千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
第1回隅田川(線香)花火大会・KBCタモリ倶楽部より
第1回隅田川(線香)花火大会   8月31日午前1時50分~   KBCタモリ倶楽部より

a0137997_21204228.jpg



a0137997_21214044.jpg



東西の線香花火

a0137997_21222256.jpga0137997_21223356.jpg


a0137997_2123477.jpga0137997_21231559.jpg


手もち花火で勝負

a0137997_21251783.jpga0137997_21252961.jpg


a0137997_21274477.jpga0137997_21275571.jpg


手つくり線香花火スタート

a0137997_2128343.jpg



西のスボ手牡丹

a0137997_21305826.jpga0137997_21311362.jpg


a0137997_213234.jpga0137997_21321885.jpg


東の長手牡丹    こより巻くのが難しいが挑戦しました。

a0137997_2133564.jpga0137997_2134645.jpg


a0137997_21342814.jpga0137997_21343857.jpg


a0137997_2135058.jpga0137997_21351017.jpg


隅田川(線香)花火大会

a0137997_2136449.jpg



a0137997_21364491.jpga0137997_2145282.jpg


a0137997_21383713.jpga0137997_21384835.jpg


a0137997_21391145.jpga0137997_21392190.jpg


a0137997_21394933.jpga0137997_2140133.jpg


a0137997_21402424.jpga0137997_21403398.jpg








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事など」

「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「第2回みやま市フォトコンテスト始まります!」

「おもちゃ花火、ご報告です!」   「道の駅みやま、魅力たっぷり季節の品々」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-31 21:40 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
みやま市ボランティアガイド集(清水山編)の案内2
みやま市ボランティアガイド集(清水山編)の案内2    

まだまだ本坊庭園には入りませんよ。本坊庭園前庭には、大きな銀杏の木や紅葉の木の下に文学碑があります。両方とも、立ち入り禁止になっています。大石先生の拓本で見て下さい。

北原白秋詩碑   階段を上がって右奥です。

a0137997_4125038.jpg



a0137997_414479.jpg



松尾竹後句碑   階段を上がって左側です。

a0137997_4153355.jpg



松尾竹後句碑   

本坊庭園の奥にあり立ち入り禁止になっています。

a0137997_421123.jpg



次回は建物中から見る本坊庭園を紹介します。清水山には沢山の文学碑があります。楽しみに。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事など」

「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「第2回みやま市フォトコンテスト始まります!」

「おもちゃ花火、ご報告です!」   「道の駅みやま、魅力たっぷり季節の品々」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-31 04:18 | みやま市観光 | Comments(0) |Topに戻る
みやま市ボランティアガイド集(清水山編)の案内1
みやま市ボランティアガイド集(清水山編)の案内1(本坊庭園入口)

ガイド集の1~22までを作りました。これを、このままあげて案内します。

皆さんのご意見をお待ちしています。まだ詩作です。追加などをします。

旧清水山荘下の駐車場に集合した所から案内します。

道路を越えて、下の清水山旧参道へ降ります。小川が流れ、昔はせせらぎに沢山の沢カニがいました。

大きな木の下で、川の流れを眺めながら、気持ちが癒される所です。参道横にはお地蔵さんも立っておられます。

ここから、ボタン園へ入ります。4月にはボタン園を開いています。

先の、別れ道を左に入り、階段の横に1~3までがあります。注意しないと見過ごす所です。

a0137997_34557.jpg



a0137997_3453117.jpg



a0137997_3454939.jpg



a0137997_3461034.jpg



句碑は真中にありますが、良く見ても何が彫られているか判りません。花は後から2行目(訂正)です。

a0137997_3463657.jpg



次回は本坊庭園前の句碑を紹介します。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「おもちゃ花火、ご報告です!」

「道の駅みやま、魅力たっぷり季節の品々」  「田中羊羹本舗、かき氷なんと100円!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-30 03:47 | みやま市観光 | Comments(0) |Topに戻る
瀬高町の文化財14(彼岸しだれ桜・堀切玉垂神社の大楠)
瀬高町の文化財14(彼岸しだれ桜・堀切玉垂神社の大楠)     瀬高町の文化財(平成2年3月31日発行)より。

彼岸しだれ桜   町指定天然記念物

指定  昭和56年2月23日  所在地  瀬高町小田字名木野2417-3

a0137997_475871.jpg名木野にある「白一重しだれ桜」で、樹高約15m、胴廻り2mの堂々たるもので、樹齢は約300年と云われている。

しだれ桜には紅一重、紅八重、白一重の3種類があり、いずれも寒冷地に適する品種とされ、京都附近を中心に、せいぜい広島県の山岳地あたりが南限と言われている。比較的に暖かい瀬高に、古木として生き残っているのは、珍しいという。

この山一帯は、旧藩時代に柳河藩の家臣、吉田家の持ち山となり、「吉田山」と呼ばれ、しだれ桜を庭園に取り入れた、別邸があったと言い伝えられていた。吉田家12代重正は元禄の人で、「老後連歌を好む」とある。しだれ桜の樹齢より推定すれば、重正の頃、京都より苗木を取り寄せ植えたのではないかと思われる。

近くに柿本人麻呂を祀る祠があり、天保14(1843)年、別邸の名と思われる「晴嵐亭」に於いて催された、連歌の一巻と奉納の木札がある。それには重正の子孫・吉田兼澄(千秋)、西原一甫など旧柳河藩の文人の名が書き連ねてある。

また、祠には嘉永4(1851)年に奉納された、吉田千秋の和歌三十二首の板の扁額も遺されている。

a0137997_411523.jpg堀切玉垂神社の大楠   町指定天然記念物

指定  昭和56年2月23日  所在地  瀬高町河内字松原1139

堀切玉垂神社の大楠

大楠は延久2(1070)年、同神社建立以前からあったと言い伝えられている。

樹高 46m、 枝下 10m、 根廻り 25m、 枝張り(東西) 35m、

枝張り(南北) 30m、胸高周囲 8m


「瀬高町の文化財」は終了します。ありがとうございました。

次回から、清水山観光ボランティアガイドを紹介します。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「おもちゃ花火、ご報告です!」

「道の駅みやま、魅力たっぷり季節の品々」  「田中羊羹本舗、かき氷なんと100円!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-29 04:11 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る
2012瀬高町の文化財13(クスノキ林・源氏蛍・カササギ)・千寿の楽しい歴史
瀬高町の文化財13(クスノキ林・源氏蛍・カササギ)  

 瀬高町の文化財(平成2年3月31日発行)より。
   
新舟小屋のクスノキ林   国指定天然記念物

指定 昭和49年6月18日 所在地 瀬高町長田字狐林

a0137997_413923.jpg



中の島公園内、東西約1km、南北100m、面積7万平方メートルの矢部川河川敷に、高さ15~20m、幹の廻り(胸高さで)3mある百数十本の巨木が鬱蒼と2kmに及ぶ遊歩道をおおい、行楽客に森林浴を満喫させている。

この楠林の植林の創始について、一説では「柳川藩政資料」によると「長田川原の藪は塒藪(ねぐらやぶ)といい、宝暦年間(1751~1763年)、中老・四ケ所左衛門が楠苗300本を植えつけた」とあるという。

春たけなわの今日この頃、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。

他方、元禄8(1659)年、治水工事のため藩政時代、柳河藩領で現在八女市立花町(北山・中川原)の千間土居の構築にあたった田尻惣助が主任となり、矢部川南岸舟小屋まで6kmにわたって楠樹を植えた。惣助の子、惣馬は父の後を承けて、西端になる舟小屋の南岸に、植え替用として千数百本植えたという。

当時、中の島は南の方は埋れてしまって島ではなくなっていた。大正10年6月19日の大洪水の折、舟小屋北岸一帯は堤防を越す増水があり、この緩和の目的で法水路が建設された。

上長田第二堤防の土と、方水路堀割の土で現在の強大な堤防ができた。こうして中の島が再び姿を現したといっている。いづれにしても、この楠の美林は治水工事の一環として、また水害備林の役も果たしている。先人の卓抜な偉業であろう。

新舟小屋のゲンジボタル生息地   国指定天然記念物

指定  昭和16年3月27日  

所在地  筑後市溝口、北長田、尾島、津島および瀬高町長田など。

中の島公園に次の様な文面の看板が立っている。

船小屋源氏蛍発生地

1.所在地 福岡県八女郡古川村水田村山門郡東山村
  指定面積  矢部川南筑橋ヨリ下流2820メートル以内の河川敷(法水路を含む)及び西岸の堤塘敷(右岸堤塘に接続せるものを含む)竝に右地域内に介在する道路敷

1.説明 源氏蛍の発生地として本邦有数のものなり。毎年5月下旬に亘り其の羽化最盛期に達し夕刻飛び交ひて美観を呈す。

1・保存の用件 公益上必要止むを得ざる場合の外蛍の採取は勿論其の発生を害する虞ある行為は之を禁ず。

昭和16年3月27日   文部省

これは昭和16年に国の天然記念物として指定された時のもので、それより先の昭和9年、当時九州帝国大学教授理学博士江崎悌二氏は、つぶさに現地の源氏蛍を視察し翌10年、福岡県史跡名勝天然記念物調査報告書第十輯に次の様に報国がなされている。

「ゲンジボタルは本邦各地に最も普通なる昆虫の一種で県下に於いても至る所に産し、又この矢部川にも廣く出現するものである」としながらも「蛍の特に多く出現するのは、この矢部川珠ケ瀬の中でも船小屋の下流で、右に記したうっ蒼たる樟林を背景とした区域であるが、更にその上流及び下流地方にも見られる。

川に舟を浮べて或は上って之を賞することが出来る。この樟林の西端近い所では船小屋温泉地の照明も達せず清澄なる水、幽邃なる森に群る無数の蛍群の美観は真に筆紙に尽し難いものがある。

・・・船小屋の蛍の特筆すべき点はその四囲の結構の雄大なる点にあるもので又蛍群の豊富なる事も他に較べ得る所は少ない。宏大なる背景の前に何千何万の蛍が独特な律動的な点滅を行いつゝ飛び交ふ景観は見事である」と。

更に樟林より下流の朝鮮松原附近及び沖端川の行基橋附近にも戦後間もない頃まで数多く見られたものであるが、汚れの流出や護岸工事によって絶滅し、その後人々の努力によって僅かながら鹿児島本線鉄橋附近に見られるようになった。

カササギ生息地   

国指定天然記念物

指定 大正12年3月7日 所在地 山門郡、三瀦郡、久留米市

a0137997_4143981.jpg



鴉科の鵲(かささぎ)属に属するカササギで、頭部から背部は黒色で光沢が強く、胸および脇等は純白色の留鳥である。
(留鳥=季節的に移動を行わず、1年中、ほぼ一定の地域に住む鳥)

日本では有明海北岸のみに分布しているといわれ、主として平坦な農耕地や村落附近の樹林に棲息し、山岳地には生息しない。樹林が少なくなったためか最近は町内の電柱等に巣を営んでいるのを見かける。本鳥は元来中国の中北部及び朝鮮半島南部に多く棲息している。

その昔、豊臣秀吉が朝鮮出兵(1592-1598年)した折、出陣した柳河藩主立花宗茂らが捕り帰ったと言われ、別名をカチガラスまたはコウゲカラスとも呼ばれている。この鳥が巣を営むにあたって低い樹枝に作る時は、その年は台風がひどいとの俗説がある。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「道の駅みやま、魅力たっぷり季節の品々」

「田中羊羹本舗、かき氷なんと100円!」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-08-28 04:14 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る
きじ車の絵付け教室(道の駅みやま)・千寿の楽しい歴史
きじ車の絵付け教室   8月26日・道の駅みやま

午後2時過ぎに行った時は、生徒はいませんでした。学校の登校日でしたが、午前中に集中したそうです。

きじ車が出来るまでを順番に紹介します。    絵付けは「きじ車500円」を買って色を付けます。

a0137997_932751.jpga0137997_933871.jpg


a0137997_941088.jpga0137997_942196.jpg


a0137997_9441100.jpga0137997_945246.jpg


a0137997_951367.jpga0137997_952352.jpg


a0137997_954429.jpga0137997_955745.jpg


伝統工芸ときじ車の歴史紹介

a0137997_981391.jpg



a0137997_993560.jpga0137997_995276.jpg


a0137997_9102067.jpga0137997_910346.jpg


a0137997_911180.jpg



a0137997_9114122.jpg



a0137997_9121114.jpga0137997_9122628.jpg


宮本氏は平成23年度「森の名手・名人」を国土緑化推進機構から受賞しました。

平成23年度伝統的工芸品産業大賞手作り部門功労賞を受賞しました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&櫓の撤去に想う」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「田中羊羹本舗、かき氷なんと100円!」

明日夜は「親子で遊ぼう!おもちゃ花火フェスタ」  「第2回トリアスウォーカーフェスにくすっぴー参戦」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-27 09:06 | みやま市の産業 | Comments(0) |Topに戻る
瀬高町の文化財12(金栗遺跡・権現塚・蜘蛛塚・車塚)
瀬高町の文化財12(金栗遺跡・権現塚・蜘蛛塚・車塚)    瀬高町の文化財(平成2年3月31日発行)より。

金栗遺跡

指定  昭和33年4月3日   所在地  瀬高町小川字西金栗66

a0137997_11154829.jpg



金栗遺跡は、昭和25年、瀬高中学校運動場造成の時に金栗地区の南側(国道209号線の東側)畑地の土を造成用として掘りおこした時に発見された遺跡です。

この遺跡からは「刳り貫いた木を枠として使用した井戸」1基が完全に近い形で発見され、奈良時代のもので全国でも珍しい井戸である。現在、金栗の西、国道209号線の東の田園の中に保存されている。

また青磁、菊花双雀鏡等が埋まった東西40m、南北30mの環溝集落の内側に井戸6基、炉址3ケ所、灰のつまった堅穴4ケ所、小型堅穴16基が出土し、当時の生活の一環を伺うことが出来る。ここで中目すべきことは、弥生時代の一般的な環溝が、平安末期から鎌倉時代に存在していたということである。

また環溝の西端には橋があって、その内側に奈良時代の瓦、「金玉満堂」(吉祥句)の銘入りの宋青磁、土師器、須恵器、わけても珍しいかまど等、平安・鎌倉期に至る遺物の出土品が見られる。小型堅穴からは壷、盤(大きな皿)碗などがあり、糸切り底(底部をろくろから離す時の痕跡)の皿が出土している。

また、昭和62年国道バイパス工事に伴って、この遺跡の南辺を調査した結果、その中には、井戸の廃棄時に水神を鎮める痕跡や溝2条を検出し遺跡の広がりが推定される。

権現塚  町指定史跡

指定  昭和56年2月23日   所在地  瀬高町坂田字権現の1(535)

a0137997_11163913.jpg



権現塚は坂田の国道209号線の東方にある。周りに濠のある二段築成の円墳で径45m、高さ113.5mの古墳である。

大化の改新の時、平野に広く耕地をついやして厚葬することを禁じていることから察すると、この墳はそれ以前のものであることは確かである。

その周濠の南の畑から弥生の合せがめ、高杯等が出土し、又濠の北東隅に組合せ石棺があるところを見ると、弥生時代の遺跡(墓地)の上に造られた古墳であろう。塚の西部の水田からは縄文後期の土器や石斧等も出土している。

この古墳は神功皇后が田油津媛征伐の時の官軍戦死者の墓という伝説がある。また邪馬台国女王卑弥呼の墓という説もあるが、いずれも確かなことは分らない。

蜘蛛塚  町指定史跡

指定  昭和56年2月23日   所在地  瀬高町大草字東宅地300

a0137997_11173252.jpg



蜘蛛塚は大草字大塚の老松神社の境内にあり、大塚ともいう。区の名称もこの塚の名から起っている。

伝説によると景行天皇の西征の時に、この地の豪族葛築目というものが命に従わなかったので、天皇が征伐して首長を葬った所とされている。また神功皇后に誅伐された土蜘蛛の首長田油津媛の墓とも伝えられている。

以前、この墳の南18m計りの田の中に古墳があって、もと一緒の前方後円墳であったが、大正2年に、この小塚を崩して、その上に道路が作られ、今はない。

昔は雨が降るとこの古墳から血が流れると言われていたが、これは石棺内の朱が流れ出ていたのだろう。今は石室の中心部のみ残り、塚上に地蔵尊を祀っている。

車塚  町指定史跡

指定  昭和56年2月23日  所在地  瀬高町山門字藤ノ尾車塚1409

a0137997_11192920.jpg



車塚は山門字藤ノ尾の東北にあり、南北約55m、東西約27m、高さ3.5mの前方後円墳である。

享保20(1735)年に漢鏡三面が掘り出され、明和4(1767)年には、塚の上に鏡堂を作り、部落の産土神を祀って古墳の周囲に堀をめぐらしていた。

鏡は直径22cm位、取手5,6cm位で天竜の尾を刻してあり紐を通す穴があったと言われているが今はない。(邪馬台国探見記による)

この塚は開化天皇の御陵と同じ式のもので年代は奈良朝以前のものとされ、塚の南西部から弥生中期の合せがめ棺10数基が出土している。

また、塚の南東部の竪穴式住居跡からも弥生末から古墳中期にかかる土器が出土しているので、この古墳は5世紀ごろのものと考えられる。

この塚は、あまり大きいので邪馬台国の卑弥呼の墓という人もいる。形が「御所車」に似ているので、土地の人々は車塚と呼ぶようになったとも伝えられている。

また日本書紀にいう神功皇后が当地方の土蜘蛛・田油津媛を服従させるため、この地に兵を進めた時の駐輦所がこの塚の横であったためとも言われている。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 明日夜は「親子で遊ぼう!おもちゃ花火フェスタ」

 「第2回トリアスウォーカーフェスにくすっぴー参戦」

「好評の「きじ車絵付け体験」は8/26にもあるよ。」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-26 11:19 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る
2012瀬高町の文化財11(若宮宮奉納俳諧句合額・女山神籠石)・千寿の楽しい歴史
瀬高町の文化財11(若宮宮奉納俳諧句合額・女山神籠石)

瀬高町の文化財(平成2年3月31日発行)より。

若宮宮奉納俳諧句合額 未指定民俗資料

所在地 瀬高町広瀬字谷口7の5  広瀬山中の若宮宮にある。

a0137997_8192913.jpg



俳諧句合(はいかい くあわせ)とは、俳諧の発句(ほっく)=俳句を出し合い、審判者が優劣を判定することである。

これを行うことは、俳句の作者(俳人)は熟達した人であること、判者(審判者)は、それ以上に秀れた俳句力と鑑識眼、人格と指導力がなければならない。

奉納俳諧句合の判者は、鳴五堂凡鳥である。

旧柳川藩志、俳句のぶに「凡鳥は上妻郡土窪の人、この人より斯道大いに進む」と書かれている。

この額は、天保15(1844)年のもので、門人の70余句と作者の住所、俳号が見事な筆蹟で書き連ねてあり、参加した俳人は、山中が最も多く、唐尾、小田、平田、坂田、小川、上庄、下庄に及んでいる。

俳諧の学は、山中を中心とした俳諧隆盛時の記念すべきものであると共に、この種のものとしては最高の資料である。

しかしながら、板に書かれたものであり、150余年の月日に、剥げ薄れてゆくばかりである。

広瀬山中は、その後も俳諧が盛んだったらしく、文久年間(1862-64年)の宗匠、世耕堂遅水田中六右衛門記名の句会の記録が沢山遣っている。


女山神籠石  国指定史跡

指定  昭和28年11月14日

所在地  瀬高町大草字山内・椎拾谷・産女谷・長谷・粥餅谷・源吾谷

a0137997_820302.jpg



女山の古塚山を中心に、一辺約70cmの切石(一部自然石を利用)を山の斜面や丘陵の側面にそって馬蹄型に一列に並べ、その列石の横切る谷(横尾谷、長谷、源吾谷、産女谷)には、それぞれ水門を設け、延長約3kmに及ぶ広大な遺跡である。

石材は現在の高田町飯江地方から選ばれたものと推定されている。かかる広大な遺跡の構築にあたっては、強大な権力者か国家的事業で行わねば出来ない工事であるにもかかわらず一篇の記録ものこされていないのは、不思議な謎の多い遺跡である。

現在、確認されている神籠石の所在地は全国で13ケ所があり、福岡県に6け所、佐賀県に2ケ所、岡山県2ケ所、山口、香川、愛媛県に各1ケ所があり、主に北部九州に集中しているのが特徴である。

a0137997_8231889.jpg



この神籠石の築造目的について、明治・大正・昭和にわたり古代史・考古学の間で「山城説」、「霊域説」の両面に分かれ論争されているが、今だに結論が出ていない。

明治31年、小林庄次郎は久留米を訪れたおり、土地の人から高良山神籠石の話を聞き踏査し、「豪族の墓地もしくは、共同墓地を区割り、せるものか、・・・。ともかく、この石はある霊地として神聖に保たれし地を区別せしなるべし」と、いわゆる「霊域説」を東京人類学会雑誌に発表し神籠石論争の口火を切った。

これに対し、八木奨三郎は明治33年、高良山、女山、雷山を踏査し「是等の大遺跡を旧に復せし時を思うに、城郭を除きては他に比類の大工事なかるべしと考う」と東京人類学会雑誌に「山城説」発表し、後に朝鮮山城を調査し、その共通性を指摘し反論した。

これ以後「山城説」、「霊域説」と学会を二分する大論争が起ることになった。大正に入ってもはなはだしい論戦が繰り返えされている。昭和に入ってからは各地の神籠石について測量などの基礎調査が行われた。女山の神籠石は昭和10年1月、石野義助氏によって調査され、列石の一つ一つの大きさが記録されている。

その後、昭和30年代に行われた考古学的調査によって、山城説を考古学的に裏付けることによって現在学会の定説になってきたようである。神籠石築造の年代についても又異論が多く、6世紀末から7世紀中頃か7世紀前半とする説等があるようである。

久留米藩士・矢野一貞は其の書「筑後将士軍談」(嘉永6年発刊)に次の様に記している。「今俗ニ蓮華石ナド云、石壁ナドモ、要害ノ為ニ磐井ガ営メルニヤアラン」と。また「神籠石が山城である」ことや「筑紫君磐井が、要害を堅くして乱を興した」ことを述べている。

高良大社と列石とを結びつけることを否定し論ばくしたのは神籠石論争の起る45年前である。彼の学問的知識と卓越した見解を示すものである。

ちなみに磐井の乱は西暦527年である。女山の神籠石は近世から現代に至る間、幾度か破壊され消滅している。例えば田中吉政による柳河城築城に際して持ち去られ、その後、神社仏堂の礎石や石段に使用され、現代では山の開発や土取りの際に破壊されている。

この列石の内部には多くの古墳があり、また、祭祀用の銅鉾等も発見されている。









みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 明日夜は「親子で遊ぼう!おもちゃ花火フェスタ」

 「第2回トリアスウォーカーフェスにくすっぴー参戦」

「好評の「きじ車絵付け体験」は8/26にもあるよ。」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-08-25 08:21 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る
唐尾の延命地蔵尊が水害被害から復旧・千寿の楽しい歴史
唐尾の延命地蔵尊が水害被害から復旧   8月24日  地蔵尊の日。

a0137997_13514333.jpg



8月24日朝刊の西日本新聞より

a0137997_1353750.jpg



7月14日の九州北部豪雨の時に延命地蔵尊が台座下に倒れていました。台座も前に傾いていたのをクレーンを使って元に戻し、コンクリートで固めました。その台座の上に延命地蔵尊を戻しました。

延命地蔵は天保5(1834)年に矢部川沿いに建立。(この2年後の1836年11月15日に坂本龍馬が生まれています。)

河川の護岸工事が大雨で進まなかったために、水神の怒りを鎮めようと人柱になった娘の遺徳をしのびたてられたとされる。

重さ約1トン、高さ約3m、昭和28(1953)年の西日本大水害では、首まで水に浸かりながえら無事だった。

a0137997_14224427.jpga0137997_1423142.jpg


a0137997_1423208.jpga0137997_14233215.jpg


参拝者の人たち

今日の新聞を見て来ましたという方が多かった。八女市黒木町からも4人の方が来られました。

a0137997_14104818.jpga0137997_14105867.jpg


a0137997_14124593.jpga0137997_14125560.jpg


a0137997_14131489.jpga0137997_14132456.jpg


a0137997_14134638.jpga0137997_14135661.jpg


a0137997_14141522.jpg



a0137997_14143482.jpga0137997_14144671.jpg


a0137997_1415448.jpga0137997_14151491.jpg


新聞記者も午前10時に2人来られると聞いていましたが、遅れてこられるとの事で帰ってきました。

私がいる時に20人以上の方が来られました。お接待として御菓子とぼた餅を持ち帰ってもらいました。

多くの方々のご協力にお礼申し上げます。ありがとうございました。     世話人一同







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

「直近の近隣都市ニュース・出来事など&サルスベリの花」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 明日夜は「親子で遊ぼう!おもちゃ花火フェスタ」

 「第2回トリアスウォーカーフェスにくすっぴー参戦」

「好評の「きじ車絵付け体験」は8/26にもあるよ。」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。












 
by kusennjyu | 2012-08-24 14:19 | 郷土唐尾 | Comments(0) |Topに戻る
瀬高町の文化財10(七支刀を持つ神像・下小川妙光寺の逆修碑・文広恵比須石碑)
瀬高町の文化財10(七支刀を持つ神像・下小川妙光寺の逆修碑・文広恵比須石碑)   瀬高町の文化財(平成2年3月31日発行)より。

七支刀を持つ神像   町指定民族資料


a0137997_5192286.jpg指定  昭和56年2月23日  所在地  瀬高町太神字鬼木2176-2

太神字鬼木の因幡氏が、先祖代々祀り続けている祠がある。祭神は、異国風の服を着て、七支刀を奉持した男神と鏡を持った女神、カッパの像である。

こうやの宮は、久留米市、高良神社所蔵の天慶神名帳の礒上物部神(いそのかみもののべのかみ)と推定される。


ちなみに、七支刀とこうやの宮に関りのある、古事記、日本書紀などの記事を要約して掲げる。

1・神武天皇東征軍苦戦の折、高天原より下された『ふつのみたま』が七支刀である。神武天皇は後に勲功があった物部氏の祖先神にこの刀を授けられた。この刀は石上神社(いそのかみじんぐう)に座す、とある。

1・古事記の応神天皇の項はに「百済の国王、照古王が大刀と大鏡を応仁天皇に貢った」の記事があるが、日本書紀は七枝刀、七子鏡」と記す。朝鮮の百済記にもこれに符合する件があり、石上神社に現存する七支刀の象眼の文章もまたこれと一致する。

1・日本書紀と肥前風土記に「推古10(602)年、来目皇子勅を奉じ筑紫に至り、物部若宮部(神祭に従事した部氏)をして、この地(肥前)社を祭らしめられた。」とある。

太神の「こうやの宮」の神像が知られた後、物部一族による七支刀の東遷説をとる
郷土史家もいる。

太神地区は、大昔は海に近く、こうやの宮、物部田中宮、釣天宮など計15社、ほ
とんどが海の神を祀り、なお、鍛冶屋が多かったことも特記すべきことである。

下小川妙光寺の逆修碑   未指定民族資料

a0137997_5204317.jpg所在地  瀬高町太神字下小川

下小川・妙光寺の境内にある。高さ93cm、横の上部44cm、下部60cm、
厚さ8cmの安山岩に刻字してある。


刻字         釈   文
浄穢不二   真如実相は浄土も穢土も、差別がない。
何分自陀   一如だから、どうして自と他を、区別をしようか。
己身報土   万物一如の大真理を信じて、すでに吾が身は因果応報
唯心弥陀   によって、この土地に生まれたわけであるから、
       唯弥陀の本願を心に念ずるものである。
応仁2年戊子9月10日満散 矣 大陽雋之

「満散」とは  今世謂法会結願為満散
        蓋し事満ち足りて人退散する之意

板費は応仁2(1468)年。瀬高町に数多くある板碑の中で、年号の最も古いも
のとして価値があるといわれている。

文広恵比須石碑   未指定民族資料

a0137997_5221259.jpg所在地  瀬高町文広

文広芳司にある。高さ240cm、幅85cm、厚さ23cmの石碑。
碑面上部に優雅な服装をした男女酒宴の図が、正確なタッチで線刻されている。


下部に

筑後国   
下妻郡 広田庄  
本郷村   
芳司町   
笑酒
          施主   板橋助種     
大永五年 八月吉日

と刻まれている。助種は「広田氏系図」の「右京太夫西市司」である。
  
碑は大永5(1525)年、室町後期、戦国時代のものであるが、定期市の守護神
として建てられたものである。

中世には市たて、町たてには、西ノ宮の恵比須を勧請して祭る風習があった。この
芳司の定期市を管理したのは、広田八幡宮の祠宮広田氏一族、板橋氏であったらし
い。碑面には「施主 板橋助種」とある。

板橋氏は、天文16(1547)年、田尻親種が豊後府内の大友義鑑に会いに行っ
た際に、餞別として砂糖2斤を贈ったという。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「中尾眞智子市議会議員とまちづくりり懇談会(8月定例学習会)」

「直近の近隣都市ニュース・出来事など&サルスベリの花」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「好評の「きじ車絵付け体験」は8/26にもあるよ。」

「菓子工房あずまや、マンゴー味の・・・」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-08-24 05:22 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る