千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2014八女福島燈籠人形の歴史・千寿の楽しい歴史
八女福島燈籠人形の歴史   

平成26年8月28日午後4時頃

展示場所  八女伝統工芸館内の八女民族資料館(入って右へ行き一度外へ出て別の建物があります。)

舞台展示

a0137997_9525955.jpga0137997_9523618.jpg


華やかに舞い踊る「からくり人形」の世界へ

八女提灯で明るく照らされた舞台。三味線やお囃子の音に合わせて美しい着物姿の人形が熱狂的な観客の拍手」喝采に迎えられて登場し、華やかに踊る。

毎年秋に八女の福島八幡宮の境内で上演されている八女福島の燈籠人形は、江戸時代から続く不思議な「からくり」の世界です。

沿革

福島八幡宮の放生会に、人形の燈籠を奉納したのが「燈籠人形」の始まりです。

明和9(1772)年には、浄瑠璃作者、福松藤助(松延甚左衛門)が大阪から帰郷します。人形を動かす工夫や当番町制の上演に力を貸して以後、動く人形が登場しました。それが、主役となり現在の「からくり人形」の基礎ができました。

天保15(1844)年に久留米藩の大検令(倹約規制)により上演が禁止されていたが、明治4(1871)年に燈籠人形の奉納が復活しました。

第二次世界大戦による燈籠人形奉納の中止期間を経て、昭和52(1977)年には「八女福島の燈籠人形」として国の重要無形文化財に指定されます。

燈籠人形の舞台

八女福島の燈籠人形の舞台は、二階建て三層に及ぶ屋台です。

建築全体は金箔、銀箔や漆塗りで出来ており、これは福島仏壇を造る技法の基となったとされる。優雅さや精巧さは文楽の人形浄瑠璃に匹敵すると言われています。

ビデオ画像より

a0137997_9552317.jpga0137997_9551216.jpg


a0137997_9555795.jpga0137997_9554675.jpg


a0137997_9565518.jpga0137997_9564767.jpg


a0137997_957269.jpga0137997_9564381.jpg


a0137997_9574639.jpga0137997_9571419.jpg


a0137997_9592190.jpga0137997_9574210.jpg


台本展示

a0137997_959848.jpga0137997_9593179.jpg


a0137997_1005622.jpga0137997_9594837.jpg


公演日  「秋分の日」を含めた3日間  

会場  福島八幡宮


もうすぐです。公演を見られるますのを、お待ちしています。











みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「9月 みやま市定例記者会見の内容など」

「8月 定例学習会の報告(その1) みやま市の再生可能エネルギーの状況について」

「市民公開 定例学習会の案内(大規模ヘムス基盤整備事業の出前講座)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   今テレビで話題の白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。

by kusennjyu | 2014-08-29 10:32 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
平戸からの帰りの日程・平成26年8月22
平戸からの帰りの日程     平成26年8月22   天気:快晴

ホテル(旗松亭)

a0137997_14105754.jpga0137997_14111220.jpg


a0137997_14121486.jpga0137997_1412454.jpg


平戸瀬戸市場

a0137997_1413132.jpga0137997_14125259.jpg


松浦道の駅

a0137997_1414711.jpga0137997_14135761.jpg


a0137997_14151068.jpga0137997_14145929.jpg


a0137997_1415454.jpga0137997_14145769.jpg


増田の小城羊羹店

a0137997_14164994.jpga0137997_14161819.jpg


a0137997_14175551.jpga0137997_14172276.jpg


佐賀本丸御殿   入場料:無料

a0137997_14175930.jpga0137997_14174294.jpg


a0137997_14185541.jpga0137997_1418334.jpg


a0137997_14193815.jpga0137997_14192866.jpg


a0137997_14205590.jpga0137997_14202294.jpg


17時過ぎにJA高田東部支店に到着する。楽しい旅行でした。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「8月 定例学習会の報告(その1) みやま市の再生可能エネルギーの状況について」

「市民公開 定例学習会の案内(大規模ヘムス基盤整備事業の出前講座)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   今テレビで話題の白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2014-08-27 14:21 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
2014松浦一酒造のカッパ伝説・伊万里市の田尻氏が祭壇に祀る・千寿の楽しい歴史
松浦一酒造のカッパ伝説・伊万里市の田尻氏が祭壇に祀る    

平成26年8月22日訪問する。


JA高田地区年金友の会の平戸旅行の帰り道に日程に加えて寄る。

酒蔵の入口で当主の説明がある。

a0137997_1722079.jpga0137997_1724870.jpg


a0137997_173793.jpga0137997_1725845.jpg


a0137997_1741248.jpga0137997_174325.jpg


河伯(カッパ)の祭壇の前での説明

a0137997_1755825.jpga0137997_1754777.jpg


a0137997_1765097.jpga0137997_1764060.jpg


昭和28年の大水害の後で、雨漏れがひどいため屋根の修理をしていたら、大工さんが屋根裏の梁の上にあった箱を持って降りて来た。

箱の蓋は真っ黒くなっていたが、良く洗って見たら、書かれていた文字が「河伯」だった。辞書で調べたら中国ではカッパのことを、「河伯」と書いていたとある。

動物の専門家に調査してもらったら、脊椎の骨が16本あり、哺乳類動物は12本で違うとのこと。

爬虫類かと? 頭の皿に大きな目(耳は後ろにある)で、カッパだろうか。

約500年前はみやま市高田町田尻にあった田尻城の城主で、大友氏についていたが、大友氏が耳川合戦で島津軍に敗れてからは、肥前の龍造寺軍と1年以上にわたり戦ったが、その後家来になり伊万里に領土をもらい住んでいる。

飯江川のカッパ伝説が残されている。家系は養子が続き、この「河伯」を祀ってから男子が生まれた。

祭壇に祀られ工場見学者に紹介しているが、今では子供が生まれたとお礼の手紙もあるそうです。

祭壇の河伯(カッパ)

a0137997_1774767.jpga0137997_1784222.jpg


a0137997_1785695.jpga0137997_1781718.jpg


a0137997_179495.jpga0137997_179786.jpg


a0137997_17151281.jpga0137997_179251.jpg


a0137997_17104089.jpga0137997_17101937.jpg


酒蔵の守り神”カッパのミイラ”で子授け?(千寿の楽しい歴史)

カッパ酒造館見学(千寿の楽しい歴史)

田尻氏の菩提寺・親種寺を訪ねて(千寿の楽しい歴史)

次回は8月22日の平戸旅行をを紹介します。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「市民公開 定例学習会の案内(大規模ヘムス基盤整備事業の出前講座)」

「みやまの直近のミュースと出来事など」   「平成26年 夏休み和ろうそく体験教室(道の駅みやま)報告」 

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   今テレビで話題の白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。






 
by kusennjyu | 2014-08-24 17:46 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
大自然の生月島と平戸2日間・平成26年8月21日
大自然の生月島と平戸2日間   平成26年8月21日

JAみなみ筑後高田地区年金友の会    バス2台   天気:雨一時快晴

有田ポーセリンパークのんのこ郷   お買い物と試飲

a0137997_1131169.jpga0137997_11312322.jpg


カステラの和泉屋   昼食と買い物

a0137997_11342724.jpga0137997_1134329.jpg


a0137997_11345086.jpga0137997_11344037.jpg


左~松浦鉄道の車両    右~蘭風(」らんぷう)ホテル

a0137997_1138080.jpga0137997_11364264.jpg


生月島    この島内に入り天気は雨から晴れになる。

生月橋   道の駅横の公園から撮影

a0137997_1143441.jpga0137997_11423959.jpg


塩俵の柱状節理   五島列島の宇久島が見えた。   

a0137997_11451121.jpga0137997_11442156.jpg


a0137997_11452798.jpga0137997_11445462.jpg


大バエ灯台   壱岐が見えました。

a0137997_11484312.jpga0137997_11481922.jpg


a0137997_11492713.jpga0137997_11491631.jpg


a0137997_11501686.jpga0137997_1150289.jpg

  
旗松亭ホテル泊   平戸市大久保町2520   TEl  0950-22-3191

a0137997_11552898.jpga0137997_11545286.jpg


a0137997_1155478.jpga0137997_11552594.jpg


平戸地方は朝まで雷雨でした。高田町のことも心配しました。明日に続きます。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「市民公開 定例学習会の案内(大規模ヘムス基盤整備事業の出前講座)」

「みやまの直近のミュースと出来事など」   「平成26年 夏休み和ろうそく体験教室(道の駅みやま)報告」 

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。





  
by kusennjyu | 2014-08-23 11:57 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
コロンは荒尾で盆を過ごす・千寿の楽しい歴史
コロンは荒尾で盆を過ごす    平成26年8月14日~15日

午前10時半ころに家を出て荒尾へ行く。海苔巻き・揚げ物・野菜・ビールなど、家から持参する。

午後5時頃からコロンの散歩に行く。夕方は3人で「弥生の湯」に行く。コロンは留守番をする。

午後8時30分頃から、グリーンランドでお盆の花火が5分間程、打ち上げられる。

a0137997_13304470.jpga0137997_13301125.jpg


a0137997_13332258.jpga0137997_13331296.jpg


8月15日午前5時30分からコロンの散歩に行く。

a0137997_1334456.jpga0137997_13343087.jpg


a0137997_13354840.jpga0137997_13353981.jpg


a0137997_13363074.jpga0137997_13361355.jpg


午後から娘から「仕事が終わり帰宅する」と電話があり、私たちも昼食を食べたあと、帰宅する。

コロンは家に帰り疲れて寝ていました。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの直近のミュースと出来事など」

 「平成26年 夏休み和ろうそく体験教室(道の駅みやま)報告」 

「⑫みやまの直近のニュースと出来事など(7月14~31日)」


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2014-08-17 13:39 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
2014『若菜籠』紹介・石田昌著(柳川市大和町鷹尾に生まれる)・千寿の楽しい歴史
『若菜籠』紹介・石田昌著(柳川市大和町鷹尾に生まれる)

石田昌のあゆみ

元治元(1864)年11月5日、福岡県山門郡鷹尾(現柳川市大和町鷹尾)に、石田昌英の長子として生まる。

石田家は、中世より代々鷹尾に住し、旧家として地方の名望を集めてきたが、昌英の時に船持(昌栄丸)となり、回船問屋を業とした。

地元の六合小学校を終え、福岡県立柳河中学校(現伝習館高校に学び、向学の志厚く、家業の縁で長崎に遊学し、漢学及び国学の道に進もうと決意する。

長崎では、中島廣足(ひろたり)の門流に和歌を学び、広く好学の士と交流し、いよいよ斯道を究めることを志す。

本格的に国学を究めるため、しばしば京都・大阪に通い、更に上京する。しかし、明治20(1887)年、父の病気によって帰郷することとなる。

郷土史研究の業績

昌は郡役所書記官として勤務しながら、山門の遺跡・伝記・口碑(こうひ)などの掘り起こしや研究にも力を注いだ。

明治29(1896)年には、師事していた船曳鐵門の許で高良山の神籠石(こうごいし)を調査した経験を生かし、瀬高町女山(ぞやま)の列石を神籠石(こうごいし)と断定して考古学界の注目するところとなった。それは現在、国の指定史跡に指定され、邪馬台国を裏付ける貴重な資料となっている。

昌は、柳河の郷土史家渡辺村男氏との交友も深く、ともに遺跡を調査し研究したものをまとめた共著『邪馬台国探見記』がある。

昌が、鷹尾八幡宮の顕彰に勤めたことも特記しておかねばならない。神社の沿革を調査研究し、保管されていた八百年以上も前の古文書を整理したものを「鷹尾文書」としてまとめたが、それは平成11(1999)年に、国の重要文化財に指定された。

『若菜籠』覆刻

『若菜籠』は、郷土の地理や地名の由来・行政区の変遷、神社の由来・伝説などを石田昌自ら歩いて調査、収集し、見聞したままを記録しまとめたものです。

巻頭に、晩年のポートレートと自詠自書の大阿蘇の和歌を掲載し、外孫にあたる江崎潮が序文を添えました。

この『若菜籠』を通して、郷土の歴史を知っていただくと共に、石田昌の人物像ーー奥に秘められた言霊ーーを感得して頂けたら幸いです。

a0137997_14323499.jpg



a0137997_14325844.jpg



山門郡図(現柳川市・現みやま市瀬高町・山川町・高田町の竹海校区)

a0137997_14343092.jpg



「神籠石」調査風景と実測図

a0137997_14333581.jpg



a0137997_14335455.jpg



東山村堤の調査風景

a0137997_14352731.jpg



山門郡誌と若菜籠

1・渡辺村男原稿   明治45年6月~大正3年。

2・石田昌「若菜籠)  明治45年4月

3・山門郡誌   大正14年10月。 石田昌氏は資料を提供する。

4・旧柳川藩志  昭和32年(昭和55年再刊)  山門郡誌に載らなかった資料をまとめたもの。

石田昌のその他の著作

郷土史関係 「古川考」 明治45年   伝記「雲竜久吉」 大正10年  

歌人として 「しらぬひ集」 大正11年  ・松の落葉 昭和8年

ありがとうございました。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「⑫みやまの直近のニュースと出来事など(7月14~31日)」

「夏休み和ろうそく作り体験教室(久留米市)の報告」

a0137997_6581111.jpg



上の写真は田中敬一郎さんが撮ったもので、上(紫色)の「みやまいいまち会」をクリックしていただけば見られます。


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。

by kusennjyu | 2014-08-12 15:52 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
和ろうそく作りと絵付け体験教室・平成26年8月10日
和ろうそく作りと絵付け体験教室    平成26年8月10日

場所:道の駅みやま   沢山の親子連れが参加してくれました。

a0137997_11273444.jpga0137997_11283134.jpg


a0137997_11381036.jpga0137997_11375827.jpg


a0137997_11313186.jpga0137997_11311942.jpg


a0137997_11321495.jpga0137997_1132353.jpg


a0137997_1134192.jpga0137997_11334937.jpg


a0137997_11385491.jpga0137997_11383682.jpg


a0137997_1139347.jpga0137997_11392057.jpg


a0137997_11402563.jpga0137997_1140558.jpg


a0137997_11405678.jpga0137997_1142132.jpg


a0137997_11424814.jpga0137997_11423392.jpg


a0137997_11433885.jpga0137997_11432395.jpg


a0137997_11444975.jpga0137997_11442269.jpg


ありがとうございました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「⑫みやまの直近のニュースと出来事など(7月14~31日)」

「夏休み和ろうそく作り体験教室(久留米市)の報告」

a0137997_6581111.jpg



上の写真は田中敬一郎さんが撮ったもので、上(紫色)の「みやまいいまち会」をクリックしていただけば見られます。


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2014-08-11 11:45 | みやまいいまち会 | Comments(0) |Topに戻る
和ろうそく作りと絵付け体験教室午後の部・みやまいいまち会
和ろうそく作りと絵付け体験教室・久留米にて    平成26年8月3日午後の部

a0137997_643437.jpga0137997_6431612.jpg


a0137997_6443195.jpga0137997_6441938.jpg


a0137997_6541438.jpga0137997_645356.jpg


作品

a0137997_64614100.jpga0137997_646035.jpg


a0137997_647531.jpga0137997_6465438.jpg


a0137997_6474143.jpga0137997_6472689.jpg


美味しいコーヒをいただきありがとうございます。皆さんの笑顔にかんしゃします。

次回はハゼロウでクレヨン作りをしましょうと話し合い、帰って来ました。










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「夏休み和ろうそく作り体験教室(久留米市)の報告」

a0137997_6581111.jpg



上の写真は田中敬一郎さんが撮ったもので、上(紫色)の「みやまいいまち会」をクリックしていただけば見られます。

「平成26年 第3回 夏休み和ろうそく作り体験教室の案内」

「⑪みやまの直近のニュースと出来事について」


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2014-08-05 06:50 | みやまいいまち会 | Comments(0) |Topに戻る
2014和ろうそく作りと絵付け体験教室・みやまいいまち会
和ろうそく作りと絵付け体験教室・久留米にて    

平成26年8月3日午前の部

8階での体験教室

a0137997_10512387.jpga0137997_1051747.jpg


a0137997_10523275.jpga0137997_10522062.jpg


a0137997_1053358.jpga0137997_10525345.jpg


和ろうそく作り体験  4組の親子と男性1人が参加

a0137997_10543327.jpga0137997_10541970.jpg


a0137997_10553990.jpga0137997_10552686.jpg


絵付け体験  皆んな自由な発想で楽しくやっていました。

a0137997_10572340.jpga0137997_10571292.jpg


a0137997_10581237.jpga0137997_10575760.jpg


a0137997_10585270.jpga0137997_10583968.jpg


a0137997_10593134.jpga0137997_10591527.jpg


a0137997_1101696.jpga0137997_110389.jpg


作品

a0137997_111560.jpga0137997_1105422.jpg


a0137997_112234.jpga0137997_1114428.jpg


a0137997_1125556.jpga0137997_1123697.jpg


a0137997_1133452.jpga0137997_1132159.jpg


次は午後の部を紹介します。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「平成26年 第3回 夏休み和ろうそく作り体験教室の案内」

「7月定例学習会は、「生ごみ・し尿汚泥系メタン発酵発電でごみ削減」について学びます」

「⑪みやまの直近のニュースと出来事について」


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。

by kusennjyu | 2014-08-04 11:04 | みやまいいまち会 | Comments(0) |Topに戻る
石田昌と高田町(渡瀬会・河野修造など)との関係
石田昌と高田町(渡瀬会・河野修造など)との関係

1.大正13年、門弟河野修造還暦記念出版歌集『千代のはじめ』の序文を書く。

a0137997_1748185.jpg



この河野修造は、三池郡渡瀬(現在のみやま市渡瀬)の素封家で、三池銀行頭取を勤め、県会議員もしていた。

韓国の京城に植物園を開設するなど事業家であったと思われる。日露戦争中は、村長として村民の信望を集め、大正初めまで、その任にあった。

歌道の方でも、渡瀬会をつくり、昌を指導者として毎月例会をもっていたが、福岡移住により廃止した。

      たまわりし言葉の花のしたかけを 若かへる身のすみかにはせん。 河野修造 

海辺暁    石田 昌
     飾麿津を夜こめにたては針間かたなみ穂しらみて淡路島見ゆ
  
               以上は柳川文芸クラブ「ほりわり」第27号より。

大正13年9月、河野修造が村長三選の折  (「二川地方誌」より)

      浮波にたゝよふ身とはまたなりぬ ちからのかきり世につくしてん。

      むらきものまことのこゝろ盡しなは 國のもとゐとなりもこそすれ。
  

2.昭和11年、『二川地方誌』に石田昌の長歌・短歌を収めている。

・渡 瀬  祇園會(え) 長歌 

     山車動いて人波打てる祇園かな。

     祇園會の人去り盡くし明けにけり。

・濃 施  千燈明    長歌

     渡瀬のや車とまりに、たゝ向ふ濃施の熊野の、坂なりに献(また)す燈火、
     階(しな)毎(こと)にともす燈火、其坂のきさみのむた、よみも得す盡
    しもかねつ、曽伎太久毛かゝけし御燈(みひ)か、己伎婆久母照らせる御燈
    (みひ)か、まかゝやく影にあたると、御阪攀ち諸人集ふ、此里の直熊野
    まつり、見るかたふとさ。


         反    歌

      麓ゆく夜汽車のたびのもゝち人 見てやしぬはむ神の燈火

・上楠田  石神山    和歌

      「朝露の御木の鎮と神随神佐備立てり石神山」

     (あさつゆの/みきのしずめと/かんながらかみ/さびたてり/せきじんのやま)


3.昭和13年、『開村誌』に石田昌の讃 三池郡開村 長歌並びに短歌二首が掲載される。

a0137997_17533934.jpg

  
   
秋丸墓地は黒崎開が新開地として、墓所が田畦間に散在するのは、末々まで百姓の難を思い召し、倉永村の内秋丸山を、御開中一円の墓所として、藩主英山公(第三代)より拝領に及んだ。

      隅をおちす見れと一つの墓もなし
            この里人は死なすやあるらん


次は郷土史家としての石田昌を紹介します。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「平成26年 第3回 夏休み和ろうそく作り体験教室の案内」

「7月定例学習会は、「生ごみ・し尿汚泥系メタン発酵発電でごみ削減」について学びます」

「⑪みやまの直近のニュースと出来事について」


みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

青輝園   御座敷梅ユリ展

 
私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2014-08-01 17:54 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る