千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
雛の里・八女ぼんぼりまつり・千寿の楽しい歴史
雛の里・八女ぼんぼりまつり  2月26日撮影

a0137997_11413833.jpg



雛人形のふるさと八女  人形たちは福島白壁の町並みに

江戸、明治、大正、昭和の時代を  生き続けてきました。

横町町家交流館

a0137997_11452215.jpga0137997_11453639.jpg


a0137997_11461154.jpga0137997_11462375.jpg


箱びな

a0137997_11465461.jpga0137997_1147916.jpg


a0137997_1148210.jpga0137997_11481398.jpg


福島の家並みと雛人形

a0137997_1149054.jpga0137997_1155862.jpg


a0137997_12163332.jpga0137997_12164678.jpg


旧木下家庭と山本健吉・石橋秀野句碑

a0137997_12192686.jpga0137997_1219391.jpg


句碑 こぶし咲く昨日の今日となりしかな   山本健吉

句碑  蝉時雨児は擔送車に追いつけず    石橋秀野

初代木下市右門は、元禄5(1692)年没とあり、木下和夫氏は13代となる。

木下家は屋号を『堺屋』と称し、代々酒造業で栄えていた。

離れを建設したのは棟札により、11代木下治郎氏と判明している。貴賓客の応接や宿泊にあてられた。

木下家には明治の軍人・乃木希典大将も訪れている。

八女伝統工芸館の雛飾り

a0137997_1221521.jpga0137997_12212057.jpg


福島のまちづくり

福島町は正保3(1646)年にはすでに古文献に名が出ており、町づくりがされていたらしい。

貞享5(1688)年の記録によれば福島町の人数1855・軒数314とある。

この頃には久留米藩の下番所が置かれ、2・6・9日の市が開かれており八女地方の農産物や特産品などが売買され賑わっていた。

福島町には酒造りも盛んであり、天保7(1836)年の記録によると酒造業が17軒あったことが知られる。

紺屋町から矢原町通りに「蛭子屋、肥後屋、麹屋、橋口屋、大津屋、山形屋、油屋、三木屋、鶴屋・・・・・」の屋号をもった酒造りの家が建ち並んでいた。

明治時代以降、福島町は八女地方の政治・文化の中心として栄えていた。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「地域特産の着物を身にに着けて議会を開く&梅盆栽」

「3月定例市議会一般質問内容など」

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「梅は見ごろ②梅花園」

「梅は見ごろ①青輝園」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-29 12:29 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
十二単衣と束帯姿の結婚式とお披露目パレード
十二単衣と束帯姿の結婚式とお披露目パレード   2月26日(日) 八女市福島八幡宮

神前結婚式を終えて記念写真  

a0137997_1935726.jpg



a0137997_19361867.jpg



お披露目パレード(福島神社~白壁の町並みを行く)

a0137997_19375928.jpga0137997_1938121.jpg


a0137997_19393730.jpga0137997_19394817.jpg


a0137997_1940926.jpg



人力車の車夫さん

a0137997_1941125.jpga0137997_19411376.jpg


花嫁の後ろにおひな様が続いてパレード  園児の親で賑わう。

a0137997_19425567.jpga0137997_1943828.jpg


a0137997_1945452.jpga0137997_19451996.jpg


次は雛人形のふるさと八女を紹介します。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「3月定例市議会一般質問内容など」

「みやまの今週の出来事など」

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「梅は見ごろ①青輝園」

「きじ車宮本氏、伝統的工芸品産業大賞部門賞受賞!」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-28 19:47 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
みやまで博多の歴女が語る”夢の叶え方、絆の紡ぎ方”
みやまで博多の歴女が語る”夢の叶え方、絆の紡ぎ方”    2月22日   瀬高公民館

全国で歴史講座を行う白駒妃登美さんを講師に迎え、子どもたちに伝えたいことを学ぶ。

22日は「歴史から紐解く、日本人のDNAにあった夢の叶え方」がテーマ。

a0137997_19244636.jpg



白駒さんは幼少のころから伝記や歴史の本を読み、「福沢諭吉が大好きだから」と慶応義塾女子高校へ入学する。慶応義塾大学卒業後、大手航空会社の客室乗務員を経験し、現在は福岡を拠点に結婚コンサルタントとしている。

講演前に了解を得て撮った写真です。

a0137997_19393280.jpg



問題にぶつかると「こんな時、福沢諭吉ならどう考えるだろう」・「豊臣秀吉なら、西郷隆盛なら」と時空を超えた先人たちに思いを馳せるようになり、教科書に出てくる歴史上の人物が、血の通った一人の人間として目の前に現われ、導いてくれるように感じたと述べられています。

こぴらいたーの「ひすいこたろう」さんとの出会いがきっかけで、ブログに日本史のエピソードを綴り始めています。やがて、それが1冊の本になりました。

a0137997_19381255.jpg



人生が楽しくなる日本史です。   裏カバーより。

やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。

どんな状況からでも、そこに花を咲かせる力が、”僕ら日本人には流れているのです。

いまこそ、日本人の先人たちの感動的なスプリット(精神を知ってほしい。

思い出してほしい。そんな願いでこの本をつくらせてもらいました。

                               ひすい  こたろう

以前は、歴史上の人物の中に、好きな人もいれば、嫌いな人もいました。でも、今は、みんな愛(いと)おしいんです。愛おしく思えるようになったら、さらに日本が好きになり、日本人であることの誇りが大きくなりました。

歴史を学ぶって、本当に素敵なことです。そんなことが少しでも伝わればと思い筆をとえらせてもらいました。

                                白駒 妃登美

講演を聴いて、歴史上の人物の知識が豊富であるだけでなく、その人物になりきっていて、何度も涙が出て止りませんでした。

北里柴三郎が日本に帰り研究所を建てる時に、福沢諭吉に助けてもらう。

北里柴三郎は後に福沢諭吉が創立した慶応義塾の、新設の医学部に教授陣を惜しげもなく送りこみます。

恩が次から次へと送られます。感謝と報恩の気持ちが日本人のDNAの中にあるのです。

誰かの感想だそうですが、このような歴史の先生に会っていれば、歴史が好きになっていたのにと。
そのとおりだと、感じさせられる話し方でした。

次回は3月21日で、題は「先人に学ぶ、絆の紡ぎ方」で、「立花宗茂」を題材に話すと言われました。

聴講者の中から「無双の花」葉室麟著が紹介されました。

関ケ原合戦から柳川に戻った慶長5年(1600)10月、立花宗茂が率いる軍勢から書かれている。

豊臣秀吉が九州に進攻してきたときに立花宗茂は秀吉から「西国無双」と賞せられる。

立花宗茂の人生観がよく判る本である。今、加藤家を出て、京都へ行くところを読んでいます。

白駒妃登美さんは、どのように絆の紡ぎ方を話されるか楽しみにしています。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週の出来事など」

「西原市長定例記者会見&人生悩んだら「日本史」に聞こう」  白駒妃登美さんが講師です。

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「きじ車宮本氏、伝統的工芸品産業大賞部門賞受賞!」

「第5回みやま市芸能文化フェスタ」   2月26日    瀬高公民館にて

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-27 20:37 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
大牟田イオンへ買物について行く・千寿の楽しい歴史
大牟田イオンへ買物について行く   2月24日   親子3人とコロン

荒尾に行く途中に大牟田イオンでコロンのお菓子などを買物しました。

南側駐車場の東側草の中の散歩

a0137997_13122359.jpg



a0137997_1313484.jpg



建物入口前で待つ

a0137997_13143388.jpg



a0137997_1314558.jpg



a0137997_1315133.jpg



みんながジロジロ見ていたよ。有明沿岸道路を今年完成した三池港までを経由して荒尾へ行く。










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週の出来事など」

「西原市長定例記者会見&人生悩んだら「日本史」に聞こう」  白駒妃登美さんが講師です。

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「きじ車宮本氏、伝統的工芸品産業大賞部門賞受賞!」

「第5回みやま市芸能文化フェスタ」   2月26日    瀬高公民館にて

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-27 13:17 | コロン(犬) | Comments(0) |Topに戻る
海津阿蘇神社御田植祭・千寿の楽しい歴史
海津阿蘇神社御田植祭   2月19日(日)

所在  高田町大字海津1642 阿蘇神社    無形民族文化財

延元2年(1337)阿蘇小二郎惟澄(これずみ)は、古川地区木の下郷に阿蘇神社の分霊を宮地より奉祀(ほうし)した。 その後、元和8年(1622)、海津北阿蘇田の現在地に移転し、南北海津の氏神として奉祀する。
以後、再建や改築等を重ね現在に至っている。

この阿蘇神社には、創建の昔から伝えられている。熊本阿蘇神社直伝(じきでん)の御田植祭の神事がある。
この御田植祭は、神田の田植えを奉仕するに当たって、初春からの心構えに始まり、耕地、種まき、苗つくり、早乙女(さおとめ)の御田植から秋の五穀豊穣を「めでたし、めでたし」と喜ぶ様を表すものである。
この神事は、現在でも毎年旧2月の初丑の日に行われている。今年は2月19日です。

田植祭の始まり

a0137997_185228100.jpga0137997_18524355.jpg


a0137997_1913220.jpga0137997_1914474.jpg


a0137997_192788.jpga0137997_1921938.jpg


a0137997_192411.jpga0137997_193194.jpg


a0137997_1932430.jpga0137997_193364.jpg


a0137997_1941052.jpga0137997_1942394.jpg


a0137997_1944088.jpga0137997_1945333.jpg


神主と演者(田打ち男・馬草刈り・畦(あぜ)塗り・早乙女)の掛け合いの歌に特徴があります。

神田の田植えを奉仕するに当たって、初春から心構えに始まり、耕地、種まき、苗つくり、早乙女の御田植から秋の五穀豊穣を喜ぶ様を表しています。

最後に神主と早乙女で「やーらやら、目出度やな。めでたき御田植えに、千町や萬町の御田を植えて、君も豊かに国土安堵、君も豊かに国土安堵、治まる御代こそめでたけれ。」で終わります。

動画2本   動画で確認あれ。












みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週の出来事など」

「西原市長定例記者会見&人生悩んだら「日本史」に聞こう」  白駒妃登美さんが講師です。

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「第5回みやま市芸能文化フェスタ」   2月26日    瀬高公民館にて

『「ちくごの手仕事」という本の発行』  みやま市の和ろうそく・線香花火が載せられています。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-26 19:08 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
海津阿蘇神社御田植祭の行列・千寿の楽しい歴史
海津阿蘇神社御田植祭の行列    2月19日(日)午後1時から

今年の座元は海津散田に当り、約1kmを行列して阿蘇神社へ向かう。

a0137997_19302674.jpga0137997_19303837.jpg


a0137997_1931732.jpga0137997_1931184.jpg


a0137997_19313995.jpga0137997_19315746.jpg


a0137997_19321855.jpga0137997_19323128.jpg


a0137997_19325445.jpga0137997_19331082.jpg


a0137997_19333977.jpga0137997_19335549.jpg


a0137997_19341797.jpga0137997_19343048.jpg


動画(行列)



阿蘇神社に到着

a0137997_19375070.jpga0137997_1938793.jpg


a0137997_19385866.jpga0137997_19391123.jpg


a0137997_19393223.jpga0137997_19394562.jpg


a0137997_1940728.jpga0137997_19402227.jpg


次は田植祭に続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週の出来事など」

「西原市長定例記者会見&人生悩んだら「日本史」に聞こう」  白駒妃登美さんが講師です。

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 『「ちくごの手仕事」という本の発行』  みやま市の和ろうそく・線香花火が載せられています。

「菊美人酒造酒蔵開き」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-25 19:40 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
海津阿蘇神社御田植祭の行列・千寿の楽しい歴史
海津阿蘇神社御田植祭の行列    2月19日(日)午後1時から

今年の座元は海津散田に当り、約1kmを行列して阿蘇神社へ向かう。

a0137997_19302674.jpga0137997_19303837.jpg


a0137997_1931732.jpga0137997_1931184.jpg


a0137997_19313995.jpga0137997_19315746.jpg


a0137997_19321855.jpga0137997_19323128.jpg


a0137997_19325445.jpga0137997_19331082.jpg


a0137997_19333977.jpga0137997_19335549.jpg


a0137997_19341797.jpga0137997_19343048.jpg


動画(行列)



阿蘇神社に到着

a0137997_19375070.jpga0137997_1938793.jpg


a0137997_19385866.jpga0137997_19391123.jpg


a0137997_19393223.jpga0137997_19394562.jpg


a0137997_1940728.jpga0137997_19402227.jpg


無形民族文化財  海津御田植祭   所在  みやま市 高田町大字海津1642 阿蘇神社 
延元2年(1337)阿蘇小二郎惟澄(これずみ)は、古川地区木の下郷に阿蘇神社の分霊を宮地より奉祀(ほうし)した。
その後、元和8年(1622)海津北阿蘇田の現在地に移転し、南北海津の氏神として奉祀する。
以後、再建や改築等を重ね現在に至っている。

この阿蘇神社には、創建の昔から伝えられている。熊本阿蘇神社直伝(じきでん)の御田植祭の神事がある。
この御田植祭は、神田の田植えを奉仕するに当たって、初春からの心構えに始まり、耕地、種まき、苗つくり、早乙女(さおとめ)の御田植から秋の五穀豊穣を「めでたし、めでたし」と喜ぶ様を表すものである。

この神事は、現在でも毎年旧2月の初丑の日に行われている。

                    高田町の民話・伝説より











 
by kusennjyu | 2012-02-25 19:40 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
2012はな丸・大吉のなんしょうと?・みやま市を訪ねて・千寿の楽しい歴史
はな丸・大吉のなんしょうと?・みやま市を訪ねて     2月24日放送(テレビからの写真です)

みやま市紹介

a0137997_9273673.jpga0137997_9274837.jpg


玉水酒造を訪ねて   高田町舞鶴  山下酒造

a0137997_9292330.jpga0137997_9293694.jpg


3月11日(日)、蔵開きがあります。 皆さん、おいでめせ。まっとるばんも。

5代目   山下茂さん

a0137997_932356.jpga0137997_932471.jpg


酒の紹介

a0137997_9341795.jpga0137997_9342876.jpg


a0137997_9352423.jpga0137997_9353415.jpg


酒蔵の紹介

a0137997_9364956.jpga0137997_937276.jpg


a0137997_9374774.jpga0137997_938355.jpg


九州平家伝説の里の紹介(山川町・高田町)

要川

a0137997_9394049.jpga0137997_9412492.jpg


坂梨さん(母と従兄弟です)の説明   祖母の実家(高田町亀谷の平地区)で現在は高田町原に在住。

a0137997_944328.jpga0137997_9444516.jpg


a0137997_9455061.jpga0137997_946321.jpg


a0137997_9465866.jpga0137997_947144.jpg


a0137997_9481942.jpga0137997_9483226.jpg


a0137997_9485630.jpga0137997_949814.jpg


毎年4月に現人神の祭りが行われますが、祖母の実家が世話しています。


民話と伝説    平(でーら)の現人(あらびと)神様
 
源平最後の決戦場、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の一部は九州へと落ち延びたが、勝ちに乗じた源氏の追撃は厳しく、怒涛の如く追う手をゆるめなかったる 築紫から筑後へとのがれた平家は、山門清水寺の僧兵をはじめ郷土の援助に暫く力を得て飯江(はえ)障子 ケ岳の麓、要川(かなめがわ)一帯に布陣して物見塚(山川町)に兵を置き最後の一戦を交えんと待機した。

 雲霞の如く打ち寄せる源氏の大軍の前には勝つ術もなく、たちまちにして戦列は乱れ、川原は屍でうまり、流れはみるみる血に染まっていった。 刀折れ、矢尽きて、最早これまでとある者は腹を切って果て、ある者は山奥へ、川下へと命からがらに落ち延びていった。
 
 そのなかで、障子 ケ岳の森深い谷に身をひそめた平家の一族は、相続く敗戦で離ればなれになった肉親や一族の安否を按じながらも、追手の厳しさに身じろぎすらままならず、昼間は森にひそみ、暗くなるのを待って食べ物を探しに山を下りる有様で、里人に会うことも避け、不安な毎日を過ごした。

かくして数年が過ぎ、ようやく追手の姿が薄らいだ頃になって、次第に里人とも言葉をかわすようになった。しかし、平家と名乗って密告されるのではないかという不安は消えることはなかった。

見知らぬ人じゃが、あんたは何ちいいなはるか?

 「わたしは坂無といいます。上方から来たもので何もわかりません。よろしくお願いします。」顔立ちといい、挨拶のしぐさといい気品のただよう姿は、誰がみても育
ちのよさはかくせなかった。

 「坂無」という意味は、坂がなくて平(ひら)たいということで、大へん頓智のきいた返事をしたものである。後日になって、坂無よりも坂梨という文字を使うようになったらしい。

 おいおいと里の生活になじんだ頃になって、小さな石の堂を建てて、病死した者をはじめ、要川合戦で戦死した者、壇ノ浦で入水した平家一門の霊を慰め冥福を祈った。

 今日、亀谷地区に「平(でーら)」という集落があり、20戸のうち18戸が坂梨姓を名乗っていて、毎年4月16日を定めて家族揃って石堂に参り、法要が営まれている。

 今在る「現人神(あらびちがみ)」は、大正7年(1918)頃までは、これより東約百米余り下った場所にあった。又、石堂裏の三基の墓石は、あちこちに散在していた墓石を、ここに移したのである。


 この「現人神」の記録については、明治初年頃に流行した廃仏毀釈の運動の際に、総ての記録を焼き捨てたので、一片の記録も残されていない。ただ人々の口伝えとして伝わる他にはその証しはない。

 又、次のような話も残っている。

 要川の合戦に敗れて、待居(まちい)川(要川の別名、源氏が攻めてくるのを平家が布陣して待っていたので、この名前がつけられた)の川副いに奥の方へ逃げのびた七人の女官がいた。

 この女官達は身も心も疲れ果てて、最早これまでと滝壷に次々に身を投じて果てたという。その滝を「七霊の滝」といい、滝の側に「七霊宮」がある。

 女官はその後、鯰に化身したと伝えられ、平の里人は今も「なまず」を食することがないということである。

                                    高田町の民話と伝説より










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「西原市長定例記者会見&人生悩んだら「日本史」に聞こう」  白駒妃登美さんが講師です。

「木蝋の里の魅力伝える」

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 『「ちくごの手仕事」という本の発行』  みやま市の和ろうそく・線香花火が載せられています。

「菊美人酒造酒蔵開き」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-02-25 09:52 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
筒井時正玩具花火製作所見学・千寿の楽しい歴史
筒井時正玩具花火製作所見学    みやま市高田町竹飯    2月20日   参加者   9名

福岡いいもの再発見    福岡県商工会連合会より

a0137997_632150.jpg



a0137997_6322116.jpg



線香花火の首

a0137997_6324145.jpg



線香花火の一生

a0137997_6325510.jpg



工場見学

a0137997_6331460.jpga0137997_6332466.jpg


a0137997_634512.jpga0137997_6341657.jpg


線香花火の作り方の見本を見せてもらう    現在は、手仕事の内職をする人が少なくなる。

a0137997_6343775.jpga0137997_6345627.jpg


2代目と3代目

a0137997_6361715.jpga0137997_6363389.jpg


作っている玩具花火

a0137997_754482.jpga0137997_7541934.jpg


a0137997_7551137.jpga0137997_7552455.jpg


a0137997_7554840.jpga0137997_756188.jpg


開発製品

a0137997_7563729.jpga0137997_756492.jpg


みやま市で花火と和ろうそくが作られ、ろうそく台は大川市の木工品、和紙は八女市、い草は柳川市などの特産品であり、それを商品にした。

精霊流しの花はお菓子でつくる。花弁は最中、底は煎餅、ろうそく台は麩、ろうそくの芯はスパゲティで作り
和ろうそくなどを使い、自然に川に沈んで魚の餌になり、公害にならないように考案されたものである。
昨年は東北大震災地へ寄贈されました。

下の「みやま日和」の「ちくごの手仕事」の本に載せてあります。










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「木蝋の里の魅力伝える」

「2月定例会&筒井時正玩具花火製作所を訪ねる」

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 『「ちくごの手仕事」という本の発行』  みやま市の和ろうそく・線香花火が載せられています。

「菊美人酒造酒蔵開き」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-24 06:37 | みやま市の産業 | Comments(0) |Topに戻る
菊美人酒造の酒蔵と道具・千寿の楽しい歴史
菊美人酒造の酒蔵と道具    2月19日

酒蔵開放

a0137997_2124215.jpga0137997_21241446.jpg


a0137997_21253821.jpga0137997_21255524.jpg


a0137997_21262073.jpga0137997_21263212.jpg


a0137997_21265249.jpga0137997_2127437.jpg


酒造り道具と名前

a0137997_21275170.jpga0137997_2128585.jpg


a0137997_21292986.jpga0137997_21294070.jpg


a0137997_2130862.jpga0137997_21302040.jpg


a0137997_21304533.jpga0137997_2131136.jpg


a0137997_2131371.jpga0137997_21314987.jpg


知っている名前がありますか。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「木蝋の里の魅力伝える」

「2月定例会&筒井時正玩具花火製作所を訪ねる」

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 『「ちくごの手仕事」という本の発行』  みやま市の和ろうそく・線香花火が載せられています。

「菊美人酒造酒蔵開き」

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-02-23 21:32 | 酒蔵探訪 | Comments(0) |Topに戻る