他、宝暦9(1759)年の「小保町絵図」の中に描かれており、18世紀中頃には石列があったことがわかります。

      大川市教育委員会

小保宿(大川市小保)

立花柳川藩領の小保町では、柳川城下札の辻から1里23間(約6km)で、人馬継所(馬10匹)がありました。

小保町には、海へ出入する船を改める小保番所が設けられ、大潮の時は300石船が出入できました。

また肥前国への渡場として筑後川河口域に小保津口番所がありました。肥前寺井村(現佐賀市諸富町大字寺井津)まで15町20間(約1.7km)、大潮の時には100石船が出来ましたが、干潮時には干潟に船を置きました。また、遠見番所も置かれました。

江戸時代後期の家数は150軒、人数1012人でした。

吉原家住宅(大川市小保)

玄関

a0137997_456684.jpga0137997_4561958.jpg


廊下

a0137997_4571539.jpga0137997_4572995.jpg


御成門と家紋入り鬼瓦

a0137997_4585424.jpga0137997_459622.jpg


吉原家雛飾り

a0137997_50771.jpga0137997_501968.jpg


a0137997_5106.jpga0137997_511469.jpg


浄福寺と山門の石柱

a0137997_592179.jpga0137997_51024100.jpg


浄福寺の山門

寺の正門を山門という。ここ浄福寺の山号を地名をとって小保山といい、境内に略縁起を刻んだ石碑が建っている。

それによれば、天正年間(1573~)の頃までは、津村城主津村秀門の祈願寺・天台宗小保山受信寺と称していたが、二世了世のとき本願寺に帰属して小保山浄福寺と改称された。

浄福寺はお城の北の寺といわれ、この寺の山門は明治5年柳川城の天守閣が消失した後、城の辻御門を移したものと伝えられている。

30年程前に修理され、この時、棟を7寸(約20cm)高くし天保の鯱もその時に造り替えられた。

山門には、すべて仏寺特有の彫刻が飾りつけてあるが、ここ浄福寺の山門には飾りはいっさい施されてなく、城門の風格を残している。

           大川市教育委員会

浄福寺山門の石柱

浄福寺山門入口に2基の石柱が立っています。

1基は「第八次伊能忠敬測量隊御宿跡 文化9(1812)年10月12日」です。

この日、測量隊のうち、伊能忠敬は、小保町別当吉原正右衛門宅(旧吉原家住宅)に止宿し、別手組坂部貞兵衛らが浄福寺に宿泊しています。

もう1基は、「浄福寺 諸国巡検使御目付御本陣跡 天保9(1838)年6月20日」です。

天保9年、柳川藩は、幕府巡検使の領内巡検にあたり、正使の本陣を吉原亀三郎宅(旧吉原家住宅)、副使の脇本陣を吉原茂蔵宅(吉原義朗宅)、御目付本陣を浄福寺に当てるように準備しました。

しかし、巡検使一行は6月18日に佐賀の蓮池町に止宿し、6月19日は寺井村に止宿(副使大久保勘三郎は、寺井村小林屋市兵衛宅に宿泊)しました。

そのため、6月20日10時に出立した一行は、筑後川を船で渡り、小保町波止場に上陸し、小保町で小休後、肥後街道筋の津村・幡保村・兼木村・田口村・枝光村などを巡検し、この日は柳川城下に止宿しています。
副使大久保勘三郎の宿所は大濱屋半兵衛宅でした。(「巡検使西國紀行」「西海道日記」)。

井手橋(出橋)御門と駅所(人馬継所)  柳川市

井手橋(出橋)は、柳川城下から沖端川を渡り、外町(ほかまち)に出るために架けられた橋です。

城の防衛のため見通しが効かないように、また、直線的に攻められないように、現在の橋よりもやや西寄りの、通りからずれた位置に架けられていました。

井手橋の町側には、「出橋御門」が設けられ、人や者の出入りを管理する番所が置かれました。「出橋御門」があったところに、現在、「井手の橋御門址」(昭和37年8月 柳川郷土史会)と刻まれた石柱が立っています。

御門の近くには、「勢溜まり(せいだまり)という、かなり広い空地がありました。軍勢が集まり控えている広場で、「武者溜(むしゃだまり)」ともいわれてました。

伊能忠敬の『測量日記』文化9(1812)年10月12日の条に、「此所(井手橋)駅所問屋場」とあります。

井手橋のところに「駅所」(人馬継所・馬問屋・会所)があったのです。

寛政3(1791)年2月改「町小路絵図」(柳川古文書館収蔵)には、沖端川に架かる出橋を出橋御門の方(町方)から渡り、右折した右側に「馬立(うまたて)」が描かれています。

柳川城下札の辻

柳川城の北東に「辻御門」があり、その外に藩領内の交通網の基点となる「札の辻」(柳川市辻町)がありました。

「柳川瀬高往還」をバスで通り、上庄宿・追分の道標などを半田隆夫先生が説明しました。
三橋公民館に到着後に解散しました。

この中の文章は今回の研修資料から抜粋してます。
by kusennjyu | 2011-03-24 05:01 | 肥後街道 | Comments(0) |Topに戻る
2011肥後街道(久留米~城島~小保~柳川)・千寿の楽しい歴史
肥後街道(久留米~城島~小保~柳川)1    

平成23年3月12日午後1時30分~5時30分

半田隆夫先生の「やながわ歴史文化講座」で三橋公民館前を50人(バス2台)で出発する。

バスの中から「細工町の道標」→「辻の札の道標」→「出橋・外(ほか)町橋」から田中道(久留米柳川往還)を行く。

小犬塚の一里石」→「城島城跡(城島小学校・城島天満宮)」を見る。

バスの中で半田先生が説明を行う。

肥後街道(肥後道)は、久留米城と柳川城(と三池陣屋)、そして熊本城を結ぶ街道です。

久留米城と柳川城を結ぶ道筋は、次のようなコースになっています。

久留米城下(札の辻)--原古賀宿ーー津福町ーー安武町ーー上野宿ーー高三瀦村ーー城島町ーー六丁原村ーー江上本村ーー北酒見村ーー榎津町ーー小保宿ーー幡保村ーー枝光村ーー柳川(出橋)--柳川城下(札の辻)

この「肥後道」のうち緑色のところが宿駅(人馬継所)です。

そして、上野宿(久留米市大善寺)に札馬3疋、小保宿に札馬10疋、柳川城下に札馬53疋が常置されていました。

a0137997_1042090.jpg



このように、久留米城下と柳川城下間のコースは、そのルート(路程)が一定していましたが、柳川城下と熊本城下間のルートは、時代と要件によって3つのコースがありました。

1.江戸初期~元禄11(1698)年

柳川城下(札の辻)--柳川(瀬高御門)--徳益出店ーー四十丁出店ーー塩塚出店ーー鷹尾茶屋ーー中島町ーー江浦町ーー渡瀬宿ーー三池新町ーー三池縮ーー檪野村ーー南関宿ーー<薩摩街道>ーー熊本城下(札の辻)

2.元禄11(1698)年以降

柳川藩の3代藩主立花鑑虎(あきとら)の隠居後、元禄11(1698)年、本郷に離宮が造営されると、柳川城下と瀬高上庄を結ぶ「柳川瀬高往還」が新設されました。

柳川(瀬高御門)--下百町ーー蒲船津ーー正行ーー三橋ーー御仁橋ーー五拾町ーー瀬高上庄宿ーー<薩摩街道>ーー熊本城下(札の辻)

3.元禄初期、味取(みとり)新町(植木町)に御茶屋(本陣)が設置され、宿駅として発展していくと、肥後街道は、三池往還をそのコースに採り入れるようになっています。

柳川(瀬高御門)--<三池街道>ーー三池宿ーー檪野村ーー岩本口番所ーー府本村ーー野原村ーー築地村ーー高瀬宿ーー稲佐村ーー木葉村ーー植木宿ーー<薩摩街道>--熊本城下(札の辻)

城島城跡

a0137997_11513412.jpga0137997_11514766.jpg


この城は筑後川左岸の自然堤防上に、西牟田家周(いえちか)が天正11(1583)年に初めて築いた平城です。

城島天満宮の鳥居と本殿

a0137997_11582035.jpga0137997_12173374.jpg


半田隆夫先生の説明

a0137997_1159349.jpga0137997_11594719.jpg


六町原村一里塚跡(久留米市城島町六町原)

a0137997_1215647.jpg久留米城下を発し、上野宿(現久留米市大善寺町)付近で、柳川往還(田中道)と分岐し、柳川城下を経て熊本城下へと至る「肥後往還」沿いに設置された一里塚の跡です。

高三瀦から六町原までの距離が40町8間(約4.4km)、六町原から江本本村が4052間(約7.3km)ありました。


続きは大川市の小保宿です。

by kusennjyu | 2011-03-21 12:12 | 肥後街道 | Comments(0) |Topに戻る
篠栗八十八カ所めぐり10・千寿の楽しい歴史
篠栗八十八カ所めぐり10    3月10日

39番(延命寺)→

a0137997_16331578.jpga0137997_16333419.jpg


a0137997_16344719.jpga0137997_1635312.jpg


a0137997_16352797.jpga0137997_16354296.jpg


19番(篠栗地蔵堂)→18番(篠栗恩山寺)→

a0137997_16374653.jpga0137997_16375987.jpg


62番(編照院)→

a0137997_1639296.jpga0137997_16394297.jpg


a0137997_16402238.jpga0137997_16403617.jpg


84番(中町屋島寺)→28番(篠栗公園大日堂)→

a0137997_16425316.jpga0137997_1643688.jpg


28番  ここはお花がきれいなところです。 

a0137997_164429.jpga0137997_16441695.jpg


ここでコンニャクを買う人が沢山いました。お接待にいつも芋を薄く切ったのをもらいますが、今日は焼いてなかったので、冷蔵庫から出して冷たいまま食べました。冷たいのも美味しいですよ。

帰りにはヤクルトを各自一本づつもらいました。バスの中はお土産で一杯です。

54番(中町延命寺)→

a0137997_1650094.jpga0137997_16502971.jpg


51番(下町薬師堂)→79番(補陀洛寺)→

a0137997_16531340.jpga0137997_16532757.jpg


79番が最後で、全員で般若心経を唱えました。

田中屋さんでは、行きに杖を借り、ここでも最後のお土産を買い、高速道路を通り帰りました。

帰って夕食を一緒にします。

a0137997_16565652.jpga0137997_16571037.jpg


皆さん、お疲れ様でした。  合唱。
by kusennjyu | 2011-03-20 16:58 | 四国・篠栗八十八カ所めぐり | Comments(0) |Topに戻る
篠栗八十八カ所めぐり9・千寿の楽しい歴史
篠栗八十八カ所めぐり9    3月10日

53番(桐ノ木谷阿弥陀堂)→2番(松ケ瀬阿弥陀堂→

a0137997_3324378.jpga0137997_3325656.jpg


74番(城戸薬師堂)と薬師茶屋(お土産に煎餅を買う所)

a0137997_335543.jpga0137997_336102.jpg


a0137997_3363464.jpga0137997_336492.jpg


左は煎餅屋のおばちゃんと右は私達の仲間で店の臨時手伝いをしているところです。

71番(城戸千手観音堂)→72番(田ノ浦拝師堂)→

a0137997_341729.jpga0137997_3422156.jpg


17番(山手薬師堂)→

a0137997_3434944.jpga0137997_344225.jpg


42番(中ノ河内仏木寺)→

a0137997_3453852.jpga0137997_3455617.jpg


ここだけはコースから外れ、往復歩きます。一番長く歩くところです。

24番(中ノ河内虚空蔵堂)→

a0137997_351134.jpga0137997_351164.jpg


14番(二ノ滝寺)→

a0137997_3544217.jpga0137997_3545817.jpg


48番(中ノ河内観音堂)→20番(中ノ河内地蔵堂)→

a0137997_3573010.jpga0137997_3574419.jpg


67番(山王薬師堂)→77番(山王薬師堂)→

a0137997_411483.jpga0137997_424229.jpg


2つとも同じ名前が付いて薬師如来をお祀りしています。ここから平地に下りて最後のお参りのコースになり、あとは8ケ寺です。    

次回に続きます。
by kusennjyu | 2011-03-20 04:07 | 四国・篠栗八十八カ所めぐり | Comments(0) |Topに戻る