千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2012川越街道6(上福岡から川越へ)・千寿の楽しい歴史
川越街道6(上福岡から川越へ)   

中山高安著より

中山高安地図9(上福岡ー川越線の合流点)

a0137997_452567.jpg



川越19(上福岡駅ー新河岸駅)

a0137997_1142021.jpg



①六地蔵尊   

ひきまた道・えど道・つるおか道・まちや道・しんがし道・ふるいちば道と書いた六面の木標が立っている。
堂の中に六道の辻の地蔵尊が祀られている。仏教の六道は延命・宝処・宝手・持地・宝印手・堅固意です。

川越街道に出てから街道中央の並木が切れる所で、旧道は254号線と分岐して左へ進む。

②鶴ケ岡八幡神社  大井町鶴ケ岡と川越市藤間の境にあり、鶴ケ岡の地名は正保年間(1644-1647年)頃の検地帳には見られないが、貞享年間(1684-1687年)には記録されている。

a0137997_9303478.jpg



③藤間流発祥の地(石碑)   

藤間流は日本舞踊の一つで、振付師の藤間勘兵衛が寛永年間(1624-1643年)に始めたものである。

④東光寺  

寛永2(1625)年、僧舟海久呑の中興である。 

⑤開明地蔵大菩薩(石像)   

この辺りは江戸時代の刑場跡であった。   

⑥吉田神社  

吉田次兵衛とは松平信綱の家臣で、自分の領地に秘蔵の武具を埋めて塚を築いたのが、この神社だという。

その斜め向かいに建っているのが高階(たかしな)中学校で、その向かいの坂道の途中の履屋の中に
天保2(1831)年の馬頭観音と石塔がある。

⑦河岸場跡   

東上線新河岸駅の脇にある踏切を越えて東へ700m行くと新河岸河に架かる旭橋の所が船着場だった。

⑧五ツ又(旧道に戻る)

⑨砂久保陣場跡   

砂久保の稲荷大明神が建っている。

 
中山高安地図10(川越線の合流点ー旧江戸町)

a0137997_4525111.jpg



川越20(新河岸駅ー川越)

a0137997_11311822.jpg



a0137997_14411025.jpg



高階郵便局の先に春日神社がある。

その先に流れる不老かわでを御代(ごだい)橋を渡る。

⑩烏頭坂  

不老川から約500m先の上り坂。左側の小高い丘に熊野神社がある。


旧道から16号線方向へ歩く。

⑪浅間神社   

高さ5m・周囲42mの円墳の頂上に神社がある。

⑫氷川神社  

仙波氏が900年以上前に創建したと伝えられる。

⑬実在寺と愛宕神社  

ここも二段築成の円墳で6世紀中頃のものと思われる。芭蕉句が二つ立っている。

名月に 麓のきりや 田の曇/span>         

蓬莱に 聞はや伊勢の初便

旧道に戻る

⑭妙善寺   

小江戸川越七福神の一つである。入口の六地蔵や石造地蔵菩薩立像や石造観音菩薩像や馬頭観音が立っている。

⑮菅原神社  

境内には六塚稲荷神社がある。この神社は寛永元(1624)年、妙善寺開山尊能法印により勧請され天神社と称したが、大正2(1913)年に稲荷神社と合祀され菅原神社と改称された。
       

川越21(川越駅ー川越市役所)

a0137997_11322256.jpg



a0137997_1534165.jpg



⑯八幡神社  

八幡神社の境内には縁結びの木といわれるイチョウの木があり、その脇に民部稲荷神社もある。甲斐守源頼信が長元3(1030)年に創祀と伝えられている。


a0137997_15122421.jpg



⑰出世稲荷神社

⑱江戸町 川越街道の終点。

⑲川越城大手門跡(石柱) 川越市役所にある。
 
⑳市民会館・まぶき会館  

先に県立川越高校がある。


次回は最後に川越市内を紹介します。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「直近の近隣都市のニュース・出来事など」

「はじめての観光ガイド」   「6月定例会 出前講座 平成24年度みやま市予算の概要について」


みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 セロリ商品新作登場、「セロリ羊羹」

「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、  「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標  今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-06-30 15:17 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
2012川越街道5(みずほ台から上福岡へ)・千寿の楽しい歴史
川越街道5(みずほ台から上福岡へ)    

中山高安著より

中山高安地図8(みずほ台ー上福岡)

a0137997_19214813.jpg



川越街道16(中野ー三芳町)

a0137997_1194889.jpg



①市(いち)街道と河岸道の標柱   

市(いち)街道とは南西に向かうと大和田宿の市にいたからで、河岸道とは北東に向かうと針ケ谷を経て引又(ひきまた)河岸(現志木市)に通じていたからで、かつては荷車や人々が行き来していた。

a0137997_19231463.jpg



②木宮稲荷神社(三芳)  

伝承によれば、寛文元(1661)年5月、江戸の中山政治左衛門という人が霊雲を見て、社殿を創建したとされている。

③御嶽信仰と塚  

御嶽信仰は長野県木曽御嶽山に対する山岳信仰であり、この塚の頂きには蔵王権現が祀られている。


④広源寺  

この寺は連光寺(川越市渋井)の末寺で、寛永16(1639)年に龍国呑海大和尚の開基とされ、川越街道の成立や藤久保の開拓着手の時期に創建された。

川越街道17(三芳町ー大井)

a0137997_11152589.jpg



⑤上富地区

上富・中富・下富の三富新田は、川越藩主柳沢吉保が元禄年間(1688-1703年)に開かせたもので、碁盤の目のような道路沿いの細長い敷地に屋敷と宅地と森林を区切ったものである。

a0137997_19233813.jpg



藤久保交差点から200m先右側に庚申塔がある。街道の中央に並木が始まり、そこには川越街道と刻んだ大きな石が立っている。この街道中央の並木は約1km続くが、ここでも右側上り線が旧道である。

⑥東京証券総合運動場 

右側の歩道に川越街道について掲示してある。

⑦克福稲荷 茶色い鳥居。

⑧下木戸跡(標柱) 

この脇には石造地蔵尊が立っているから、この辺りが大井宿の始まりである。

a0137997_18112247.jpg



⑨大井戸跡(由来書き)と大井戸復元(裏側)  

鎌倉時代中期に武蔵野開拓のとき掘られたたいう砂川堀で、この街道付近は暗渠になっているため水流は見えない。

⑩弁天の森 暗渠から流れ出た水流。

⑪徳性寺  

伝承によれば450年ほど前に秀山律師により開かれ、一時は寺勢が衰えたが、江戸時代前期に14世祐円和尚(万治3年・1660没)により中興された。

⑫大井宿の本陣跡  

新井家の宅地の中に掲示がある。その本陣跡の手前が大井宿の高札場跡で、「従是川越迄二里十八丁」という標柱がたっている。明治時代に三度の大火に見舞われ、軒を連ねた宿場特有の景観は全て失われてしまった。

⑬上木戸跡(標柱)  

この辺りで大井宿が終わっていたことになる。 

川越街道18(大井ー上福岡)

a0137997_11174130.jpg



⑭旧大井村役場庁舎  

大井小学校の隣。旧役場庁舎の左に恵光寺入口とある。

⑮角の常夜灯  

役場入口交差点の横。この常夜灯は享和2(1802)年に建てられたもので、当時は街道の中央に置かれて夜は灯を入れていた。

⑯地蔵院薬王寺  

正和3(1314)年、覚応の開基で、江戸時代参勤交代の折には休憩所として使われた。

a0137997_1893368.jpg



⑰亀久保神明神社  

更に神社の西側には亀久保の観音さま(馬頭観世音)がある。

亀久保神明神社の拝殿には、宝暦8(1758)年などの大絵馬が奉納されている。この神社の創立は不詳だが慶長3(1598)年の創立らしい。

新旧街道の合流点から100mも行くと、県道56号線と交差する亀久保交差点で、ここから街道中央にまた並木が始まるが、この並木の左側の下り線が旧道である。

次回は川越街道6(上福岡から川越へ)を紹介します。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「直近の近隣都市のニュース・出来事など」

「はじめての観光ガイド」   「6月定例会 出前講座 平成24年度みやま市予算の概要について」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 セロリ商品新作登場、「セロリ羊羹」

「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、  「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-06-29 18:03 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
テレビで道の駅みやまの玉めし紹介・千寿の楽しい歴史
テレビで道の駅みやまの玉めし紹介    6月28日午後9時からのFBSケンミンショで紹介。

a0137997_494564.jpga0137997_495671.jpg


左~福岡県代表  四方堂亘(大牟田市出身)

a0137997_4142918.jpga0137997_4143951.jpg


みやま市の位置と農業

a0137997_4152296.jpg
a0137997_4153798.jpg



道の駅みやま

a0137997_4163714.jpga0137997_4164764.jpg


玉めし道の駅みやま  イワナガが1個220円で売っています。   

a0137997_4173985.jpga0137997_4175050.jpg


a0137997_418585.jpga0137997_419885.jpg


玉めしの作り方(材料の紹介)   

a0137997_4194890.jpga0137997_4195975.jpg


a0137997_4212097.jpga0137997_421301.jpg


a0137997_422675.jpga0137997_4221980.jpg


a0137997_4224597.jpga0137997_422552.jpg


道の駅みやま紹介

道の駅みやまは、九州自動車道みやま・柳川ICから観光地柳川を結ぶ国道443号バイパス沿いに位置し、本市の観光拠点である清水山が眺望でき、春は桜や菖蒲、秋は紅葉が心を和ませてくれます。

地元産の採れたて野菜や果樹を販売する特産品直売所があり、特に、本市の特産品であるセロリ山川みかんなどの農産物、全国的にも珍しいハゼの実から作る和ロウソクや木蝋、花火産地ならではの玩具花火などが並びます。

体験農園では、季節毎の野菜や果物等の収穫体験を企画するなど、自然も満喫できる施設が備わっています。

アクセス

・国道209号金栗交差点よりみやま柳川IC方面へ約800m
・国道443号吉井交差点より柳川方面へ約400m
・みやま柳川ICより柳川方面へ約2km

どうぞ気軽に寄ってみんね。待っとるばい。  001.gif  003.gif






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「はじめての観光ガイド」

「6月定例会 出前講座 平成24年度みやま市予算の概要について」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 セロリ商品新作登場、「セロリ羊羹」

「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、  「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-29 04:23 | みやま市の今 | Comments(0) |Topに戻る
2012街道4(新座からみずほ台へ)・千寿の楽しい歴史
川越街道4(新座からみずほ台へ)    

中山高安著より

中山高安地図7(新座ー資料館入口先まで)

a0137997_542944.jpg



川越街道13(新座ー大和田)

a0137997_18571029.jpg



①野火止用水と②平林寺は武蔵野線の南にあり、前の分と関連があり、前の分に掲載しています。

③慈眼堂 野火止会館があり、その脇にある。

④神明宮 野火止5丁目と山門丁目の境に大和田小学校の交差点があり、その向かい側にある。 

a0137997_8432088.jpg



⑤石造馬頭観音像

名馬鬼鹿毛(おにかげ)の伝承を持ち、元禄9(1696)年に建立される。

⑥石造地蔵菩薩立像と庚申塔    

石造馬頭観音像の反対側の路地の角にある。  
菩薩立像は享保13(1728)年と庚申塔は天明2(1782)年の作である。

⑦地蔵菩薩像と観音堂   

大和田中町交差点を越えて、大和田郵便局の向かい側にある。  
観音堂には蓬栄4(1707)年銘の木造聖観音菩薩立像がある。

川越街道14(大和田ー中野)

a0137997_18581030.jpg






⑧普光明寺   

観音堂から150mほど先のT字路があり、そこを右に300mほど行く。

寺伝によると、大同元(806)年律宗の比丘によって開山された。山門は享和年間(1801-1803年)に建立され、唐破風の重層屋根で風格がある造りである。

⑨氷川神社  

延暦21(802)年の創建といわれる神社である。拝殿の奥にある入母屋造りの本殿は、享和年間に再建されたもので、正面に千鳥破風と唐破風の向拝をつけている。本殿の壁面には見事な白木の彫刻が施されている。

⑩英橋  

254号線と平行している歩道を進むと、武蔵野台地を開削して流れる柳瀬川を英橋で渡る。

⑪黄林閣  

東京都東久留米市柳窪に天保15(1844)年、大庄屋の住居として建てられ、昭和5(1930)年、電力の鬼といわれた松永安左衛門が譲り受けて、ここに移築して別荘として使っていた。
昭和23(1948)年、東京国立博物館に寄贈され、重要文化財になっている。

⑫中野の滝  

階段を下りて中野川沿いに左へ30mほど進んだ所にある。ここには石造倶利釈羅不動像がある。

⑬富士塚  

左側の高台の斜面に富士山頂上御中渡修業などの石碑が見られる。更に上がると見国第一山・太々御神楽などと刻んだ石碑が立っている。

⑭跡見学園女子大学

川越街道15(三芳町)

a0137997_1859968.jpg

 

⑮古井戸山の石仏  

地蔵菩薩立像は安永8(1779)年に造立され、馬頭明王像は宝暦8(1758)年に造立される。

⑯木下稲荷・二社稲荷・竹間神社

⑰泉蔵院  

竹間神社の真向かいにある。

竹間神社は、新編武蔵風土記稿に三十番神社と記され、三十番神の名称は仏教(日蓮宗)と関係があるとの説もあり、明治元(1868)年の神仏分離令以降は名称も竹間神社に改められた。

泉蔵院にある勢至菩薩座像は江戸時代初期の作風を残し、竹間でも最古の木造仏と考えられる。この寺は先の大和田普光明寺の末寺として承応3(1654)年の創建とされている。

⑱三芳町立歴史民俗資料館

⑲旧池上家の住宅  ⑱の向かいにある。
江戸時代末から明治初めに建てられたもので、茅葺き寄棟造の大屋根と九間取り(三列三段)の持つ大型の民家である。

⑱から真北へ約1.7km歩けば東上線みずほ台駅です。

次回は川越街道5(みずほ台から上福岡へ)を紹介します。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「6月定例会 出前講座 平成24年度みやま市予算の概要について」

「一般県道 飯江長田線道路計画 説明会をしました」      「お座敷 ゆり展&和ろうそく」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 セロリ商品新作登場、「セロリ羊羹」

「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、  「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-06-28 10:50 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
川越街道3(下赤塚から新座へ)・千寿の楽しい歴史
川越街道3(下赤塚から新座へ)   中山高安著より

中山高安氏の地図5(新赤塚ー和光市)

a0137997_10472120.jpg



下からの川越街道の地図(8から12)は縮尺がまちまちで、重複した場所があります。

川越街道地図8(下赤塚ー笹目通)

a0137997_18234578.jpg



板橋赤塚郵便局の手前を右へ入ると胸形稲荷がある。

①小治兵衛庚申尊  石仏には天明3(1783)年と刻んである。

地下鉄成増駅を左へ数10m入ると氷川神社がある。

②八坂神社  二又路の254号線と川越街道に挟まれた所にある。

③出世稲荷神社  東埼橋(254号線と109号線の二又路・東京都と埼玉県の境)交差点を左へ400m進む。
川越城主が参勤交代の折に祈願して松平信綱や柳沢吉保は  大変出世したのにあやかる。

④妙安寺  更に南へ200m進む。
日蓮宗の寺院で開基は年代不詳だが、、開山は駿河連運寺の日雄上人で元和元(1615)年に没し、開基は板倉伊賀守勝重で寛永元(1624)年に没している。

川越街道地図9(白子ー丸山台)

a0137997_1825033.jpg



⑤白子橋  白子川を渡る(東京都と埼玉県の境)。
清水かつら 童謡「くつが鳴る」の一番と二番の歌詞が刻んである。

⑥地福寺  寺伝によると、永延年間(987-988年)尊恵僧正が創建した天台宗の寺です。

a0137997_1153193.jpg⑦白子宿  文明・長享(1469-1488年)頃、北条氏以降は軍事上や交通上だけでなく、農民支配の要綱として重要視されていた。

⑧熊野神社  敷地内に神滝山不動院があり、平安時代に慈覚大師が創建したと伝えられている。
ここの神滝不動の滝は富士登山の代参の際に体を清めた所である。


⑨諏訪神社 この辺りで銅鏡が発見されたのを契機にして、明治6(1873)年に建てられた。


a0137997_124831.jpg⑩馬頭観世音  表面に寛文13(1673)年と刻まれている。

⑪豪農柳下家  代官屋敷(旗本酒井家の代官を勤めた)と呼ばれていた。

⑫馬頭観音像(浅久保)  文化15(1818)年に建てられた。


中山高安氏の地図6(和光市ー新座)

a0137997_10484171.jpg



川越街道地図10(和光ー朝霧)

a0137997_1848866.jpg



⑬陸上自衛隊朝霧駐屯地   昭和29年に自衛隊が発足して駐屯するようになった。

川越街道地図11(朝霧ー膝折)

a0137997_18491571.jpg



a0137997_12174641.jpg⑭一条院  高麗氏の開基と伝えられ、本尊は十一面観音で、本堂に閻魔庁図や境内に元禄14(1691)年銘の石造地蔵菩薩立像がある。また板石塔婆が140基あり、文和2(1353)年から文明12(1480)年まで年代順に揃っている。


a0137997_12182535.jpg⑮村田屋(脇本陣だった)  

⑯増田旅館  膝折宿町内会館交差点は五又路で川越街道は一番左の道へ進む。交差点の向かい角にある。

⑰六地蔵  享保17(1732)年の石造地蔵菩薩立像。


⑱氷川神社  承応2(1653)年の創建と伝えられている。前を通る道は水道道路と呼ばれている。

川越街道地図12(膝折ー新座)

a0137997_18501443.jpg



⑲金鳳山平林禅寺の寺号石  野火止大門交差点が平林寺へ向かう参道の入口です。

⑳八雲神社  野火止中交差点を越えた右側にある。

a0137997_13354658.jpga0137997_1336612.jpg


中山高安氏の地図では次回の地図に入っています。今回の川越街道12に入れました。

①野火止用水  日常使う水は、往復6-7kmもある柳瀬川から馬で運んでいた。松平信綱は玉川用水からの引き水について幕府から許可を得て、家臣の安松金右衛門に命じて用水を開削させた。

②平林寺  松平家の菩提寺であり、野火止の新田開拓農民たちの所で禅寺である。

次の川越街道4(新座からみずほ台へ)を紹介します。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「6月定例会 出前講座 平成24年度みやま市予算の概要について」

「一般県道 飯江長田線道路計画 説明会をしました」      「お座敷 ゆり展&和ろうそく」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 セロリ商品新作登場、「セロリ羊羹」

「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、  「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-27 13:37 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
川越街道2(板橋から下赤塚へ)・千寿の楽しい歴史
川越街道2(板橋から下赤塚へ)    中山高安著より

中山高安氏地図3(板橋ー常盤台)

a0137997_19573522.jpg



川越街道4(板橋ー大山)

a0137997_1433267.jpg



平尾の追分  左の17号線を進む旧川越街道、斜め右へ進む中山道です。

①東光寺  宇喜多秀家の墓(八丈島へ流される)

板橋郵便局の前を進み、二又路を17号線と分かれて左へ進む。

②宗仙寺   

③子易神社 延宝2(1674)年以前の創建のようだ。
神社入口にある胸突地蔵(別名を身代わり地蔵)と呼ばれ、元禄8(1695)年に造立されたが、台座に「右上尾 左河越」と刻まれた道標でもあった。 

川越街道5(大山ーu上板橋)

a0137997_144933.jpg



④大山福地蔵尊  安政年間(1854-59年)に、いずれからか「おふくさん」という行者がきて、難病・苦行を癒し住民より慕われて祀られたという。

a0137997_21125734.jpg日大病院入口交差点は六又路になっている。

直進するのが254号線、右へ斜めに進むのが下頭橋通と呼ばれる川越街道である。

⑤轡(くつわ)神社  江戸時代から咳の病に霊験あらたかな神社である。
徳川家康が愛用した乗馬轡や馬蹄を祀ったといわれ、社には内十文字の紋(轡の家紋)を彫ったものがある。

a0137997_21334083.jpg⑥豊敬神社  板橋弥生郵便局の先右側にある。

⑦万福寺  開山は覚雲上人といわれ、慶安4(1651)年に寂すとある。

⑧下頭六蔵菩薩  下頭橋のたもとにある。


中山高安氏地図4(常盤台ー下赤塚)

a0137997_2044052.jpg


川越街道6(中板橋ー上板橋)

a0137997_1444237.jpg



a0137997_2203216.jpg⑨長命寺  上板橋小学校が裏側にある。
開山した長栄は寛文10(1670)年に入寂と伝えられ、その頃の創建したという。

⑩天祖神社  東上線常盤台駅前を左に進む。

⑪安養院  城北学園交差点を越えて坂を下ると、右側にある。
鎌倉幕府5代執権の北条時頼の中興と伝えられている。

⑫茂呂山公園  茂呂遺跡は考古学的に有名である。

⑬五本ケヤキ  上板橋駅から南へ直進する。

⑭円明寺 寺伝によると賢栄阿闇梨の開基で、この名を刻んだ文亀2(1502)年の石碑と文亀元(1501)年の板碑がある。

⑮金乗院  円明寺と254号線の中間にある。
開基年代は不明だが、文禄年間(1592-95年)に創立したことが風土記にあり、慶安2(1649)年に18石9斗の御朱印が存在する。

川越街道7(上板橋ー下赤塚)

a0137997_147798.jpg




a0137997_2225343.jpg⑯富士嶽神社   練馬北町郵便局の前を通り越し右側にある。
境内には富士塚があり、富士講碑が建てられている。
 
⑰阿弥陀堂   前の神社の反対側にある北町病院の裏側にある。

⑱北町観音堂  天和2(1682)年の銘が入った北町聖観音座像や天和天和3年の銘が入った北町の仁王像があり、その他に馬頭観音や庚申塔などの石像物がある。 

次は川越街道(下赤塚から新座へ)を紹介します。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「一般県道 飯江長田線道路計画 説明会をしました」

「お座敷 ゆり展&和ろうそく」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「秘密のケンミンショー」に、みやまのアノ食べ物が、、

「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-25 22:21 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
川越街道1(日本橋ー板橋)・千寿の楽しい歴史
川越街道1(日本橋から板橋へ)   中山高安著より

a0137997_21125797.jpg



中山高安氏地図1(日本橋ー白山上)  P27

a0137997_2112659.jpg



川越街道1(日本橋ー神田)

a0137997_9192590.jpg



a0137997_21163647.jpg①日本橋  青銅の照明灯装飾品は国重要文化財で、麒麟の像は東京市の繁栄を、獅子の像は守護を表している。

②三越本店  三越は延宝元(1673)年に越後屋として創業し、三井呉服店を経て、三越呉服服店となる。大正3(1914)年に大規模な百貨店を新築した。

③三井本店  大番頭だった団琢磨(1858-1932年)が関東大震災の後、建築した。

④日本銀行本店  明治時代に建てられた国指定文化財。元々は江戸時代の金座跡だった。


次の千疋屋前の交差点を右へ行くのが日光街道(日光道中)である。

更に次の室町3丁目交差点で交差しているのが江戸通である。

⑤十思公園  江戸通を東へ500m進むと小伝馬町交差点の横にある。吉田松陰が刑死した場所。江戸市民に時刻を知らせた石町の時の鐘がある。

17号線を直進してJR神田駅の脇を通り、須田町交差点の五又路の手前で左へ進むとビルの入口に神田青果市場発祥の地の碑が立っている。

川越街道2(神田ー本郷)

a0137997_9211024.jpg



17号線は五又路で右へ緩くカーブして、左側の交通博物館を見ながら、万世橋の上流にある昌平橋で神田川を渡る。

ただし江戸時代は万世橋と昌平橋の中間に筋違い見付があって、ここを渡るのが旧道だったようだ。
寛永年中(1624-44年)に架けられた昌平橋を渡る人もいたらしい。

昌平橋を渡ってから左へ曲がり、すぐに右に曲がり、また左へ曲がるのが旧道で坂を上る。

a0137997_21573592.jpg⑥神田明神  日本三大祭りの一つで、徳川家康が江戸城の鬼門除けに建てたものである
鳥居の脇には天野屋がある。自然に温度湿度が調整されている地下で造られた麹に、その甘さの秘密がある。

⑦湯島聖堂  五代将軍綱吉が元禄3(1690)年に創建したものです。  

⑧東京医科歯科大学・順天堂大学

⑨本郷薬師(櫻木神社・見送稲荷)  本郷3丁目交差点を越えてすぐ左側奥にある。

⑩東京大学の赤門(国指定重要文化財)   本郷通の右側にある。

⑪一葉塚がある法真寺(福寿寺・本郷郵便局)  赤門の向かい側にある。

中山高安氏地図2(白山上ー板橋)  P33

a0137997_21434565.jpg



川越街道3(本郷ー板橋)

a0137997_9221542.jpg



本郷弥生交差点を越えると右側の東大農学部は水戸家の邸跡である。

昔はここに追分の一里塚があった。日本橋から4kmである。

この追分を左が川越街道(中山道と同じ)で、右が岩槻道(日光御成道)である。

⑫大圓寺  白山上交差点の手前右側にある。

⑬円乗寺(八百屋於七の墓)  左へ街道を渡って下る。

⑭白山神社  白山上交差点の左側には地下鉄白山駅があり、その交差点に近いほうの出口側にある。

その先はJR巣鴨駅の脇を通り、約200m先で旧道は17号線と分かれて地蔵通を進む。17号線の右側には染井霊園がある。

a0137997_23204236.jpg⑮眞性寺(江戸地蔵三番目)  芭蕉句碑がある。分岐する左側にある。

⑯高岩寺(とげぬき地蔵)  

巣鴨郵便局を越えた向かい側に豊島区立社会教育会館があり、門前にはからくり時計がる。


a0137997_2321549.jpg⑰庚申塚  折戸通と交差する右側にある。

踏切を渡り、都内で唯一残る都電の庚申塚駅の脇を通る。

さらに直進して堀割交差点で明治通を越えると、北区の滝野川に入る。

板橋駅脇の踏切に達する。この手前あたりに日本橋から二つ目の一里塚(8km)があったらしい。

⑱近藤勇・土方歳三両雄鎮魂碑   新撰組隊員の永倉新八が建てる。

板橋駅脇の踏切を越えると、すぐ右側には都営三田線新板橋駅があり、その先にある下板橋通との交差点を左折して300mほど行くと東上線下板橋駅がる。

平尾の追分  左へ行く17号線の方が旧川越街道で、右側へ17号線を斜めに横切る旧中山道が分かれる。

次は川越街道(板橋から下赤塚へ)に続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「お座敷 ゆり展&和ろうそく」

「みやまの今週のニュース・出来事など」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「今年の「みやま納涼花火大会」始動!」

青輝園の「オリエンタルユリ展」始まる。    新刊の紹介「邪馬台国~古代日本誕生の謎」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-24 23:12 | 中山氏の街道紹介 | Comments(0) |Topに戻る
今福池の元鬼蓮生育地・千寿の楽しい歴史
今福池の元鬼蓮生育地   みやま市高田町今福地内     現在は鬼蓮は生育していません。

a0137997_7575228.jpga0137997_758598.jpg


a0137997_7584592.jpga0137997_7585564.jpg


a0137997_7591736.jpg



a0137997_7594969.jpg



a0137997_801294.jpg



a0137997_803210.jpga0137997_804837.jpg


a0137997_81842.jpga0137997_811956.jpg


みやま市高田町史跡(天然記念物 鬼蓮)  この中に(オニバスの花が咲いた(新聞記事のみ)  平成14年8月28日 有明新報新聞)が入っていますので見て下さい。

鬼蓮生育地   町指定天然記念物    平成5年3月31日指定

この溜池の鬼蓮は、溜池の浚渫を行った後の昭和56年より初芽・生育している。全国的にも生育地は少なく、福岡県内ではこの今福溜池のほか8ケ所しかない。

鬼蓮は、スイレン科の1年生浮葉水草で、葉の大きなものは1m以上にもなる。生育期間は、6月から11月初旬までで、8月下旬から9月下旬にかけて薄紫色の花を咲かせる。

鬼蓮が普通の蓮と違うところは、葉の表面と裏面に鋭いトゲを持ち、葉の表はしわが多く、裏は紫色である。1年草のため、蓮のような地下茎はない。花は蓮より小さく、がく片4枚、花びらは多数で昼間だけ開いて夜は閉じる。フキに似た水草のところから「ミズフキ」の別名がある。

             平成5年3月     高田町教育委員会







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「お座敷 ゆり展&和ろうそく」

「みやまの今週のニュース・出来事など」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 青輝園の「オリエンタルユリ展」始まる

新刊の紹介「邪馬台国~古代日本誕生の謎」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。










 
    
by kusennjyu | 2012-06-24 08:16 | みやま市観光 | Comments(0) |Topに戻る
蒲池焼き展(道の駅みやま)・千寿の楽しい歴史
蒲池焼き展(道の駅みやま)    6月10日・17日・24日

a0137997_17193527.jpga0137997_17194689.jpg


a0137997_17202472.jpg



a0137997_17213130.jpga0137997_17214267.jpg


a0137997_172251.jpga0137997_17221689.jpg


a0137997_17223794.jpga0137997_17225261.jpg


a0137997_17205178.jpga0137997_17211074.jpg



a0137997_1723108.jpga0137997_17232127.jpg


a0137997_17234574.jpga0137997_17235681.jpg


a0137997_17241755.jpga0137997_1724286.jpg


a0137997_17245746.jpga0137997_1725897.jpg


ゆっくり鑑賞して下さい。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「直近のコラム読む」     「緑の里づくり運動」     

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 青輝園の「オリエンタルユリ展」始まる

新刊の紹介「邪馬台国~古代日本誕生の謎」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-23 17:26 | みやま市の産業 | Comments(0) |Topに戻る
青輝園のオリエンタルユリ展・千寿の楽しい歴史
青輝園のオリエンタルユリ展     6月22日午後  天気   晴れ

a0137997_20223733.jpg



建物

a0137997_2021814.jpga0137997_20211892.jpg


西側の座敷間

a0137997_2023447.jpga0137997_20231689.jpg


a0137997_20243022.jpga0137997_2024402.jpg


東側の座敷・仏間

a0137997_2026327.jpga0137997_20261539.jpg


a0137997_20264263.jpga0137997_20265374.jpg


a0137997_20271969.jpga0137997_20273088.jpg


a0137997_20274946.jpga0137997_2028175.jpg


外側

a0137997_20283229.jpga0137997_20284357.jpg


a0137997_20291958.jpga0137997_20293033.jpg


今日の午前中に西日本新聞・読売新聞などの取材が入ったそうです。明日の新聞で紹介されるかも?

座敷でユリを見られます。豪華できれいです。皆様の来園をお待ちしています。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「直近のコラム読む」

「緑の里づくり運動」     「四季の花」小さな作品展&和ろうそく

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 青輝園の「オリエンタルユリ展」始まる

新刊の紹介「邪馬台国~古代日本誕生の謎」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-06-22 20:31 | みやま市観光 | Comments(0) |Topに戻る