千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2015年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2015高田町の人物・池田鮮水(書道家)を紹介 「みやまの人と歩み」より
高田町の人物・池田鮮水(書道家)を紹介します。  「みやまの人と歩み」より

書道の普及に尽くす

池田鮮水8いけだ・せんせい)は、明治44(1911)年3月30日、三池郡高田村江浦(現、みやま市高田町江浦)に生まれました。名は亀(ひさし)、雅号を鮮水と称しました。

日本書道学院で学び、福岡県京都(みやこ)郡みやこ町出身で日本書道連盟顧問や日展審査員などを歴任した書道家中村春堂(なかむら・しゅんどう)に師事しました。

昭和27(1952)年3月に高田村江浦の自宅に「鮮水書院」を開設し、同年9月に文化書道会に入会、学会を主催する西脇呉石(にしわき・ごせき)に師事しました。呉石は、戦前の文部省国定教科書の書き方手本の筆者で、日展会員などを務めた人物です。

鮮水は、昭和28(1953)年に文化書道学会より師範免許証を授与され、同32年から50年までの19年間にわたり九州連合会副会長、会長を務めました。

その間、書道院展入選や文化書道学会主催の書道展で幾度となく最高賞を受けました。昭和36(961)年、文化書道会の審査員、同38(1963)年に同学会最高段位の七段に昇段しました。

昭和45(1970)年3月には、全日本教育書道代表団の一員として台湾を訪れました。平成8(1996)年に中国上海美術館において開催された上海・横浜友好書画交流展に作品を出展するなど国際舞台でも活躍しました。

指導者としても、文化書道学会が毎年上野の東京都立美術館で開催する全国書道展に、88歳まで審査員として先品発表と出品作品の審査に尽力しました。

多忙な鮮水でしたが、地元での指導も怠りませんでした。地元高田町の文化協会指導顧問を引き受け、書道の普及に勤めました。

昭和61(1986)年12月、鮮水は、書壇の発展に貢献し、地域文化の振興に尽した功績が認められ、日本文化振興会より国際芸術文化賞が授与され、日本文化振興会特別名誉会員になりました。

平成16(2004)年10月13日に死去しました。享年94でした。鮮水が開設した「鮮水書院」の門人は2000人を超え、九州一円に多くの指導者を輩出しました。

矍鑠(かくしゃく)として老いを知らず、悠々筆墨(ゆうゆうひっぱく)に親しむ書家でありました。鮮水亡きあとも「鮮水書院」は、子、孫と引き継がれ、地域の書道の普及に貢献しています。


続きます。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「平成27年6月 みやま市議会定例会につて」

「5月22日 みやま市定例記者会見の要旨」  「5月定例学習会は、板橋県議を招いたまちづくり懇談会をしました。」                  
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-30 21:35 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
2015鉄文道智(書道家)「みやまの人と歩み」より・千寿の楽しい歴史
鉄文道智(書道家)を紹介します。  

「みやまの人と歩み」より


禅僧としての鉄文(てつもん)

鉄文は黄檗宗(おうばくしゅう)の禅僧で、柳川藩主立花家の菩提寺(現、柳川市奥州町)福厳寺(ふくごんじ)の中興開山として名高い高僧です。鉄文禅師(ぜんじ)とか鉄文和尚とも呼ばれています。また諱(いみな)を道智(どうち)といい、大癡(だいち)とも号しました。

寛永11(1634)年7月9日に山門郡海津村(現、みやま市高田町海津)の西原家に生まれました。父は西原種孝という柳川藩の武士で
した。

幼い頃から聡明で、柳川天叟寺(てんそうじ)の俊嶺(しゅんれい)和尚に付いて経暑(けいしょ)などを学び、13歳の時に出家、さらに禅の勉強を深めるために京都に上り、また修行の旅に出たりしました。

承応3(1654)年、中国からの隠元(いんげん)禅師が長崎に来て黄檗宗を伝えると、鉄文は長崎に赴いて、その教えを請いました。隠元の隠居後は、その高弟の木庵(もく
あん)禅師に仕えて、さらに禅の悟りを深め、のちに黄檗十哲の一人に数えられるようになります。

寛文9(1669)年、36歳のとき、師の木庵とともに江戸に赴き、藩主鑑虎に相見えましたが、このとき鑑虎より福厳寺の住職になって寺を立て直してくれるよう強く頼まれました。鉄文は、以前から故郷に黄檗宗を広めたいと願っていましたから、この頼みを受け入れ、福厳寺の住職に就任し、寺の再建に着手しました。

こうして延宝2(1674)年に鉄文の指導のもと本堂以下諸堂の再興が成り、その落慶法要が営まれました。このとき書いた「鉄文禅師開堂法語」が福厳寺に伝わっています。

書道家として

鉄文禅師は、能書家としても知られています。その墨蹟は柳川の福厳寺に多数残されています。前に挙げた『鉄文禅師開堂法語』のほかに六曲一二双の大屏風(詩偈・しげ)や鉄文和尚肖像画の「自賛」、そのほか「遺偈(ゆいげ)」「臨終偈」「詩偈」などもあります。また、みやま市の江月寺にも「詩偈」が一点伝わっています。

貞享5(1688)年9月13日、隠居先の倉永法雲寺(現、大牟田市)にて静かに永眠しました。享年55でした。


続きます。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「5月22日 みやま市定例記者会見の要旨」

「5月定例学習会は、板橋県議を招いたまちづくり懇談会をしました。」   「⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)」                
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-25 20:30 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
平成27年 柳川孔子祭(伝習館高校内)・千寿の楽しい歴史
平成27年 柳川孔子祭

伝習館高校大会議室    

平成27年5月24日(日)


安東省菴顕彰会主催


a0137997_2003999.jpg



a0137997_2011424.jpga0137997_2013050.jpg


a0137997_202770.jpga0137997_2021935.jpg


伝習館孔子像と釈菜(せきさい)の由来

1・寛文5(1665)年、朱舜水は徳川光圀の招きを受けて江戸へ赴く途中、柳川に立ち寄り、安東省菴に本国から持参した孔子像3体を贈った。

2・宝暦10(1760)年、7代藩主鑑通(あきなお)の内意を受けた家老立花勝兵衛通行の指示により、安東間菴の邸内に聖堂(孔子廟)を建立、藩の学問所を併設して、「講堂」と命名した。

3・宝暦11(1761)年2月、新設の聖堂において釈菜(せきさい)が催された。

4・文政7(1824)年、9代藩主鑑賢(あきかた)の命により藩校伝習館を創立する。

5・文政8(1825)年1月、藩校伝習館を開校する。場所は本小路の稽古所跡。この時、安東邸聖堂の孔子像は伝習館に移された。

6・明治元(1868)年1月、戊辰(ぼしん)戦争の勃発により、藩校伝習館休校(事実上の閉鎖)。

7・明治2(1869)年、北本小路に新たに「文武館」を設立し、藩校伝習館の生徒を収容する。場所は現在の伝習館所在地。孔子像もここへ移された。

8・明治4(1871)年、文武館を閉鎖する。孔子像は柳河城内に移された。

9・明治5(1872)年1月18日、柳河城炎上する。横地武明と門人の山川誠之が焼け跡から孔子像を発見、回収した。孔子像は横地邸で保管することになり、祠に安置された。

10・明治27(1894)年10月、孔子像は横地義一郎邸から西田幹治郎の私塾、金栗の「明倫堂に移されることになった。

11・明治35(1902)年、明倫堂が閉鎖されたので、同年5月、孔子像は旧藩主立花伯爵邸に移されることになった。

12・昭和7(1932)年、孔子像は立花伯爵家から県立中学伝習館へ返還され、同年10月20日に聖像帰館式と孔子祭が挙行された。以後、伝習館では、毎年同じ日に孔子祭が催された。

13・昭和19(1944)年、太平洋戦争中、最後の孔子祭が催された。

14・平成10(1998)年、戦争中断されていた孔子祭が安東省菴顕彰会によって、54年ぶりに復活された。

15・平成132001)年、復活第4回孔子祭は安東省菴没後300年記念行事として、東京湯島聖堂と共催で、東京と柳川の2会場で最大に催された。

16・平成17年4月、「安東省菴子ども塾」を開講する。

17・平成22年11月、「安東省菴塾(大人塾)」を開講する。

釈尊(せきてん)とは、本来、自然の神々や学問、教育の先覚者を祭る儀式でしたが、一世紀に後漢(ごかん)」の光武帝が孔子とその弟子たちを祭る行事を始めてから、「孔子祭」を意味するようになったと言われます。

本式の釈尊(せきてん)には牛・羊・豚など、家畜の生贄を供えますが、それを省略した簡素な儀式を「釈菜(せきさい)」と呼びます。


柳川孔子祭式次第に基づき、講経・素読・講話(教育のたいせつさ)があり食事をして解散する。

ありがとうございました。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「5月定例学習会は、板橋県議を招いたまちづくり懇談会をしました。」

⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)   「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」               
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-24 21:22 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
TNC百道浜クチコミ情報・八女編です。・千寿の楽しい歴史
TNC百道浜クチコミ情報・八女編です。

平成27年5月22日午前9時50分スタート。


a0137997_14342115.jpg



a0137997_14345013.jpg



a0137997_1435756.jpg



矢部屋許斐家    喫茶を7月よりオープン予定。

a0137997_1438356.jpg



a0137997_14395279.jpg



a0137997_1440107.jpg



a0137997_14402781.jpg



a0137997_14404921.jpg



a0137997_1441633.jpg



a0137997_14412628.jpg



a0137997_14414348.jpg



城後仏壇店  伊藤勘助商店の北側です。

a0137997_14422514.jpg



a0137997_14424742.jpg



a0137997_1443560.jpg



a0137997_14432172.jpg



八女美緑園   500円+税で食べられます。

a0137997_14451337.jpg



a0137997_14453221.jpg



a0137997_14455271.jpg



ハオトブレイクカフェ
    
野菜が多い店。約10種類の野菜が食べられます。


a0137997_14474590.jpg



サクラノキ

黒糖きなこのリーフ   1ケ  120円+税です。バウムクーヘンのラスクです。


a0137997_14495441.jpg



a0137997_14501652.jpg



a0137997_14503739.jpg



皆さん、行って食べて見ませんか。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 ⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)

「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」   「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」             
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-22 14:51 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
山下筑水(画家)を紹介・千寿の楽しい歴史
山下筑水(画家)を紹介します。  「みやまの人と歩み」より

画家を志し

山下筑水(やました・ちくすい)本名武一は、明治20(18887)年、三池郡田尻村(現、みやま市高田町田尻)に生まれました。

岩田尋常小学校(現、みやま市立岩田小学校)在学中に図画教師から画才を認められ、卒業後に上京して川端玉章(かわばた・ぎょくしょう)に入門しました。

玉章が永眠した大正2(1913)年には東京美術学校の選科を卒業して、さらに寺崎広業(てらさき・こうぎょう)にも師事し、筑水と号して日本画の研究と修行に励みました。

その間、宮内省(現、宮内庁)に作品が買い上げられ、また宮中の襖に揮毫したり、あるいは旧柳川藩主立花家当主・立花寛治(たちばな・ともはる)の還暦を祝して「双鶴図(そうかくず)」を納めるなど、栄誉ある機会が続きました。

筑水は、山下伊勢吉の養子となり、妻マシノとの間に博之が生まれました。博之が熊本県立工業学校(現、熊本県立熊本工業高等学校)を卒業し、就職のため中国東北部(旧満州)へ渡航する際、それに合わせて家族で移住しますが、気候風土の激変のため筑水は悪性感冒にかかり、大正10(1921)年、わずか35年の生涯を閉じました。

筑水の作品

筑水の画家については、文展・帝展(ていてん)などの官展や日本美術院(院展)などへの出品歴は見当たらず、そのほかの日本画系団体への出品や所属なども判明していません。

ただ幸いなことに、代表作ともいうべき大作屏風「花鳥図」が故郷に残され、大正期花鳥画の雰囲気をよく伝えています。筑水が本格的な花鳥画に取り組んでいたことを示す郷土が誇る遺作です。

山下筑水  「田尻郷土誌」P236より

山下武一は明治20年、父善三郎、母トキの次男として田尻宮の下に生まれた。幼児より温順でしかも気骨があり、常に人と異なることがあった。

岩田高等小学校在学中に図画の教師・平島先生に才能を認められ、卒業と共に上京して東京美術学校に入り川端玉章の門下生として学んだ。玉章は大正2年に没した。

その後、筑水と号し、寺崎広業に師事し、画道に精進すること11ケ年であった。その間、宮内省からお買い上げの光栄に浴し、また宮中の襖に雄筆を振るうのに光栄をにない、立花公61歳の賀の祝いに一幅を納めた。(双鶴画、御花蔵庫目録NO6)

帰省や上京は江浦新町の同友永江質吉と同伴であった。柳河旧藩士の十時(ととき)氏と特に親交があり、また野田大塊翁より特に愛顧を受けていた。氏は富豪の名門をこびず、小事にこだわらず、常に悠々として画家としての風格があった。大正初年には江浦の馬場・永江氏招きによって数枚の揮毫を残している。

現在、岩田小学校に当時の代表作、花鳥図屏風を所蔵し、郷土の天才画家の俤(おもかげ)を偲ぶ絶好の筆である。

柳川の美術Ⅰ(p322)とホームページみやま市立図書館(文芸編)にも似たような記事が載っています。


続きます。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 ⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)

「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」   「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」             
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-19 09:06 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
2015テレビでナイナイお見合い大作戦・福岡県八女市
テレビでナイナイお見合い大作戦・福岡県八女市

a0137997_14552281.jpg



a0137997_1456990.jpg



a0137997_14562423.jpg



a0137997_14563912.jpg



a0137997_14565553.jpg



a0137997_14571080.jpg



a0137997_14572738.jpg



a0137997_14574189.jpg



a0137997_14575819.jpg



歓迎

a0137997_1512972.jpg



a0137997_1515295.jpg



a0137997_14583180.jpg



a0137997_14591039.jpg



a0137997_14592547.jpg



a0137997_14593942.jpg



a0137997_150311.jpg



a0137997_153184.jpg



a0137997_1533243.jpg



a0137997_1535311.jpg



お見合い開始   個人的なことはありません。

a0137997_1544490.jpg



a0137997_1553662.jpg



a0137997_1555320.jpg



a0137997_1561382.jpg



a0137997_1562865.jpg



a0137997_1564586.jpg



ありがとうございました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 ⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)

「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」   「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」             
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-17 15:07 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
2015八女茶と他の物流による町の発展の歴史・千寿の楽しい歴史
八女茶と他の物流による町の発展の歴史    

平成27年5月12日放送分

RKB磯田久美子の地名ヒストリー 今日感テレビで放送


a0137997_11454278.jpg



栗原製茶にて八女茶を味わう 八女市矢部村

a0137997_11145755.jpg



a0137997_11163318.jpg



a0137997_11165316.jpg



a0137997_1117163.jpg



a0137997_11173619.jpg



a0137997_11175877.jpg



八女茶の生産地

a0137997_1119223.jpg



a0137997_11194551.jpg



a0137997_1125950.jpg



a0137997_1120351.jpg



a0137997_11203814.jpg



矢部屋許斐(このみ)本店     八女市本町

a0137997_11253640.jpg



a0137997_11262378.jpg



a0137997_11264237.jpg



a0137997_1127049.jpg



物流と町の発展

a0137997_11283355.jpg



a0137997_11291632.jpg



a0137997_11293878.jpg



a0137997_1130463.jpg



a0137997_11302353.jpg



a0137997_11304561.jpg



[#IMAGE|a0137997_11311739.jpg|201505/16/97/|mid|580|385#


a0137997_11313726.jpg
]


平和のシンボル   八女市星野村

a0137997_11323916.jpg



a0137997_11351034.jpg



a0137997_11353327.jpg



a0137997_11355313.jpg



a0137997_11361134.jpg



a0137997_11362935.jpg



a0137997_11364710.jpg



有難うございました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 ⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)

「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」   「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」             
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-16 11:37 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
2015「八女」の由来・磯田久美子の地名ヒストリー・千寿の楽しい歴史
「八女」の由来     

平成27年5月12日放送分

RKB磯田久美子の地名ヒストリー 今日感テレビで放送


a0137997_13482382.jpg



a0137997_13484658.jpg



a0137997_1349473.jpg



この人に聞く「八女」の由来

a0137997_13503869.jpg



a0137997_13505363.jpg



a0137997_1351884.jpg



八女津媛神社を訪ねて  八女市矢部村神の窟(かみのいわや)

a0137997_13552397.jpg



a0137997_13555714.jpg



a0137997_13561685.jpg



a0137997_13563150.jpg



a0137997_13564663.jpg



a0137997_13571816.jpg



a0137997_13574261.jpg



a0137997_1357596.jpg



a0137997_13581557.jpg



a0137997_13583594.jpg



a0137997_13585459.jpg



「八女」の由来 イソダ先生講義

a0137997_13594140.jpg



a0137997_1402035.jpg



a0137997_1403750.jpg



a0137997_1405552.jpg



「八女津媛」公募 八女市観光振興課

a0137997_1422132.jpg



次回は「八女茶」へ続きます。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 ⑨みやまの直近ニュースと出来事(平成27年5月上旬)

「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」   「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」             
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-15 14:03 | 筑後地方の観光と魅力 | Comments(0) |Topに戻る
荒尾の家の修理とコロンちゃん・千寿の楽しい歴史
荒尾の家の修理とコロンちゃん    

平成27年5月13日(泊まり)~14日

5月13日の午後5時から、家の北側のコンクリートと壁及び車庫の壁を高圧水を出しながらデッキブラシで妻が擦りながら洗浄する。

水道の蛇口のパッキン修理のため荒尾シテーィモールへ買い物に行く

a0137997_21283021.jpg



隣りの家から伸びた「つるくさ」を隣りの住人に聞いてから、家に侵入した分だけを切り除く。

5月14日午前5時起床してコロンちゃんの散歩に行く。

a0137997_2120010.jpg



食事前に家の北側の壁塗り

a0137997_21292351.jpg



a0137997_2129405.jpg



朝食後に車庫の壁塗り

a0137997_2131248.jpg



屋根にあがり、屋根下の板塗り

a0137997_21325954.jpg



屋根の上からの風景(南側はグリーンランド、北側は緑ケ丘小学校)

a0137997_21354458.jpg



a0137997_2136863.jpg



屋根上から荒尾の家の庭(南側)の風景

a0137997_2137796.jpg



a0137997_2138214.jpg



a0137997_21383843.jpg



a0137997_21391695.jpg



妻は植木と梅などの消毒と剪定をしました。

a0137997_21393226.jpg



コロンちゃんの2度目の散歩風景

a0137997_21403024.jpg



a0137997_21431131.jpg



a0137997_21442564.jpg



a0137997_21444420.jpg



a0137997_2153243.jpg



a0137997_21511285.jpg



a0137997_2151404.jpg



a0137997_2153521.jpg



a0137997_21549100.jpg



午後からテラスの塗装、妻は母を連れて買い物に行く。

午後4時頃から荒尾を出る。午後5時に帰宅する。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」

「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」   「平成27年度みやまいいまち会定期総会を開催しました(4月20日)」           
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-14 21:47 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る
高田町の人物・荒木岩次郎(製蠟)の紹介  みやまの人と歩みより
高田町の人物・荒木岩次郎(製蠟)の紹介  

みやまの人と歩みより

ハゼ燃える国

元禄年間(1866~1704年)、柳川藩はハゼの植林を促進し、蝋の生産を
(はぜもみじ)」せい)を布告しました。

みやま市高田町江浦の大坪家には、安政2(1855)年から明治11(1878)年までの「売仕切覚」などが保管されています。この文書群の中に、江浦の角屋(大坪)儀兵衛が白蝋24箱(正味2019斤・122kg)を長崎油屋町の山口屋駒之助へ、矢部川河口域の徳永河港から移出し、その代金270両を、山口屋が角屋に支払ったという内容の記録があります。

江浦の角屋が長崎へ移出した「白蝋」は、どこで製造されたのでしょうか。

角屋の安政2年「売仕切」を遡ること5年の嘉永3(1850)年、江浦町吉原の荒木岩次郎が生産を始めています。

荒木製蠟で製造された「白蝋」を、江浦の廻船問屋・角屋儀兵衛が買い付け、長崎の山口屋駒之助に出荷したのです。

北原白秋の『思い出  抒情小曲集』に「櫨の実」という詩があります。筑後はハゼ燃える国です。

雄大な耳納(みのう)連山の北麓(ほくろく)、久留米市山本町には、紅に燃える柳坂曽根のハゼ並木が帯状に広がり、晩秋の風物詩として人びとの心を紅に染めます。そして「櫨紅葉(はぜもみじ)」は、秋の季語として用いられています。

a0137997_11295221.jpg



葉が落ち始める11月の半ば、その実は収穫され、荒木製蠟に運ばれてきます。

みやま市域でも飯江(はえ9川や大根川の堤防沿い、楠田(くすだ)の里山などでは、ハゼが色づき、晩秋から初冬への季節の移ろいを覚えます。

筑後地方から肥後の南関・玉名にかけて収穫されるハゼの品種は「伊吉櫨」とい
で、色艶がよく良質なハゼの実です。宮崎の西都市(さいとし)で収穫されるのは「葡萄櫨」という品種です。

荒木製蠟の天井の高い倉庫には、この3つの品種を品種ごとに、それぞれ麻袋に詰め、積んでいます。(ここで3年間、保斬してから製蠟します。)


ハゼの実から白蝋(はくろう)へ

初代岩次郎のあと、順治が家業を継ぎ、3代目岩次郎が昭和10(1935)年5月1日、資本金100万円で「荒木製蠟合資会社」を創立し、社長に就任しました。

木蝋生産の最盛期は幕末から昭和初期で、灯火として輝いたロウソクや日本髪・大相撲力士の「びんつけ」の需要が多かったのです。

a0137997_11305184.jpg



3代目岩次郎が合資会社を創設した昭和10年ごろには、木蝋は二次加工によって口紅などの化粧品や医薬品のカプセル、クレヨンの原料、高級家具の艶出し、ロウソクの原料、蝋纈(ろうけつ)染めの加工用などに使用されています。

そして、これらの原料や加工品は、国内では北陸・関東・関西などに出荷され、海外では欧米・中近東などに輸出されました。

全国では20数社あった製蠟業者が組織化され、「日本木蝋商工業協同組合」が創立されました。当初、佐賀に組合事務所が設置され、組合長は中村氏でしたが、組合事務所が高田町江浦に移り、3代目岩次郎が就任し、木蝋業界の発展に寄与しました。

ロウソクが安価な石油系のパラフィンで作られるヨウニナリ、ハゼの実から作る櫨蝋の生産は減少傾向にあります。

20数社あった「日本木蝋商工業協同組合」の製蠟所は、現在、荒木製蝋合資会社を含め、5社になっています。中川製蝋所(福岡県うきは市吉井町)・本多木蝋工業所(長崎県南高来郡有明町)・喜多製蝋所(愛媛県喜多郡長浜町)・セアリカNODA(神奈川県愛甲郡愛川町)。荒木製蝋合資会社です。

和ロウソクは、パラフィン蝋よりも炎が太く、温かな炎は、時折揺らぎを見せ、その神秘的な光は心を和ませてくれます。









みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「⑧みやまの直近のニュースと出来事など(平成27年4月下旬)」

「5月 みやまいいまち会 学級活動につて(案内)」   「平成27年度みやまいいまち会定期総会を開催しました(4月20日)」           
         
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

久留米の廬山(ろざん)で楽しみ方を紹介

久留米の季楽 廬山(ろざん)の石焼き膳紹介

私の目標   皆さんに感謝します。
by kusennjyu | 2015-05-09 11:32 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る