千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2015三池街道(三池町と三池新町)大牟田市・千寿の楽しい歴史
三池街道(三池町と三池新町) 大牟田市

三池町 旧柳川藩領

a0137997_1151551.jpg



地図の一番下付近が藩境です。標識の南側に東西に道路があり水路が畉田されていますが、この水利で藩境になっちました。

弥剣(やつるぎ)神社

弥剣神社鳥居と宮地嶽神社鳥居が並んで建つ。 弥剣神社右側の倉庫に大蛇山山車が収納されている。
三池の弥剣神社(祇園さん)の祭りは、例年1月15日に行なわれます。

臼かぶり行事は明治元(1868)年、三池の上町、寺町(明正寺付近)に80戸が焼失する大火があり、火災よけ行事として始まった民間行事です。
青壮年の臼かぶりは、70Kgもある大臼に挑戦。ほら貝を合図に臼を持ち上げて水を頭からかぶり、空になった臼を後方に放り投げます。

明正寺(みょうしょうじ)

この寺の境内に、昭和42年、市の文化財に指定された「明正寺六地蔵幢」があります。
いつ頃のものか「仏師周養」の作者銘からみてもだれの作かよくわかりません。

願敬寺(がんきょうじ)

この寺は万治3(1660)年、吉弘宗念(よしひろ・そうねん)が建てました。
宗念は豊前の武士で、立花家の紋を許されていました。

安照寺(あんしょうじ)

三池藩主(種周)が文化3(1806)年、奥州下手渡(しもてど)へ国替えになり、再び三池新町に帰って来たのは嘉永4(1851)年の正月で、その時この安照寺が宿泊所となり、陣屋復興の総本部でした。山門は石炭長者・藤本伝吾邸の門です。

藩境付近

a0137997_19585559.jpga0137997_19592354.jpg


a0137997_19594259.jpg



a0137997_200157.jpg



三池陣屋跡  旧藩主住居の玄関遺構(東向き)のみが現存する。

a0137997_11561730.jpg



a0137997_11571099.jpg



a0137997_122476.jpg



a0137997_123255.jpg



今の三池小学校運動場の西端に、石段だけが残っています。そこが三池陣屋の大手門跡です。
嘉永4(1851)年、下手渡の一万石のうち三〇七八石を返上し、代わりに三池郡五カ村(新町・今山・稲荷・下里・一部)五〇七一石を再び領することになりました。

三池新町(現在の大字新町)~陣屋の西側一帯。
三池本町(現在の大字三池)~昔からの宿場町。

明治22年以前の三池郡内は、三町(新町・三池町・江の浦町)五十一箇村です。

立花兄弟生家跡

a0137997_1252364.jpg



三池藩主最後の家老、立花碩(藩主の分家)は7人の子福者であり、長男小一郎、三男銑三郎は特に秀でていた。

兄は藩校修道館、弟は御木小学に学び、長じて小一郎は陸軍大将のち貴族院(現参議院)議員となり、銑三郎は学習院教授に就任したが、欧州留学の帰途、船上で亡くなった。チャールズ・ダークウィン著「種の起源」の我が国最初の訳出者でもある。
                   
昔の水路遺構とめがね橋

a0137997_11535498.jpg



a0137997_11543561.jpg

 

三池陣屋跡(現三池小学校運動場)より南へ100mほど行ったところを流れている堂面川に架かかっている橋を「陣屋めがね橋」といいます。

三池藩で「早鐘めがね橋が架けられたのが、延宝2(1674)年です。
元和7(1621)年説には少し無理がありますが、木造の橋だったらうなずけます。
立花種周(たねちか)が、三池郡五カ村を再び領するようになった頃の嘉永5(1852)年とも云われています。

この橋の石材、石工はすべて檪野(いちの)です。

新町 旧三池藩領

a0137997_1242271.jpg



新町は文禄4(1595)年、高橋直次(初代三池藩主)に与えた領地の朱印状の村名には、町、大間、ひらの、高泉、今山とあります。
元和7(1622)年、二代藩主種次が、常陸国柿岡(現茨城県八郷町)から一万石で三池十七カ村に復帰した時には「新町」はあります。
そして「新町に陣屋をつくる」とありますので、三池町より分かれて、陣屋一帯を新町と呼ぶようになったと思います。

寿光寺(じゅこうじ)

ここは大字歴木(くぬぎ)東内畑で、この寺の山門は、もとの陣屋の正門で、明治9年にここへ移しました。
この寺は河内国(現大阪府)の高木九郎という人が僧となって建立したということです。

三池新町弥剣神社

旧三池藩に属し、田町の祇園さんとして親しまれている。
当社の大蛇山を飾る山車(御前山)の龍の彫刻は特に有名。
延宝年間、早鐘眼鏡橋の完成に伴い住民の協力に対し藩主立花種恭公が下賜されたものである。
毎年7月第4土・日には大牟田夏まつりが盛大に催され当社の大蛇も街を練り歩く。

古地図の新町と三池町

発生と藩領のことなる新町と三池町

三池の町は、大きく新町と三池町に分かれています。江戸時代には新町が三池藩領で、三池町は柳川藩領でした。

三池の真ん中で藩がことなり、違う殿様が支配していたのです。また、新町は元和7(1621)年に三池立花藩成立の時に陣屋とともに町立ちされたもので、三池町はすでにそれ以前の中世に成立していました。

新町は、標高18mほどの地点に直線的な道に直角に家並みが整然と並ぶのに対して、三池町は標高16から18mの起伏があり、曲線を描く道に町並が雑然と並んでいます。また、三池町の東西には堀がめぐらされ防ぎょが施されている点も興味深い点です。

江戸時代に作られた新町が計画的であるのに対して、中世の三池町はあまり計画性がありません。

三池の町は、発生の時代と藩領のことなる新町と三池町の二つからなり、そしてそれぞれにユニークな町並が作られているのです。

三池の町を古地図でさるくばい。

それでは北から南へさるくばい。古地図の番号と説明は同じです。

a0137997_1149722.jpg



⑪三池の町の北の出入口です。柳川藩の高札場があり、土塁がありました。

⑩三池町の祇園神社です。三池の町に大蛇山が二つあるのは、三池藩であった新町と柳川藩の三池町があり、それぞれに祇園神社があったからです。

a0137997_11502560.jpg



⑨三池初市の発祥と考えられる妙見宮です。

➇大間城に行く道です。この付近が、三池新町ができる前までの三池の中心であったと考えられる。

⑦柳川藩の本陣です。江戸時代の末期に日本地図を作った伊能忠敬は、この柳川藩の本陣に泊まりました。

⑥ここの小さな川が三池藩と柳川藩の境界でした。町の真ん中に藩境があるといい全国的に見ても特異な町です。この付近には、古い商家の家並みが続いています。

⑤三池藩の本陣跡です。本陣は、江戸時代に幕府の役人や大名が泊まる施設でした。この周りには、馬や荷物を管理する施設もあったと考えられます。

④大牟田へと向う交差点です。三池小学校へ行く道は、なかったことが分かります。ここには、三池藩の高札場がりました。高札場とは、町の規則や犯罪者の似顔絵などを貼り出した現在の掲示板です。

a0137997_1151511.jpg



③堂面川に架かる田町橋の前で、もう一度曲がっています。ここも兵隊が隠れる場所でした。また、戦いの時には堂面川の田町橋を壊して渡ることが出来ないようにしました。陣屋町には、このような防御を考えた町作りが見られました。田町橋の南づめの東側の家には、壁の漆喰に「砥石屋」の名前を見ることができます。

➁今は、熊本県荒尾市へと抜ける道路は、真っすぐに進んでいますが、昔は大きく曲がっていました。いざ戦いが起こった時に、町の中の様子が分からないように、わざと道を曲げていたのです。道が曲がったところに兵隊が隠れ、敵を攻撃しました。

①三池新町の祇園さんの付近です。三池の夏まつりの大蛇山をまつる神社です。江戸時代には、この前の道が筑後国と肥後国を結ぶ「三池往還」でした。また、明治になってからは「三池街道」とも呼ぶようになりました。

                            
ありがとうございました。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「10月定例学習(出前講座 高田拠点地区活性化計画)について」

「みやまの直近ニュースと出来事(H27年10月上旬)」 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」 

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-25 06:17 | 三池街道 | Comments(0) |Topに戻る
2015三池街道(渡瀬町)・みやま市高田町・千寿の楽しい歴史
三池街道の渡瀬町  みゃま市高田町下楠田

旧柳川藩時代の「在町」13の中の一つです。三池街道の中では、中島町(柳川市大和町)・江浦町と渡瀬町(みやま市高田町)・三池町(大牟田市)の4つがあります。

「在町」は柳川城下を出れば田舎ですが、在町は沢山の商店があり宿屋・風呂屋・製造業者がいて、街だけで生活が出来る組織体となっています。

渡瀬町家並み図・渡瀬の町は『宿場町』  

明治40年頃の渡瀬町

a0137997_9195168.jpg



明治時代の家並み図が上のものです。

商人宿、旅籠屋、木賃宿が7軒。車力屋、馬車屋、車屋が10軒。桶屋、米屋、菓子屋、呉服屋、味噌醤油屋、鍋屋、床屋等々が軒を並べて、大変な賑わいぶりが分かります。

宝塔を過ぎて渡瀬北町に入った所に二川村役場跡』 の刻字の門柱がある。
二川村役場跡と料亭 堺屋が向かい合って建っていた。

明治22年4月、上楠田村、下楠田村、濃施村を合併して二川村となった。区域内に楠田川と唐川(からこ)の二川貫流していることから二川村と命名されたそうである。

明治22年の人口と戸数と平成元年(100年後)の比較

上楠田  752人・136戸  769人・193戸     
下楠田 1217人・230戸 1734人・490戸
濃 施  475人・ 84戸 1745人・477戸
合 計 2444人・450戸 4248人・160戸

昭和6年10月に岩田、二川、江浦の三ケ村が合併して高田村が誕生するまでの40年間を、この門柱の奥の建物で行政がなされたのである。

a0137997_9354939.jpg



堺屋前の三池街道と産業道路記念碑(八剣神社境内) 昭和9年に開通する。
三池街道は堺屋前を通り過ぎると国道208号に出て三池街道と市堺まで同じである。

商人宿 松尾屋  現在は『止宿人名簿』の1冊だけが残っている。

a0137997_936398.jpg



a0137997_9365632.jpg



a0137997_9371376.jpg



a0137997_9373056.jpg



八剣(やつるぎ)神社 

渡瀬祇園大蛇山(北町の囃子組)  昭和40年代

a0137997_9393774.jpg



渡瀬祇園での大名行列  大正時代か昭和初期

a0137997_939533.jpg



産業道路記念碑  八剣神社境内にあり、昭和9年に開通する。

a0137997_10355414.jpg



三里石   「三里 江浦町通」と刻まれている。

渡瀬南町福正寺参道入口(国道横)

渡瀬南町福正寺の参道入口に、石の標柱がある。これが藩政時代の三池街道筋に建てられた道標である。
地上高さ140cm、巾30cm角の砂岩石柱で、正面上部に『三里』と刻まれ、下部にやや小さく『江浦通』と刻まれている。
この石は地上80cm余りの個所で折れているものの、復修されて原形を留めているのは何よりの幸である。

a0137997_9471744.jpg



福正寺

福正寺は寺小屋を開かれていたし、すぐ前の家は、二川小学校が開設された所である。

倉永へ行くには、干潮時を利用して隈川の浅瀬を渡ったので、後にこの辺りを『渡瀬』と呼ぶようになったと言われている。今日でも、倉永と渡瀬を結ぶ橋名は『干渡橋』と名付けられている。

隈川の干渡橋と横の水門

この付近一帯は海辺の一帯でした。昔、干渡橋がなかった頃は、潮が引いた時に、裸足で渡ったことから干渡の地名が付きました。みやま市が渡瀬で瀬を渡った所です。隈川の干渡橋と横の水門の間を渡っていた。

次は三池町を紹介します。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「10月定例学習(出前講座 高田拠点地区活性化計画)について」

「みやまの直近ニュースと出来事(H27年10月上旬)」 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」 

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-24 09:19 | 三池街道 | Comments(0) |Topに戻る
2015與田準一児童文学まつり・千寿の楽しい歴史
與田準一児童文学まつり

平成27年10月18日(日)午前10時開会

瀬高公民館  大ホール


a0137997_19522036.jpg



a0137997_19532818.jpg



受付

a0137997_19535433.jpg



a0137997_1955771.jpga0137997_19551942.jpg


a0137997_19554058.jpg



会場内

a0137997_19562191.jpg



a0137997_1957086.jpg



a0137997_19572867.jpg



a0137997_19574554.jpg



リハーサル

a0137997_19581976.jpg



a0137997_195921.jpg



a0137997_19592144.jpg



発表

a0137997_2001649.jpg



a0137997_2005584.jpg



市内小中学校から754点の詩が集められ、その中から118人の入賞者がありました。

與田準一児童文学賞 本郷小学校 松本さん   題:あさがお さいた

学校賞 19名 ・学年賞 9名 ・佳作  89名


記念写真

a0137997_2022732.jpga0137997_2024964.jpg


おめでとうございます。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまの直近ニュースと出来事(H27年10月上旬)」

「みやまいいまち会 10月の活動計画について」 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-20 20:08 | 芸術と文学・童話 | Comments(0) |Topに戻る
2015野原八幡宮大祭に節頭奉納・千寿の楽しい歴史
野原八幡宮大祭   荒尾市野原

平成27年10月15日午前11時から  天気:晴れ

鳥居前での奉納  

樺・府本・平山の三区が奉納する。

樺区奉納


a0137997_1655351.jpg



a0137997_16573548.jpg



a0137997_165753100.jpg



a0137997_1658157.jpga0137997_16583191.jpg


a0137997_1659262.jpg



a0137997_16592224.jpg



a0137997_16594178.jpg



府本区奉納

a0137997_1703520.jpg



a0137997_1710428.jpg



a0137997_17102497.jpg



a0137997_17104610.jpg



a0137997_1711748.jpg



平山区奉納

a0137997_17114286.jpg



a0137997_17122666.jpg



a0137997_17124628.jpg



a0137997_1713539.jpg



a0137997_17132519.jpg



a0137997_17134392.jpg



a0137997_17135943.jpg



a0137997_17142068.jpga0137997_17143651.jpg


神前奉納

a0137997_17151321.jpg



a0137997_17155072.jpg



a0137997_17161096.jpg



a0137997_1716296.jpg



a0137997_17164985.jpg



a0137997_1717845.jpg



a0137997_17172422.jpg



a0137997_17174854.jpg



子ども乗馬

a0137997_17182596.jpg



a0137997_1719599.jpg



a0137997_17192572.jpg



a0137997_17194349.jpg



a0137997_1720149.jpga0137997_17201632.jpg


a0137997_17203687.jpg



a0137997_17205267.jpg



a0137997_1721962.jpg



有難うございました。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-16 08:55 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
2015野原八幡宮大祭・千寿の楽しい歴史
野原八幡宮大祭   荒尾市野原

平成27年10月15日午前中  天気:晴れ

奉納写真と八幡宮由来


a0137997_16212822.jpg



a0137997_16222873.jpg



a0137997_16225612.jpg



a0137997_16231886.jpg



a0137997_16233878.jpg



a0137997_16235562.jpg



七五三  沢山の人ででした。

a0137997_16244343.jpg



a0137997_16252868.jpg



a0137997_16254665.jpg



a0137997_1626123.jpg



a0137997_16262129.jpg



a0137997_16263554.jpg



a0137997_16265635.jpg



a0137997_16271265.jpg



神舞奉納   

神殿に沢山の奉納写真が掲示してある。


a0137997_162756100.jpg



a0137997_16292364.jpg



a0137997_16293740.jpg



a0137997_16295158.jpg



風流奉納

a0137997_16303969.jpg



a0137997_16324139.jpg



a0137997_16325847.jpg



a0137997_16331619.jpg



a0137997_16333869.jpg



次回は節頭奉納を紹介します。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-15 16:34 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
第9回 みやま市総合美術公募展・千寿の楽しい歴史
第9回 みやま市総合美術公募展

平成27年10月11日(日)

まいピア高田 多目的ホール


a0137997_20415387.jpg



書道  友人(奨励賞) 上段左

a0137997_20433538.jpga0137997_2044467.jpg


a0137997_2045897.jpg



写真  友人分2枚含む

a0137997_20464239.jpg



a0137997_204748100.jpg



a0137997_2048792.jpg



a0137997_20483287.jpg



絵画

a0137997_20491098.jpg



a0137997_2049581.jpg



a0137997_20502683.jpg



a0137997_20504786.jpg



ジュニア部

a0137997_20581816.jpg



a0137997_20583817.jpg



a0137997_20585787.jpg



a0137997_20513822.jpg



a0137997_20572195.jpg



a0137997_20574915.jpg



a0137997_20591939.jpg



飯江小学校

a0137997_210953.jpg



a0137997_2103076.jpg



竹海小学校

a0137997_2115534.jpg



a0137997_2124572.jpg



a0137997_213559.jpg



10月15日まで展示してあります。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-13 08:34 | 芸術と文学・童話 | Comments(0) |Topに戻る
2015竹飯稚風流と竹飯花火・千寿の楽しい歴史
竹飯稚風流と竹飯花火  

平成27年10月11日(第2日曜日)  天気:曇り

竹飯八幡宮


a0137997_1016222.jpg



a0137997_10164914.jpg



a0137997_101776.jpg



竹飯稚風流  坐元は門前。  午後10時頃から開始

a0137997_10253498.jpga0137997_10255013.jpg


a0137997_10263180.jpg



a0137997_10264654.jpg



a0137997_1027547.jpg



a0137997_10272631.jpga0137997_10274114.jpg


八幡宮境内にて

a0137997_10284086.jpg



a0137997_10314785.jpg



a0137997_1032789.jpg



a0137997_10322926.jpg



a0137997_10325188.jpg



a0137997_10331556.jpg



a0137997_10334050.jpg



a0137997_10341072.jpg



a0137997_1034307.jpg



a0137997_10345977.jpg



a0137997_10352881.jpga0137997_10355174.jpg


a0137997_10361626.jpg



a0137997_10363497.jpg



花火打ち上げ  午後7時30分から。

a0137997_10373329.jpg



a0137997_10384037.jpg



a0137997_1039264.jpg



a0137997_10392848.jpg



a0137997_10395967.jpg



a0137997_1041697.jpg



a0137997_10413165.jpg



a0137997_10415277.jpg



a0137997_1043079.jpg



a0137997_10432378.jpg



a0137997_10435038.jpg



a0137997_10441393.jpg



a0137997_10444056.jpg






a0137997_1045342.jpg



有難うございました。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-12 10:46 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
竹飯八幡宮放生会奉納花火・千寿の楽しい歴史
竹飯八幡宮放生会奉納花火

平成27年10月11日(日)午後7時30分頃開始

a0137997_2119977.jpg



由来など

起源は、文禄元(1592)年、柳川藩主 立花宗茂公が豊臣秀吉に従って朝鮮の役(文禄の役)に出陣する際、竹飯八幡宮に祈願をし、帰国後に報賽として放生会祭典を執行し煙火を奉納したのが始まりである。その後、徳川時代になり武士が奉納していたが、いつの間にか氏子に引き継がれ、五穀豊穣と村内安全を祈願(仕掛け花火に形を表現)し、現在に至っている。

昔時は、祭りが近づくと、村の青年たちは、小屋入りをし、身を清めて花火の原料となる火薬を調合し、お城の材料となる竹籠などで骨組みを作る。

特に竹飯花火の特色はこのお城にある。“城”は幅3~4m、高さ7~8mの城が7台(現在は2~3台)作られる。

火薬は、和紙に硫黄を包み玉とし、それを適当な間隔に針金で結び付け、これに走りみち火を通す。一度に燃え落ちないよう特殊な技法で手作りした折りたたみ式で、櫓(やぐら)に取り付け、下から徐々に上に広げて行く。

いよいよ祭り当日となると、前日から小路毎に組み立てられた高い櫓に、それぞれ趣向をこらして作られた。

柳川城を始め、大阪城、熊本城など全国の名城が仕掛け花火に取り付けられる。各小路より立てられた櫓は林立して壮観であった。

奉納には順序があって、最初はリームに花火が取り付けられてキリキリ回る中で稲作の吉凶を占う「稲摺り」、次いで各種の「仕掛け」、クライマックスの「城」、最後は大竹に詰められた火薬に点火された火花が吹きだし稲穂を表す「万穂」で終わる。

点火は神くじによって決められる。どの小路が一番に当たるか真剣である。

青年たちは各自提灯を持ち、これに神火を移動させ、ホラ貝の合図で地雷が炸裂。神火でみち火に点火される。櫓に取り付けられた城は。爆発音とともに、折りたたんだ結び目が次々に焼きほぐれ、吊り上げられて、赤々とした全容が夜目にくっきり浮かび上がる。同時に裏打ち(ヨコボロギ)がけたたましく数十発同時に打ち上げられる。花火のクライマックスである。

戦時中は一時中止となったが、物資不足の昭和23年には、早くも復活し、現在に至っている。

現在行われている花火の規模は昔時の面影はないが、小規模ながら伝統の面影を残している。これは武士の戦勝祈願から村民氏子の豊作祈願、悪疫退散など素朴な祈りは、ショー的要素がなく、かえってそれが古い伝統を保存して来るのに役立ったと思われる。竹飯花火は、単なる道楽的なものではなく、農民の生活と密接に結びつく農作物の豊作という祈りがこめられていることが、今日まで続いている大きな原因となっていることは言うまでもない。

なお、昔時は仲秋名月の晩、神社前広場で行われていたが、その後、危険防止と交通事情のために竹飯橋付近に移り、さらに十月十日に八幡宮北側の農道に、現在は第2日曜日に場所を同じくして行われている。

ちなみに、以前は青年たちの手によって作られていた伝統の仕掛け花火も、青年の減少、時代の変遷により、現在は花火師に製作を依頼している。

見学に来て下さい。お待ちしています。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-08 21:12 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
竹飯稚児風流(たけいちごふうりゅう)・千寿の楽しい歴史
竹飯稚児風流(たけいちごふうりゅう)

平成27年10月11日(日)に坐元から行列で竹飯八幡宮へ入り、境内で行われます。

風流は平安時代から起こり、当初は装飾とか意匠とかの意味であったが、後では舞踊の形に変化し、猿楽能楽が盛んになるに従い、一般大衆の中に行われるようになった。従って風流は庶民的な祭事である。
 
又、風流には信仰が伴っていて、五穀豊穣、螟虫消除、悪疫退散の祈願が含まれている。江戸時代以降各地の秋祭りには風流が盛んに行われた。特に筑後には風流の行事が多い。

竹飯八幡宮の稚児風流の由来は記録がないので定かではないが故老の言い伝えによると、旧柳川藩時代、村の青年たちが、田植えが終わって、氏神(八幡宮)に詣で東竹飯、西竹飯に分かれて、田圃を鐘や太鼓を打ち鳴らして巡り、稲虫、風除けの祈願をしたのに始まるとのことである。 

鐘一個あり、太鼓二台、大太鼓の胴の内部に「天宝九年謹作」とあり、明治時代になり秋祭りの
にみ(神幸祭に奉仕するようになった。

竹飯の風流は子どものみ(4歳から11歳までの男子であったが、最近では少子化のために女子も参加する地区がある。)で奉仕するところに特色がある。頭にヘラの木の皮で作った赫熊(しゃぐま)をかむり、男女両様の和服姿に赤青等のタスキを掛け、前垂れ脚絆、手甲、草履がけで輪になり、大太鼓を叩いて舞う。

赫熊と大太鼓は神霊の依座を表現する。太鼓の打方(曲)は行進と停止の場合の二通りがある。鉦は大人が拍子に合わせて叩く。

現在は10月10日に行われていたが、昨年から第2日曜日に変更になっている。又、座組が7組あり、順番に当番となる。


a0137997_2127281.jpg



a0137997_21275425.jpg












みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「みやまいいまち会 10月の活動計画について」

 「⑱みやまの直近のニュースなど(平成27年9月下旬)」

「福岡県議会定例会 代表質問を傍聴しました。(平成27年9月29日)」

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史
by kusennjyu | 2015-10-06 21:15 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る