千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
湯らっとウォーク山鹿(歴史浪漫13kmコース)2
湯らっとウォーク山鹿(歴史浪漫13kmコース)2   平成25年9月28日(土)

古墳群の小道を進む→岩間間道(西南戦争の道)

a0137997_762453.jpg
a0137997_6401360.jpg


a0137997_641448.jpga0137997_6445080.jpg


西福寺古墳群

a0137997_6454726.jpga0137997_6455769.jpg


a0137997_6462950.jpga0137997_6463957.jpg


a0137997_6465953.jpga0137997_647888.jpg


a0137997_6472973.jpga0137997_6473959.jpg


オプサン古墳

a0137997_6481126.jpga0137997_6482770.jpg


「オプサン」は「産さん」から転訛したと言われ、「安産の神様」として知られています。

チプサン古墳(内部を見学しました)

a0137997_6501162.jpga0137997_6502016.jpg


a0137997_6505914.jpga0137997_6511144.jpg


チプサン古墳は6世紀前半を代表する装飾古墳で「乳の神様」として有名です。

日輪寺(赤穂義士の墓・大仏)

曹洞宗の寺院です。赤穂義士十七士の遺髪塔など文化財の宝庫でもあります。

ツツジ寺とも呼ばれています。

a0137997_6523692.jpga0137997_6524738.jpg


細川藩が預かりし17義士の墓があります。山鹿市に住む家来が世話係になっていて、個人で建てた墓です。

a0137997_6532247.jpga0137997_6533013.jpg


真っ青な空に大仏の頭が突き出しています。

山鹿市立体育館(昼食)  あと3.8kmあります。

a0137997_6571423.jpga0137997_6572899.jpg


大宮神社(山鹿燈籠が行われる神社です)

a0137997_6593249.jpga0137997_659467.jpg


a0137997_702778.jpga0137997_703794.jpg


a0137997_71357.jpga0137997_711622.jpg


a0137997_713878.jpga0137997_715186.jpg


大宮神社は、第12代景行天皇九州御巡行の行宮跡地に、天皇をお祀りした神社です。

天皇御巡行の折、一面の濃霧が御進路を阻んだため、里人が松明を灯してお迎えした、その火が山鹿燈籠の起源と伝えられています。

燈籠殿は、本宮例祭(8月16日 山鹿燈籠祭)の深夜、まつりの起源を今に伝える神事「上がり燈籠」において奉納された山鹿燈籠を展示しており、併せて御神宝「三十六歌仙絵」パネルがご覧いただけます。

続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「やまの今週のニュース・出来事など」

「トークカフェみやま&板橋県議の一般質問」

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2013-09-30 07:02 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
湯らっとウォーク山鹿(歴史浪漫13kmコース)1
湯らっとウォーク山鹿(歴史浪漫13kmコース)1   平成25年9月28日(土)午前10時スタート。

a0137997_21184224.jpg



出発前  ゆるキャラたちと

a0137997_2137094.jpg



a0137997_2119497.jpga0137997_21195783.jpg


a0137997_212135100.jpga0137997_21214430.jpg


a0137997_2122512.jpga0137997_21221839.jpg


a0137997_21223917.jpga0137997_21224992.jpg


a0137997_21231049.jpga0137997_21231925.jpg


スタート→金剛乗寺

a0137997_21241432.jpga0137997_21242359.jpg


a0137997_21244260.jpga0137997_2124564.jpg


八千代座前

a0137997_21254830.jpga0137997_21255945.jpg


天聴の蔵  鶴田一郎美人画展

a0137997_2127542.jpga0137997_21405278.jpg


a0137997_21273557.jpga0137997_21274342.jpg


コース中の風景(4枚)→3号線を横断する。

a0137997_2130640.jpga0137997_21301576.jpg


a0137997_21303651.jpga0137997_21304498.jpg


鍋田横穴  岩野川を渡って岩野川の横にある。

岩野川西こ岸の阿蘇溶岩の断崖に、たくさんの横穴が見えます。約500mの間に60基以上あります。

a0137997_2132453.jpga0137997_21325267.jpg


豊前街道を歩き山鹿市立博物館まで。

a0137997_21335623.jpga0137997_2134560.jpg


まだ先は長いですね。続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「トークカフェみやま&板橋県議の一般質問」

「みやまの今週のニュース・出来事など」   「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」     

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。








 
by kusennjyu | 2013-09-28 21:36 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
ぎんちよ(誾千代)伝・千寿の楽しい歴史
ぎんちよ(誾千代)伝   

歴史講座より。  平成25年9月26日   講師 立花家資料館   資料室長  植野かおり氏

CLEBA(クレバ) Vol。54  女郎花号より。

a0137997_14185788.jpg



※上の写真の特別展は終了しています。

誾千代の生い立ち

a0137997_14241016.jpg



誾千代の父・戸次鑑連(べっき・あきとら)

戸次道雪と立花山城      植野かおり氏資料より。

近世大名・立花家の祖となる戸次鑑連(後に入道して道雪と称す)は、永正10(1513)年、豊後国大野郡の藤北鎧岳城に生まれました。

大永6(1526)年には戸次家の家督を継ぎ、天文19(1550)年には、その家督を甥の鎮連に譲ります。

永禄11(1568)年、立花城主の立花鑑載が主家の大友氏に謀反を起こしました。鑑連は臼杵鑑速、吉弘鑑理らと共に立花城を攻め、ついに鑑載を敗死させます。その後、立花城は筑前へ来襲してきた毛利氏の手に落ちます。

大友・毛利両氏の激しい攻防戦の後、永禄12(1569)年に両者に和睦が成立し、再び大友氏のものとなります。

鑑連は、元亀2(1571)年に大友宗麟によって立花城の城督に任じられ、同城に入城します。

宗麟は立花姓を名乗ることを許さず、終生、戸次姓を使用しています。

a0137997_14255133.jpg



大友義鎮の権勢と戸次鑑連の台頭

a0137997_14301262.jpg



大友氏の城の配置図

a0137997_14313699.jpg



わずか7歳で城主に!


a0137997_1534375.jpg誾千代姫が生まれたのは、戦国時代末期の永禄12(1569)です。

戸次道雪には後継となる息子がいなかったため、一人娘でわずか7歳の誾千代に男性当主の相続と同じ手続きを踏み、城や領地、諸道具の一切を譲ったのです。


思い出多き「立花山城」

a0137997_15114572.jpg誾千代が譲り受けた城は、今の福岡県糟屋郡の新宮町と久山町、福岡市東区の境にある山城で、標高367mの山頂から玄界灘や博多湾、それに博多の街まで見通せるという絶好かつ重要な場所にあります。


続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「トークカフェみやま&板橋県議の一般質問」

「みやまの今週のニュース・出来事など」   「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」     

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。








 
by kusennjyu | 2013-09-27 15:22 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013柳川城下武家屋敷めぐり4(長命寺・真勝寺・渡辺家住宅)・千寿の楽しい歴史
柳川城下武家屋敷めぐり4(長命寺・真勝寺・渡辺家住宅)   

平成25年9月22日(日)

並蔵(ツル味噌株式会社)と檀平橋

a0137997_215732.jpga0137997_21517100.jpg


a0137997_215572.jpga0137997_216641.jpg


並蔵の北側から川下り舟は西側に進路変更をし、並蔵の前は通りません。

長命寺  天台宗系寺院。

延享3(1746)年に椿原小路から現在地に移転しました。

御家中日吉神社境内にあった最勝院山門の仁王像が移されました。多くの石造物が所在する。

平成25年10月10日に仁王像の落慶法要が行われます。

a0137997_2191758.jpga0137997_2192585.jpg


a0137997_219583.jpga0137997_2110871.jpg


a0137997_2110292.jpga0137997_21104167.jpg


a0137997_21105878.jpga0137997_2111969.jpg


真勝寺  浄土真宗大谷派の寺院。


慶長14(1609)年の田中吉政の没後、現在地に伽藍を建築する。

田中吉政の菩提寺。初め立花宗茂が久留米市北野町にあった真教寺を柳川に招き、田中氏統治時代も篤く保護されました。

田中吉政の没後、藤吉村(現在の新町)に建てられた墓の上に本尊が安置されるように大伽藍を設けました。

a0137997_21295885.jpga0137997_2130838.jpg


a0137997_21114282.jpga0137997_21115357.jpg


瀬高御門  城外に通じる門。

東の瀬高往還(矢部往還)、南の三池道に通じています。

渡辺家住宅

江戸時代後期の武家住宅です。

200石取りの藩士が住んだ柳川藩の標準的な武家住宅です。

渡辺家は景流居合を柳川に伝えたと云われる。郷土史家、渡辺村男の生家です。

a0137997_21115876.jpga0137997_21121176.jpg


a0137997_21125644.jpga0137997_21131063.jpg


以上で柳川城下町武家めぐりを終わります。

ありがとうございました。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「トークカフェみやま&板橋県議の一般質問」

「みやまの今週のニュース・出来事など」   「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」     

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2013-09-26 04:11 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013柳川城下武家屋敷巡り3(柳川城跡・黒門橋・由布家住宅)・千寿の楽しい歴史
柳川城下武家屋敷巡り3(柳川城跡・黒門橋・由布家住宅)   

平成25年9月22日

柳川城跡

16世紀前半に造られた。天主台跡が残る。面積は1万8千坪あります。

蒲池氏が築いた柳川城。龍造寺氏の統治を経て豊臣秀吉の九州国割で立花宗茂が入城する。

関ヶ原の戦い後に筑後国主となった田中吉政が慶長6(1601)年に入城し城郭を整備した。

元和7(1621)年に立花宗茂が再封され入城する。明治5(1872)年に消失する。

a0137997_531499.jpga0137997_532663.jpg


a0137997_542096.jpga0137997_543218.jpg


a0137997_545365.jpga0137997_55911.jpg


a0137997_553081.jpg



a0137997_55566.jpga0137997_561192.jpg


a0137997_563067.jpga0137997_564991.jpg


黒門前(現在の黒門橋)の供養碑  

天正15(1587)年に放し討ちが行われた場所に供養碑が建っています。

肥後国人一揆の首謀者である隈部親永一党を預かる立花宗茂が、秀吉の処刑命令に対し隈部一族の面目を保つため、放し討ちを行い見事全員を討ち取った。黒門橋の南東隅に供養碑が見られる。

a0137997_5145252.jpga0137997_515519.jpg


a0137997_5153021.jpga0137997_5154475.jpg


福巌寺

寛文9(1669)年に再興する黄檗系寺院です。旧柳川藩主立花家の菩提寺です。

多くの藩士と共に小説家長谷健、檀一雄の墓がある。


由布家住宅

江戸後期に建てられた武家屋敷です。現在は南側の庭園だった土地が売られて更地になっています。

200石取りの藩士が住んだ柳川藩の標準的な武家住宅です。衆議院議員由布惟義の生家です。

a0137997_5244614.jpga0137997_5245868.jpg


a0137997_5261994.jpga0137997_5263163.jpg


続きます。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」   「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」    

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。







by kusennjyu | 2013-09-25 05:26 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013柳川城下武家屋敷めぐり2(戸島家住宅・江戸小路・御花)・千寿の楽しい歴史
柳川城下武家屋敷めぐり2(戸島家住宅・江戸小路・御花)    

平成25年9月22日

旧戸島家住宅・名勝戸島氏庭園

文政11(1828)年建築。武家屋敷(隠宅)。

数奇屋風の意匠を持つ隠居所として造られ、後に藩主家の茶室となった。

堀割の水を引き入れた池泉を持つ名勝庭園。

a0137997_713079.jpga0137997_714364.jpg


a0137997_723781.jpga0137997_724550.jpg


a0137997_73629.jpga0137997_731622.jpg


a0137997_733733.jpga0137997_734583.jpg


a0137997_74858.jpga0137997_741621.jpg


江戸小路  武家屋敷の荒巻家住宅が残っている。

江戸時代後期の小路~武士の居住区。  町~町人の居住区。

江戸から引き上げてきた藩士が居住するために拡張整備された小路。

a0137997_745417.jpga0137997_75563.jpg


a0137997_754031.jpga0137997_755068.jpg


a0137997_76944.jpga0137997_761711.jpg


a0137997_763739.jpga0137997_764744.jpg


御花

a0137997_774673.jpga0137997_775482.jpg


a0137997_783262.jpga0137997_784383.jpg


名勝立花氏庭園   説明だけで、ここは入場はしていません。

元文3(1738)年に造られる。  旧柳川藩主立花家の邸宅。

西洋館・御廣間・御居間・旧家政局等の建物と松涛園から成る明治期の邸宅遺構と、近世大名庭園の遺構である東庭園。国指定の名勝庭園。

続きます。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」   「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」    

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2013-09-24 07:20 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013柳川城下武家屋敷めぐり1(弥兵衛門橋・十時家住宅)・千寿の楽しい歴史
柳川城下武家屋敷めぐり1(弥兵衛門橋・十時家住宅)

平成25年9月22日(日)  柳川市役所スタート

まち歩きMAP

a0137997_550285.jpg



市役所集合とスタート

a0137997_5521579.jpga0137997_5522521.jpg


木村緑平句碑と曽我祐興生家跡   市役所南側(裏側)通り筋

a0137997_554628.jpga0137997_5541483.jpg


①弥兵衛門橋石柱と田中吉政銅像

a0137997_5563882.jpga0137997_5564917.jpg


a0137997_10465870.jpga0137997_10471113.jpg


a0137997_10475365.jpga0137997_10481141.jpg


田中家の柳川統治時代(1600~1620)に祖形が作られた考えられる。

水門(水利水制施設)、橋

V字型の形状をした水門、平坦な土地で水を有効に使うシステムの一部。

橋の名称は門番の名前に由来すると云われている。

北原白秋句碑(弥兵衛門橋側)

a0137997_1049239.jpga0137997_10493246.jpg


         水のべは柳しだるる橋いくつ

         舟くぐらせて涼しよ子ら


十時家住宅前とクモデ網

a0137997_1053865.jpga0137997_10531877.jpg


a0137997_10543428.jpga0137997_10544440.jpg


a0137997_1055890.jpga0137997_10551680.jpg


海老名弾正顕彰碑

a0137997_10554996.jpga0137997_10555791.jpg


藤村作顕彰碑と待ちぼうけ像

a0137997_1058539.jpga0137997_10582023.jpg


②十時家住宅

a0137997_10591917.jpga0137997_10593034.jpg


a0137997_1101151.jpga0137997_1102238.jpg


江戸時代後期の武家屋敷。

市内に残る最古の武家屋敷。160石取りの藩士が居住した。

L字型建物に後、建て増ししてある。座敷は南側に南向きにある。

土地 1反  天井高さ  座敷 9尺7寸 畳 6尺3寸  家の者が住む部屋の天井の高さは低い。

十時家概観(表と裏から)

a0137997_112112.jpga0137997_1122342.jpg


オノヨウコの祖父・小野英二郎の屋敷跡

a0137997_116070.jpga0137997_116950.jpg


オノヨウコ(小野洋子)さんはビートルズのジョン・レノンの妻です。

白秋道路を行く(横は川下り堀)

a0137997_1173774.jpga0137997_1174955.jpg


続きます。
  







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの今週のニュース・出来事など」

「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」   「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」    

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2013-09-23 11:26 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013小野家墓所の案内板と説明板の完成・千寿の楽しい歴史
小野家墓所の案内板と説明板の完成    

場所  慧日寺境内  大牟田市上内(かみうち)

慧日寺 中国建築様式を取り入れた黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院です。

霊峰和尚が創建開山した筑後西国観音霊場25番札所です。

柳川藩家老、小野家22代隆幸が援助した寺院であり、小野家累代の墓が東側中腹にあります。

9月17日に「ふるさと探訪会代表」 中川原広吉さんに案内してもらって行きました。 

説明板 2枚 資料は中川原氏提供。

a0137997_58155.jpg



a0137997_585490.jpg



写真  2枚  資料は中川原氏提供。

a0137997_5105638.jpg



a0137997_5111876.jpg



新聞記事   有明新報

a0137997_512127.jpg



位置図

a0137997_513084.jpg



小野家の墓

a0137997_5135518.jpga0137997_514431.jpg


23代小野春信の父、22代隆幸の墓を中央に安置し、左右(東西)に分けて並び建っています。

中村から小野家へ嫁いだ姉フジの墓と中村祐興が並んである。

a0137997_5173462.jpga0137997_5174730.jpg


a0137997_5184318.jpga0137997_5185523.jpg


中村祐興は柳川藩士で大蔵省抄紙局長・中村式紙幣を作り偽札防止に貢献した人物です。

中村祐興の墓石の裏側には、子供である中村三郎(中村天風のこと)施主と記されています。

一族にはビートルズのジョン・レノンの妻オノヨウコ(小野洋子)さんは、この小野一族です。

慧日寺本堂

a0137997_5193746.jpga0137997_5194756.jpg


本堂天井

a0137997_5201857.jpga0137997_5202716.jpg


9月28日(土)にお披露目式があり、小野家の方から説明があります。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「手しぼり櫨蝋作りの体験、見学しました」

「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」   「体験・体感ツアー「 ゆつらーつ矢部川2013」 荒木製蝋訪れる」  

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。












  
by kusennjyu | 2013-09-21 05:38 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013筑後柳川「沖の端」の寺社巡り(川北3)・千寿の楽しい歴史
筑後柳川「沖の端」の寺社巡り(川北3)    

平成25年9月27日

a0137997_36753.jpg



慧(けい)光山 長善寺

真宗西派本願寺、往時は端地村にあり、その創立未詳。同寺の鐘銘柳河瀬高の庄筑紫長善寺とあり。

あるいは藤原執権時代の創立ならん。慶長年中僧了順を中興開山とす。(1596~1614年)

瀬高の庄は、江戸時代の柳川の町名を瀬高町と呼ばれていたが、山門郡瀬高町と同じため明治時代に京町と変名する。

a0137997_37162.jpga0137997_371339.jpg


a0137997_38583.jpga0137997_381667.jpg


a0137997_384146.jpga0137997_385152.jpg


イッサキの鼻

a0137997_39319.jpga0137997_394110.jpg


島原の役(寛永14年・1637年、出兵約8300人)の柳河の人夫等戦死者を沖端村の葦のイッサキの鼻(血溢れ出ず故に血崎ならんとも云う)に埋葬す。のちにこの地に寺を移す。即ち今の(長善)寺是なりと。

端地村(はたじむら)  波多地村とも書く。鬼童原の一部(おんどばるとも云う)

a0137997_6402126.jpg



江戸期~明治9年の村名。村ではあるが柳川城下町の内に含まれ、宮永組に属す。明治9年筑紫村の一部となる。

沖の端の入り江   対岸は南町

a0137997_311213.jpga0137997_3111320.jpg


a0137997_3114982.jpga0137997_312025.jpg


造船所跡  稲荷町

a0137997_3123850.jpga0137997_3124851.jpg


二丁井吸(水門)

a0137997_3172959.jpga0137997_3173959.jpg


地面のモザイク(小学生作品)   有明海の魚介類

a0137997_3185084.jpga0137997_319476.jpg


a0137997_320153.jpga0137997_3201389.jpg


水天宮   稲荷宮→弥剣神社→水天宮へ。

a0137997_3204821.jpga0137997_3205871.jpg


a0137997_324175.jpga0137997_324293.jpg


沖端水天宮は、明治2(1869)年に久留米水天宮から勧請(神社に祀る)され、同地区にあった稲荷神社、弥剣神社(祇園社)の3社の合祀したもので「水天宮さん」と呼ばれています。

水天宮横の川下り下船所

a0137997_326822.jpga0137997_3261877.jpg


寶珠山(ほうしゅざん)光国寺

a0137997_3271211.jpga0137997_327263.jpg


a0137997_3283100.jpga0137997_328146.jpg


真宗西派初め光円寺と号する。元城内村本町の佐野、問注所2氏の屋敷地はその寺地跡なり。柳河城主菊池氏滅亡後廃寺となる。天正年間(1573~1591)宗茂公入城後中興する。

寶珠山伊予守光邦は天正14(1587)年、岩屋城において戦死す。その子光信は父の菩提を弔うため剃髪して了俊と号する。本寺の中興開山となる。

宗茂公は三の丸に寺地を賜い建立する。元和7(1621)年、再封後寺地を郭内外小路に賜い再建する。

その後、英山公は今の寺地に移される。

最後は講師の挨拶の後、寺でお接待の茶と菓子をいただいた後に解散しました。

ありがとうございました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」

 「体験・体感ツアー「 ゆつらーつ矢部川2013」 荒木製蝋訪れる」  

 「みやまの今週のニュース、出来事など」   

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2013-09-20 08:04 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2013筑後柳川「沖の端」の寺社巡り(川北2)・千寿の楽しい歴史
筑後柳川「沖の端」の寺社巡り(川北2)
   
平成25年9月17日

a0137997_1232978.jpg



a0137997_124849.jpg



旧立花氏御別邸跡地(道路の北側)   

現代地図で橙色で塗ったところ。

a0137997_1271054.jpga0137997_1272097.jpg


志賀神社

a0137997_1281060.jpga0137997_128181.jpg


a0137997_1283643.jpga0137997_1284666.jpg


祭神は底津、中津、表津、3柱の神、筑前志賀島明神を祭る。天正16(1588)年、豊臣秀吉は九州の国割りの総仕上げを行い6月11日に、立花左近将監統虎に対し、柳河の13万2千石余の領地を与えられた。当時は肥前龍造寺政家が管理していた。

筑前立花城より柳河移封土時、この地に遷座せらる。6代鑑通公は心願ありて用心をして代参せしめられる。同所は往時の藩主座乗の船を繋留せし所なり。

神社周囲は堀に囲まれ、等応寺東側の旧沖端川につながっていた。

ひょうたん池と土居の上  川下りの水はここの水門から落ちます。

a0137997_1210256.jpga0137997_12101117.jpg


二宮神社

a0137997_12113286.jpga0137997_12113936.jpg


a0137997_12121425.jpga0137997_12122564.jpg


a0137997_12124314.jpga0137997_12125130.jpg


稲荷町の二宮大明神「二宮神社」・・・天正9(1581)年建立

祭神は柳河城主、蒲池鎮並および弟の統安の2柱とする。

当神社の由来は、今から432年前の戦国時代、天正9(1581)年6月16日、柳河城主、蒲池鎮並は佐賀肥前の龍造寺孝信によって佐賀に誘い出され謀殺される。柳河城を死守した弟統安も戦死し、一子蒲池宗虎丸は沖端の漁師の家で殺害され、柳河城ほか子城も落ち下蒲池氏一族は滅亡する。

戦後、当柳河地を治めた龍造寺孝信、政家父子一門に度重なる不吉の吉兆等が起こるので、肥前の龍造寺孝信方は鎮並、統安など一族の霊を慰めるため、この稲荷町に社を建立し、その冥福を祈る事となった。

参道には漁師町らしく、縁起の良い亀に乗った「浦島太郎」とか鶴の石造物があり、当神社を信仰する町民が海に生活を求める漁師の人々、そして造船所など海に関する「柳河城下町沖の端川北」の姿は昔のままである。

二宮神社横の公民館で講義がある。  

講師の家は公民館の東側です。

a0137997_12142324.jpga0137997_12143469.jpg


土居の上  地図の中の茶色で塗ったところ。

a0137997_12153585.jpga0137997_12155874.jpg


十一面観音堂  小さな町に1つは神様が祀られています。

a0137997_12171038.jpga0137997_12171898.jpg


江戸時代、村も町も集落は神に守られた共同体であった。二宮神社は集落の端に神社があり縁起のいい南向きで、参道は極めて短く、参道入り口の鳥居から南方向には2本の道が延びて北町通りに出る。集落の殆どが漁師町の景観は大変珍しく、町名も「西横町通り、北町通り」と江戸時代から云う。

二宮神社の東側は、その名の通り「東横町」である。傍らに柳河藩御用船製造の横山造船所もあり、因みに藩主より、この地に「初代横山勘太佐衛門」が拝領封ぜられたので、「横町」と称するようになったと先人よりの口伝である。

次回に続きます。





みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「第2回朝倉・櫨フォーラムに参加しました」

 「体験・体感ツアー「 ゆつらーつ矢部川2013」 荒木製蝋訪れる」  

 「みやまの今週のニュース、出来事など」   

みやま市観光協会公式WEB
梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。

by kusennjyu | 2013-09-19 13:56 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る