千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2012新開能の概要・千寿の楽しい歴史
新開能の概要

平成23年10月17日の新開能

a0137997_20523975.jpg



平成23年10月17日の狂言

a0137997_20462699.jpg



福岡県みやま市高田町の宝満神社に奉納されている能楽は、昭和29(1954)年に福岡県の民俗史料として指定され、昭和51(1976)年、文化財法の改正により、あらためて面・衣装とともに無形民俗文化財として指定を受けました。

「農民能」として珍しく、民俗芸能としての価値があります。高田町の南北両新開地区の人々が長く伝えてきた素人能として、九州では貴重な民俗芸能の一つです。

農村や山村に伝承されている能楽は、日本では20余地域があります。その起源はいずれも伝説的なものが多く、隠棲してきた都の公卿や武将、あるいは能役者が村人に教え、それを受け継いだ村人たちが土地の神社に奉納してきたというものが多いです。それに対し新開能は、柳川藩の宝満神社奉納能に起源を持ち、専門の能楽師が務めていたものが、やがて農民の手へと移っていきました。

宝満神社は『南筑明覧』や『旧柳川藩史』によると、古代に筑前竈門神社を勧請(神仏の分霊を他の地にまつること)したもので、中世にはすでに現在地に祀られており、一時荒廃していたものを立花宗茂が再興したことを記します。

とくに「寛永17年11月9日祭礼に猿楽能あり、その後例をなし、美麗これを勤める。君公の代参社役これを勤める」の記述は、宝満神社の猿楽能が奉納されたことを記す最初の史料です。

すなわち寛永17(1640)年11月9日に、藩主代参をはじめ寺社奉行、大庄屋、代官等の居並ぶなか、お抱え能楽師美麗が能を神前に奉納し、これ以後毎年の奉納能が定例化したというのです。美麗とは、平安時代末期より三瀦郡玉垂宮大善寺に奉仕していた田楽師美麗のことです。

明治19(1886)年から20年代にかけて奉納能は新開の人々の手に委ねられて行くことになりますが、面や衣装をはじめ能の諸道具を立花家から拝借しなければならず、併せて種々の指導助言も仰がなければならなかったので、その移行は徐々にであったと思われます。

今日のように、新開地区の自主的な宝満神社奉納能が行われはじめたのは明治35(1902)年前後のことのように思われます。舞、謡、囃子それぞれに長老、師範格のもとに稽古に励み、ときには柳川やさらに遠方に指導者を求め精進しました。

そして昭和になると、新開能保存会が中心となり、その技と心とが確かに新開の人々の間に受け継がれ、昭和23(1948)年5月には立花家から能狂言の調度一式530点を譲り受け、文字どおり新開独自での能の奉納がなされるようになったのです。

新開能の楽しみ方    面・装束・諸道具など楽しみ方をあげています。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&ほてい草」

「近隣都市のニュース・出来事&免疫力を考える」   「和ろうそく作りを体験」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「それは発見のはじまり、ナチュラルプロダクツツアー」

8月オープンの「壬六ラーメン」    「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-09-29 20:47 | みやま市の文化財 | Comments(0) |Topに戻る
2012柳川藩の能面と能装束・千寿の楽しい歴史
柳川藩の能面と能装束    

平成24年9月26日 みやま市歴史講座資料より。

1・立花家から新開能狂言保存会への寄贈

昭和23年に、その半数以上が、宝満神社の神事能(福岡県指定無形民族文化財)を伝承する新開能狂言保存会へ能面・狂言面・装束とその関連付属品が寄贈された。

a0137997_20174435.jpg



2・能の式楽化

(1)豊臣秀吉が四座を保護する。   
  大和猿楽系の四座(観世・金春・金剛・宝生)に配置し当米や扶持を与えて保護した。

(2)江戸幕府と能
  能楽を奨励し豊臣秀吉が四座保護策を継承し全国の能役者が漸次四座の役者の統制下に組み込まれ   る。
  

(3)喜多流の樹立
  金剛座の北七太夫(1586~1653年)が秀忠・家光の二代の将軍の愛顧を受けて一流を樹立する。
  以後、五座(四座一流)が能会の主流となる。

(4)大名家と能楽
  幕府の能楽奨励にならい能役者を召し抱えた幕臣に能を習わせるなど自藩の能楽の充実に。

3・柳川藩の能

立花家と能楽の関わりについて最も古い記述は、立花家初代宗茂によって再興されたといわれる宝満神社(福岡県みやま市高田町)に猿能楽が奉納されたことを記す史料で 

「寛永17年11月9日祭礼に猿能楽あり、その後、例となし、美麗これを勤める。君公の代参社役これを務める」とある。

この「美麗」とは、平安時代末期より三瀦郡玉垂宮大善寺(福岡県久留米市)に奉仕していた田楽師美麗に祖をもつお抱え能楽師と考えられ、柳川藩お抱え能楽師についての最も古い記述である。

この美麗田楽の嫡流である梅津家に伝来する文書によると、代々三瀦郡の鎮守玉垂宮大善寺に田楽などの神事芸能を奉仕してきた家格であり、古くは三瀦庄獅子勾当職のほか鯵坂庄(福岡県小郡市)神楽政所職などを務めていた。

江戸時代に入ると、梅津本家は久留米藩有馬家に、分家が福岡藩黒田家に、そして三橋姓を名乗る別家が柳川再封後の立花家に出仕すっることになる。

能頭三橋教阿弥は三瀦郡夜明之内、3町5反円道寺分の知行を与えられ、享保元(1716)年までは宝満神社奉納能を美麗が一座16名ほどで勤めていたといわれている。その後、立花家の能はシテ喜多流、ワキ宝生流を伝えている。

4・藩主の能

歴代藩主自身が能楽とどのように関わっていたのかは未だ詳らかではないが、寛永後期半頃、細川忠興による徳川家光の能について言及した書状に、立花家初代宗茂と能楽の関わりについて、わずかながら記述がみられる。

「次に、江戸にて御能切々仰せ付けられ、水戸殿(徳川頼房)、加式部(加藤明成)、毛利甲州(毛利秀元)、有馬玄番(有馬豊氏)のワキ、政宗(伊達政宗)の太鼓、飛騨殿(立花宗茂)の狂言、いずれもいずれも、たぐいなき御慰たるばしと存じ候、」

宗茂は狂言を得意としていたのであろう。

立花宗茂は一旦は改易されたが、徳川秀忠・家光の御噺衆として重用され、将軍御成りの御相伴衆を務めることもあった。茶事や能への見識は浅からぬものがあったと想像される。

秀忠が喜多流の強力な後援者であったことを考えると、立花家が喜多流を庇護したのは、宗茂の頃からであったかもしれない。しかし、二代藩主忠茂以降、能に関わる記録は大変に少ない。

次回は「新開能」の概要を紹介します。




みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事&免疫力を考える」

「和ろうそく作りを体験」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「それは発見のはじまり、ナチュラルプロダクツツアー」

8月オープンの「壬六ラーメン」    「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。








   
by kusennjyu | 2012-09-28 21:25 | Comments(0) |Topに戻る
自宅周辺の秋・千寿の楽しい歴史
自宅周辺の秋   9月27日撮影

家の北側(左~米の収穫を終えた田  右~大豆)

a0137997_55131.jpga0137997_551480.jpg


畑(自宅から東を向いて撮る)  

a0137997_574267.jpga0137997_575235.jpg


畑の植え付け(大根・人参・ほうれん草・コマツ菜・レタス・3月ねぎ・カリフラワ・ブロッコリーなど)

a0137997_5105943.jpga0137997_5111356.jpg


a0137997_5115720.jpga0137997_5121033.jpg


a0137997_5123893.jpga0137997_5125133.jpg


畑に咲く花

a0137997_5132910.jpga0137997_5134299.jpg


a0137997_5142038.jpga0137997_5143354.jpg


下には毒だみが沢山生えていましたが、全部、取ってしまいました。

畑の柿とビワ

a0137997_5152219.jpga0137997_5153456.jpg


畑の黒豆   大豆より美味しいビールのつまみ。

a0137997_517186.jpga0137997_5173191.jpg


田尻から見た夕日

a0137997_5181542.jpga0137997_5182992.jpg


a0137997_519586.jpga0137997_5191743.jpg


東に出た月(夕日と同時刻)    30日が満月です。

a0137997_5204120.jpga0137997_52103.jpg


素晴らしい自然の中で暮らせて、とても幸せです。自分で作った野菜を食べられることが幸せです。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事&免疫力を考える」

「和ろうそく作りを体験」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「それは発見のはじまり、ナチュラルプロダクツツアー」

8月オープンの「壬六ラーメン」    「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-09-28 05:22 | みやま市の今 | Comments(0) |Topに戻る
芸術の秋みやまで 県立美術館からの招待状(2回目)
芸術の秋みやまで 県立美術館からの招待状(2回目)   9月26日午前10時10分入場と27日午後3時30分入場。

a0137997_4565227.jpg



65歳以上は無料で嬉しい。30日までだから、まだ機会は残っている。

今日は岩田小学校の4・5・6年生が交替で観賞する。私の母校です。同級生の高口(旧姓・山下)さん夫婦に会う。

午後からは飯江小学校です。統廃合される学校で、名前が出るのは、あと数年であろう。

他にも岩田小学校の先生や市役所の知人とも会う。

下の写真や高野野十郎の解説は県立美術館発行の資料による。

『春の海』   高島野十郎

a0137997_574392.jpg



「これは空気を描いたのです」    高野野十郎

『春の海』と題された一枚があります。前景には、緑鮮やかな葉の一枚一枚に、命を吹き込むかのごとく緻密に描かれた草原。

画面中央には有明海の干潟が広がり、つづく後景には春霞が全体を覆い、静かに包み込むような淡い色調で雲仙の山並みが彩られた幻想的な世界。

この絵について画家は「空気を描いた」と説明しています。

画家・高島野十郎[明治23年(1890)~昭和50(1975年)]は福岡県久留米市出身。県立中学校明善校から旧制第八高等学校(名古屋)を経て東京帝国大学農学部に進学、研究者としての将来を期待されながらも、卒業後は念願であった画家への道を敢然と歩みだしました。

晩年は千葉県は柏市の人里離れた田園地帯に質素なアトリエを構え「晴耕雨描」ともいえる生活を営み、独り絵を描くことに没頭しました。

野十郎は、風景画を描くために、しばしば写生旅行に出かけています。日本各地を訪れ、その地で取材したと思われる風景を生涯にわたって多く描いています。その大半は、四季折々のに見られるごく身近なありふれた風景ではあります。しかし、漂う空気までも描きつくされたこの絵には、何かしら見る者の目をとらえて放さない魅力があります。  (M・N)

昭和4年からアメリカ経由で渡欧。フランス、イタリアなどを写生旅行しています。

左~「ティーポットのある静物」高野野十郎  右~「筑後川洪水の卷」伊藤静尾

a0137997_5121826.jpga0137997_5124088.jpg


伊藤静尾(いとう・しずお)  明治26(1902)年~昭和46(1971)年

浮羽郡(現・久留米市)に生まれる。大正8年、県立中学明善校を中退、上京し日本美術学校に入学する。

大正12年同校を卒業後、帰郷。来目会に参加し、松田諦晶を知る。昭和2年頃から坂本繁二郎を師と仰ぎ親交を結ぶ。昭和8年から二科展に入選を重ね、昭和17年会友に、昭和29年会員となる。

戦後はサロン・ドートンヌなど海外の展覧会にも出品する。地元では江南画塾を主宰して後進の育成に努める。後年は重厚なマチエールによる「土」のシリーズなどで新境地を開いた。

a0137997_5133583.jpg『サイゴンの夢』 中村研一 

福岡ライバル物語  児島善三郎と中村研一   
10月6日(土)~11月25日(日)  福岡県立美術館

2人は、県立中学修猷校で運命的な出会いを果たします。校内絵画同好会である「パレット会」で絵を描き、校内展覧会で彼らの絵の上手さに全校生徒が驚いたといいます。


パレット会こそが、画家として身を立てる夢を抱く原点となったのです。









みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「和ろうそく作りを体験」

「みやまの今週のニュース・出来事など&裸婦デッサン展案内」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 8月オープンの「壬六ラーメン」

「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   「筑後七国スタンプラリー、今日から」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-09-27 17:22 | みやま市の今 | Comments(0) |Topに戻る
2012八女福島の燈籠人形解説・千寿の楽しい歴史
八女福島の燈籠人形解説   

パンフレットと資料館展示から。

a0137997_21133823.jpg



a0137997_2114499.jpg



a0137997_21151778.jpg



a0137997_21155457.jpga0137997_211661.jpg


a0137997_21162741.jpga0137997_21164285.jpg


a0137997_2117375.jpga0137997_21171513.jpg


a0137997_21173890.jpga0137997_21175247.jpg


a0137997_2118141.jpga0137997_21182762.jpg







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「和ろうそく作りを体験」

「みやまの今週のニュース・出来事など&裸婦デッサン展案内」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 8月オープンの「壬六ラーメン」

「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   「筑後七国スタンプラリー、今日から」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-09-26 03:18 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
2012八女福島の燈籠人形公演・千寿の楽しい歴史
八女福島の燈籠人形公演 国指定重要無形民俗文化財

とき 9月23日(日) 第3回 多々良川の景 16時30分~17時00分

ところ 八女市宮野町福島八幡宮境内

a0137997_482321.jpg



a0137997_485015.jpg



燈籠人形が上演されます正面の建物を屋台と呼んでいます。

間口14m、奥行き6m、高さ8mの総漆塗りの組み立て式の建物で釘や鎹(かすがい)は使用されていません。上演後は解体して倉庫に保管しています。

建物は三層になっていまして、板囲いの一階は下遣いと衣装方の控えです。

正面の二階が人形の踊る舞台で、左右の楽屋に横遣いの人が控えています。

三階は唄、囃子方の控えとなっています。

演出者はの狂言方をはじめ裏方を含めて総勢40余名で上演されます。また、舞台の左右には後見役をつとめる可愛い子供さんが座っています。

芸題 春景色筑紫潟名島詣の第4景の始まり

a0137997_4112236.jpg



a0137997_4113933.jpg



a0137997_4115665.jpg



a0137997_4121480.jpg



a0137997_4123342.jpg



a0137997_4125048.jpg



a0137997_413586.jpg



a0137997_414187.jpg



この福島の燈籠人形は「からくり人形芝居」です。

舞台の左右の楽屋から、くり出す9本の長い棒で人形を操作しています。

また、一方の橋の上で踊っていた人形がいつの間にか他方の橋の上に移動しています。これを送り渡しと言いますが、操る人の熟練の技と呼吸の一致がなければ出来ない妙技です。

更に踊っている人形の衣装の早がわりも見どころです。素抜きと言って衣装の縫い方に特別の工夫がなされています。

芸題 春景色筑紫潟名島詣  解説(第1景~第6景)

弁財天をあつく信仰する大名主従が、筑前名島神社のお参りしました。 

春風駘蕩。やわらかな陽光は、玄海の波にのどかに映え、行き交う漁舟の真白の帆影はおだやかな春の海にただよっています。

また、らんまんと咲き誇る桜の花は、名島の御社(みやしろ)を薄紅に染めあげ、筑紫の国はいま春たけなわです。

とある茶店では盃を傾けていた大名主従は、あまりの春の美景に思わず盃が重なり、うとうととまどろむのでした。・・・・

夢の中・・・舞姫姿の弁財天が側近15童子のひとり金財童子をひきつれて、どこからともなく現れます。そして、西公園、筥崎八幡宮あるいは千代の松原、(上の写真で背景が変わっています。)・・・・最後に名島の御社に舞い降りて、散りしきる桜吹雪の中で、弁財天と金財童子は心ゆくまで舞い遊ぶという情緒あふれる夢物語が主題となっています。(作者:製作年代不詳)

                            以上はパンフレットより。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「和ろうそく作りを体験」

「みやまの今週のニュース・出来事など&裸婦デッサン展案内」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 8月オープンの「壬六ラーメン」

「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   「筑後七国スタンプラリー、今日から」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2012-09-25 04:15 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
みやま市で和ろうそく作り体験・千寿の楽しい歴史
みやま市で和ろうそく作り体験   9月23日午前10時~11時

福岡市からバスで20名が荒木製鑞を訪れ、和ろうそく作りの体験をしてもらう。

a0137997_21562827.jpg



a0137997_2157084.jpga0137997_2157205.jpg


a0137997_2158678.jpga0137997_2158213.jpg


a0137997_21584033.jpga0137997_21585252.jpg


a0137997_21591443.jpga0137997_21592398.jpg


a0137997_21594369.jpga0137997_21595697.jpg


a0137997_2201881.jpga0137997_2202966.jpg


a0137997_2205027.jpga0137997_221452.jpg


a0137997_2212778.jpg



a0137997_2214689.jpg



次は三池高菜でカレーを作り食べる体験地へと向かう。その後は内野樟脳工場などを廻る予定です。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&裸婦デッサン展案内」

「近隣都市のニュース・出来事など」   

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 8月オープンの「壬六ラーメン」

「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」   「筑後七国スタンプラリー、今日から」  

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-09-23 22:10 | みやま市の産業 | Comments(0) |Topに戻る
清水と昭和の懐かしい風景・千寿の楽しい歴史
清水と昭和の懐かしい風景    野口義雄氏の写真集「きじ車」より。

本吉にて みやま市瀬高町本吉

a0137997_63759.jpg



清水寺仁王門

a0137997_6384588.jpg



清水寺本堂前のきじ車

a0137997_6395367.jpg



昭和の懐かしい風景

農繁期   昔は家族か何件か共同でしていました。

a0137997_643196.jpg



橋と馬(船小屋)

a0137997_6445679.jpg



田舎の掘  昔はどこにもありました。田の重要な水を確保していました。

a0137997_6465872.jpg



障子洗い  昔は1年に1回は必ずしていました。

a0137997_6474974.jpg



昭和30年代になると、昔の風景が壊され、生活は良くなったが、心は貧しくなったと思います。









みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など&裸婦デッサン展案内」

「近隣都市のニュース・出来事など」   

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」

「筑後七国スタンプラリー、今日から」  「県立美術館からの招待状」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-09-23 06:50 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
第8回裸婦デザイン展・千寿の楽しい歴史
第8回裸婦デザイン展     柳川裸婦デッサン会主催   古賀敏行氏からの招待

a0137997_2261945.jpg2012年9月21日(金)~25日(火)   11時~18時(最終日は16時まで)

ギャラリー喫茶   花の木

みやま市瀬高町小川227

TEL  0944-64-1187


a0137997_2352818.jpg



a0137997_2364319.jpga0137997_2365542.jpg


a0137997_235565.jpg



a0137997_242437.jpga0137997_2421543.jpg


a0137997_2361878.jpg



a0137997_2423992.jpga0137997_2425079.jpg


a0137997_243196.jpg



a0137997_2433828.jpg



皆様の早めのお越しをお待ちしています。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事など」

「みやまの今週のニュース・出来事など」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」

「筑後七国スタンプラリー、今日から」  「県立美術館からの招待状」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-09-22 02:46 | 芸術と文学・童話 | Comments(0) |Topに戻る
写真帳・きじ車の柳川風景・千寿の楽しい歴史
写真帳・きじ車の柳川風景

発行  2001年3月   発行人  野口義雄

表紙

a0137997_352213.jpg



柳川風景

a0137997_3583865.jpg



朝(三柱神社鳥居と欄干)

a0137997_3595985.jpg



外町(保加町)

a0137997_413278.jpg



雪(北長柄町)

a0137997_425913.jpg



京町通り

a0137997_44644.jpg



柳川高等女学校正門

a0137997_454132.jpg



      目覚むらば  我が身は未だ  生きて居り

                お返し足らぬと  御佛の声


     野口義雄氏の昭和初期から昭和後期の写真集から。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「近隣都市のニュース・出来事など」

「みやまの今週のニュース・出来事など」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「がんばれ恋ぼたる!浸水被害支援セール」

「筑後七国スタンプラリー、今日から」  「県立美術館からの招待状」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。










 
by kusennjyu | 2012-09-21 04:11 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る