千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
<   2016年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
|Topに戻る
2016山幸彦海幸彦縁起絵巻(天井絵)の解説巻二・千寿の楽しい歴史
山幸彦海幸彦縁起絵巻(天井絵)の解説

肥前一宮 與止日女神社

巻二 弟、老人の勧めにより駕籠に乗る。

老人は問いかけた。「なにやら心配事のご様子。ひとつ、このじじにお話しになってくださいませ。」

その声は地獄で仏と聞いた弟は、事のあらましを告げた。「ひどいお兄様でごじますな。たかが釣針一本で。ようし、私が探してげましょう。」

a0137997_21364139.jpg



場面 十六~十八

偶然にも行き会った二人は、話し込んだ。竹杖に顎を乗せた老人は、弟の話にうなずいた。

「ともかくも、この駕籠の中にお座りなさい。座ったら両眼を固く閉じて、私が合図するまでは決して開けてはなりませんぞ。」

言われるままに、弟は駕籠の中に座った。

堅く目を閉じた弟が我に返ったときには、すでに海底に到着していた。水底とはいえ、これは竜宮国。

海辺近くには怒涛が荒れ狂っている。ザザザと寄せては返す波が海鳴りの音とともにうるさく聞こえる。

a0137997_21305496.jpg



海底の竜王の宮殿に到着

場面十九

海辺では、駕籠の上に、目を見開いた弟と老人。

「さあ、あそこに行って、事の次第を申し述べるがよい。きっと、釣針が見つかりますよ。」とひと事、言葉を残した老人は一瞬で姿を消した。

場面 二十

霞がたなびく中に竜王宮の門が見える。立派な塀を巡らし、宝石をちりばめたような石畳。立派な丹(に)塗りの楼門が立っている。屋根の下の複雑な彫り物がその威容を充分に伺わせている。

弟は,目にも鮮やかなこの門に魂を奪われる思いであった。が、老人の教えに従って、一歩一歩、門に近づいていった。

場面 二十一

弟は、こわごわ門の中に入っていった。すると、辺りには、えもいわれぬ芳香が漂っている。「おや、ナンデあろうかと見回すと、門の傍らに美しい女性が立っている。髪上げをした唐装束の美女であった。呼び止められた弟は、彼女の前に跪いた。

a0137997_21312572.jpg



場面 二十二

瑠璃色の瓦を葺き分け、複雑な技法をこらした宮殿の建物が立ち並んでいる。

樹海の中に夢のように浮かぶ楼門。金銀珠玉をちりばめた土台が見え、豪壮な竜王宮のたたずまいが見事であった。

場面  二十三~二十四

樹幹によりかかる美女。彼女もまた竜王宮の女官であろう。美麗な唐衣装がまばゆいばかりに辺りの林間美に景観を添えている。

a0137997_213246.jpg



弟、竜王宮に導かれる。

場面  二十五~二十六

弟の話を聞き終えた女性は、館の中に消えた。が、すぐに出てきた。

「どうぞこちらへ」というので宮殿の奥深くへ進んだ。

場面  二十七

最初の門に比べて十倍は美しいという中門をくぐる。門の傍らに女がいる。先の女にも増して美しい女性である。

先ほどと同じようなことを尋ねる。同じ返事をする。

a0137997_2132372.jpg



場面  二十八

「では、どうぞ。」と中に招かれた。中門をくぐり抜けた弟は、美女の案内によって、竜王の宮殿に進む。

場面  二十九

竜王の面前。左右には高官の姿が見える。異様な魚の形をした冠をかぶり、顎ひもを掛け、派手な衣装を着飾った一人が、語りかけている。

が、竜王の目には、目ざとく見慣れぬ弟の姿を捉えている。

場面  三十

霞の海を隔てて、宮殿の壮大な屋根がいくつも見える。


巻三に続きます。







みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「第3回 Xマス和キャンドルナイトのご案内」

「⑳みやまの直近のニュースと出来事など(平成26年12月~16日)」    「Xマス和キャンドル作り体験教室への参加、ありがとうございました。」                
 
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

私の目標   皆さんに感謝します。

by kusennjyu | 2016-10-28 21:38 | Comments(0) |Topに戻る
2014湯布院旅行(コロンちゃんの旅日記・19日の帰り道)・千寿の楽しい歴史
湯布院旅行(コロンちゃんの旅日記・19日の帰り道)   

平成26年12月19日 天気:晴れ

湯布院→夢の大吊橋へ    

山荘を午前10時半頃に出発する。ぐるっとくじゅう周遊道路を通る(九重町田野を通過)

お父さんがお姉ちゃん(運転者)に、『スピードを緩めて、急ブレーキは危ない』と言っている。

a0137997_20113737.jpga0137997_20115838.jpg


夢の大吊橋   

私は入場禁止になっちました。お母さんと姉ちゃんが渡る。お父さんと私は橋が見える高台で待っていました。   

a0137997_20163425.jpga0137997_20164872.jpg


a0137997_2017613.jpga0137997_20172320.jpg


a0137997_20175134.jpga0137997_20182236.jpg


a0137997_20184821.jpga0137997_2019559.jpg


a0137997_20195070.jpg



渡って帰って来たら、午後0時45分で、私を車に置いて、3人で前の食堂で食事に行きました。

夢の大吊橋→豊後中村(国道210号線)へ

九酔渓を通る道で急な下りでカーブが多く危険な所です。

お父さんが、後ろ席のシートベルトをかけ、お姉ちゃんに『ギヤーをL(ロー)にして、急ブレーキを踏まないようにエンジンブレーキでゆっくり行け。』と言っている。  

家に帰って助手席にいたお母さんに聞いたら、「氷の上を通っているようで怖かった」との返事をしていました。

高塚地蔵さん参り

高塚地蔵さんへは行く予定ではありませんでした。

カーナビが右折を指示しました。お父さんは『真っすぐが国道210号線』と言います。

お姉ちゃんは、カーナビが言う方向へ曲がります。高塚地蔵さんのインター入り口に来ました。ここまで来たのだからと高塚地蔵さんに参って帰ることになりました。

a0137997_20373535.jpga0137997_20375755.jpg


a0137997_20383167.jpga0137997_20384819.jpg


ここでローソクと線香を3人分買い、私にも煙をかけて身体健全を祈ってくれました。

a0137997_20402261.jpga0137997_20404484.jpg


a0137997_2041969.jpga0137997_2041285.jpg


ここでは私の頭が良くなるように、石を触ってから頭を撫でてもらいました。

ここの地蔵さんは「一つ願いの地蔵さん」と言われており、二つ目の願いは叶うのでしょうか?

a0137997_20422551.jpga0137997_20424058.jpg


a0137997_2043147.jpga0137997_20431997.jpg


失礼します。ちょっとおしっこの場所を探しています。   家の裏側の見えない所でしました。

高塚地蔵さん→日田市豆田町へ。

お父さんは日田市豆田町の天領の町を見物したいと思っています。

お母さんと姉ちゃんは「日田まぶし」を買いたいと思っています。

姉ちゃんがスマホで調べたら、偶然に豆田町にありました。それで行くことに決定しました。

豆田町散策

a0137997_2049062.jpga0137997_20491978.jpg


a0137997_2050690.jpga0137997_20502235.jpg


a0137997_20504156.jpga0137997_20505816.jpg


a0137997_20512518.jpga0137997_20514441.jpg


観光客のお姉ちゃんたちから、『可愛いいね』と言われて、頭を撫でてもらいました。

日田から鳥栖までは高速で。 pan>    久留米の姉ちゃんのアマートへ帰る。

a0137997_20532235.jpga0137997_20533833.jpg


家に帰る。   家で「千屋の日田まぶし」を食べる。

a0137997_20554740.jpga0137997_2056610.jpg


私の旅日記はこれで終わります。ありがとうございました。

山荘の料理と由布岳の景色を見せるそうです。楽しみにして下さい。








みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「第3回 Xマス和キャンドルナイトのご案内」

「⑳みやまの直近のニュースと出来事など(平成26年12月~16日)」    「Xマス和キャンドル作り体験教室への参加、ありがとうございました。」                
 
みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

季楽 廬山(ろざん)

 
私の目標   皆さんに感謝します。

by kusennjyu | 2016-10-28 08:55 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
2016山幸彦海幸彦縁起絵巻(天井絵)の解説・千寿の楽しい歴史
山幸彦海幸彦縁起絵巻(天井絵)の解説

肥前一宮 與止日女神社

この天井絵は與止日女神社が豊玉姫命(與止日女命)を祭神としており、奈良時代に書かれたとされる「古事記」の中に出てくる、ホオリノ命(山幸彦)、ホヨリノ命(海幸彦)の物語を、絵巻風に描いております。浦島太郎伝説の元となっているものです。

皆さんの読み易さに配慮して、解説文の中では、ホオリノ命(山幸彦)を弟、ホヨリノ命(海幸彦)を兄と表現しております。

a0137997_8441898.jpg



巻一 弟が、兄の釣針を借りて失う。

昔、兄弟の神様がいた。兄は、釣りをして暮らし、弟は、山で狩りをして、暮らしていた。

ある日、弟は兄の釣針を借りて釣りをしていた。と、にわかに大きな魚がかかり、糸を切られてしまった。

兄の大事な針を失った弟は、事の次第を兄に報告した。

兄は、「他の針では駄目だ。あの針を返せ。」と責め立てる。困り果てた弟は、失った針を求めて海辺をさまよった。その姿を見た老人が、籠を担いで近寄ってきた。

場面 一~三

なだらかな土手が、高く、低くうち続いている。枝を大きくなびかせた松の間に紅葉が美しい秋の景色である。

頭に桶を乗せた召使いの女が、子どもを連れて道行く姿が見える。

a0137997_845410.jpg



場面 四

浜辺の近くの兄の家。板葺き屋根ながら立派な敷物を敷いたしゃれた建物ある。

弟が兄を訪ね「釣針を貸してほしい」としっこく頼んでいる。

場面 五

家は浜辺伝いに建てられている。近くに砂浜の上では、この家に仕える召使いが魚の料理に余念がない。

まな板を据え、魚籠(びく)や桶に盛った魚を、次々に手際よく料理している。

場面 六

竹上のスノコのする上には、乾物に魚が並べられている。

櫓(ろ)や櫂(かい)、網などが雑然と立てかけらており、樹間には網が干してある。
付近にはサリや蛤(はまぐり)が散乱し、亀の甲羅が転がっている。


a0137997_8455025.jpg



場面 七~九

折り戸を出ると潮騒が聞こえてくる。岩や浜に大波小波が寄せては返す。沖合から海上を吹き渡ってくる風が、ザワザワと松の葉の揺れる音を奏でる。

岩間から這い出した子ガニがハサミを立てて、楽しそうに浜の上を踊っている。

a0137997_846324.jpg



場面 十~十二

兄から釣針を借りた弟は、気負い込んで船を沖合にこぎ出した。糸を垂れるのもつかの間、グッと大きな手応えがあった。

船頭が「旦那様、慌てなさいますな。ゆっくりと引き上げなさい。」というのも耳に入らぬ弟は、大急ぎで糸を手繰った。

「やや、逃がしておしまいになりましたな。惜しいことを。釣糸が切れたのでは、どうにもなりません。さあ、浜に帰りましょう。」と、船頭が力強く櫓を漕ぐ。

舳先では、弟が失った針の言い訳をなんとしょうか考え込んでいる。烏帽子の上に綾傘をかぶった弟は、ますます考え込んだ。

浜の上空を千鳥が悲しい鳴き声を立てながら群れ舞lっている。

a0137997_8471220.jpg



場面十三

やがて、波間に大きな鯛が姿を現した。糸を力一杯に引いたとたんにブツリと切れた。

鯛は水泡だけを残して、深く潜ってしまった。そこで、眼の前の場面に戻さねばならない。

弟は兄に事の次第を説明し、何回も謝ったが、兄の怒りは募るばかりであった。

「私の大事な針じゃ。他のものを千本持ってこようとダメだ。あの針を返せ」とえらい剣幕であった。

場面 十四~十五

弟は困り果てて浜辺を歩き回った。いつしか涙に濡れて泣き顔になっていた。
 
折から、うす黄色の直垂(着物)を着た老人に出会った。

秋の日は暮れかかり、冷たい夕風が吹き始めていた。弟の心は次第に暗くなるbかりであった。


巻二に続きます。







みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-27 08:47 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
2016三池街道瀬高道 秋を探して!千寿の楽しい歴史
三池街道瀬高道 秋を探しに!

みやま文化祭10周年記念行事

平成28年10月23日(日) 天気:雨

午前9時集合~午前11時50分解散

出発前10分講演  講師:半田隆夫

1・福島春岱(しゅんだい)日記

元治元(一八六五)年十一月十二日
「殿様、御家老、番頭列御馬
 瀬高御泊の筈の処差合にて
 三池に御泊」

 殿様とは島原藩主、65900石の松平忠和公
(島原藩最後の藩主)徳川慶喜公の弟
 参勤校地は島原の平港から肥後の長洲港へ船で渡り、三池街道を通り薩摩街道に出る。
 従者約200人の行列だった。

2・肥後国学者 中島廣足 筑紫日記
「倉永村といふにてあやし
 き魚をくしにっしてほした
 るをとへば「  ?    」とぞ
 いふなる。

 上の?はなんでしょう。回答は「わらすぼうお」です。
 この後。村人は「自分たちは食べません。」と答えたと言う。

a0137997_1144269.jpg


成魚は全長40cmに達し、オスの方が大きい。体形はウナギのように細長く、背鰭・尾鰭・尻鰭も繋がる。

体色は青みがかっており、青灰色や赤紫色にも見える。目が退化していて、頭部にごく小さな点として確認できるのみである。

上向きに開いた大きな口には牙が並び、独特の風貌をしているが、噛まれてもあまり痛くはない。鱗も退化していて、体の前半部に円形・後半に楕円形の鱗が散在する。

これらの外見が海外映画『エイリアン』シリーズに登場する宇宙生物の頭部に似ていることから、メディアで採り上げられる際はしばしば「エイリアンのような魚」と比喩される。

a0137997_11145851.jpg



a0137997_11152563.jpg



a0137997_11154778.jpg


 
コース  出発:午前9時30分

案内者:半田隆夫・久保田毅  参加者:約30人

a0137997_11354894.jpg



まいピア高田集合・→追分石(三池陣屋から来て正面に「せたか道」、左横は「やなかわ道」と刻まれている。

a0137997_1119021.jpga0137997_11191931.jpg


今福→岩津→古賀橋の手前から街道を外れて進む→宇津羅姫塚→釣殿宮にて下車し拝殿に上がり説明する。

a0137997_11205873.jpg



参道横の珍樹を探す。  鎮守ではありません。

a0137997_11231696.jpg



西の宮(物部阿志賀野神・大黒さん)  釣殿宮境内にある。

a0137997_11253150.jpg



→鉾楯の杜(ひろたけさん)→こうやの宮(磯上物部神社)は下車し安置されている神像5体を見る。

・世話人の方に連絡して鍵を開けてもらう。ほとんどの方が中を見たことがなく喜ばれた。

a0137997_11285167.jpg



a0137997_11291273.jpga0137997_11292847.jpg


a0137997_11295023.jpg



雨のため説明はバスの中で行う。

R南瀬高駅にてトイレ休憩→国道209号線に出て北上する。→「なかだえ」から再び街道に入る。

二里石

柳川城下の「札の辻」から図り二里の地点である。伊能忠敬測量日記には「枝一里木」を通りと記載されている。

思案橋を越えて下庄宿に入る

三池街道と薩摩街道の追分・「伊能忠敬測量基点之地」石柱が立つ。

a0137997_1135554.jpga0137997_113520100.jpg


a0137997_11365352.jpg



a0137997_11371338.jpg



道の駅みやま→まいピア高田に戻り解散する。


有難うございました。






みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-24 11:38 | みやま市の今 | Comments(0) |Topに戻る
2016第2回コロンちゃんの一泊旅行(帰路の道の駅めぐり)・千寿の楽しい歴史
第2回コロンちゃんの一泊旅行(帰路の道の駅めぐり)

平成28年10月18日  天気:晴れ

娘運転で宿を出発  午前9時30分


a0137997_9553674.jpg



a0137997_9561135.jpg



道の駅天草

a0137997_9584454.jpg



a0137997_959193.jpg



あまくさ村  御土産品店

a0137997_1003412.jpg



a0137997_102194.jpg



a0137997_1024949.jpg



a0137997_103949.jpg



a0137997_1032721.jpg



a0137997_1034822.jpga0137997_1041847.jpg


天草一号橋新橋架け替え工事中

a0137997_1061480.jpg



a0137997_1063050.jpg



道の駅宇土マリーナ

a0137997_10115120.jpg



a0137997_10121231.jpg



a0137997_1012424.jpg



道の駅宇城(うき)

a0137997_10133886.jpga0137997_10135452.jpg


a0137997_1015344.jpg



a0137997_10152440.jpga0137997_10154780.jpg


高速道路 北熊本

a0137997_10173187.jpg



a0137997_1018131.jpg



a0137997_10183131.jpg



a0137997_10184911.jpg



a0137997_10191319.jpga0137997_10193229.jpg


車中

a0137997_10203830.jpg



南関いきいき村

a0137997_10213145.jpg



a0137997_10221163.jpg



a0137997_1022382.jpg



a0137997_10225378.jpg



午後2時30分、無事に帰宅しました。







みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-22 10:24 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
2016第2回コロンちゃんの一泊旅行(朝の散歩)・千寿の楽しい歴史
第2回コロンちゃんの一泊旅行(朝の散歩)

平成28年10月18日  天気:晴れ

1回目の散歩   午前6時から私と一緒


a0137997_20414974.jpg



a0137997_20422928.jpg



a0137997_20425383.jpg



a0137997_20431832.jpg



a0137997_20435020.jpg



a0137997_20441364.jpg



a0137997_20443777.jpg



2回目の散歩  妻と娘と一緒  

潮が満ちてきました。コロンちゃんは近くへは恐がります。


a0137997_20472794.jpg



a0137997_2048117.jpg



a0137997_20482845.jpg



a0137997_2048519.jpg



a0137997_20491272.jpg



a0137997_20494953.jpg



a0137997_2050815.jpg



a0137997_20504150.jpg



a0137997_20505747.jpg



お友達  101号室のお客様

a0137997_20521988.jpg



a0137997_2052478.jpg



a0137997_2053794.jpg



a0137997_20532568.jpg



a0137997_20534029.jpg



a0137997_2054470.jpg



続きます。







みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-20 20:54 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
2016第2回コロンちゃんの一泊旅行(天草)・千寿の楽しい歴史
第2回コロンちゃんの一泊旅行(天草)

平成28年10月17・18日  天気:晴れ

午後2時に娘が仕事から帰宅後に出発。行きは私が運転する。

有明沿岸道路を通り長洲町、熊本市河内、西区小島から国道57号線へ海岸線を行く。

宿は上天草市松島町の藍風亭(らんぷうてい)で5号橋の手前から入り午後5時前に到着する。

今日の宿泊は犬4匹とうさぎ1匹と聞く。一階の海岸横の102号室だった。

宿にて


a0137997_18231350.jpg



a0137997_20523565.jpg



a0137997_20531057.jpg



a0137997_20533990.jpg



a0137997_20541476.jpg



食事  冷酒・ビール(妻)・日本酒熱燗(娘)を飲む。

a0137997_2056459.jpg



a0137997_20571672.jpg



a0137997_20574751.jpg



a0137997_2058419.jpg



a0137997_20582352.jpg



a0137997_20584213.jpg



a0137997_2059290.jpg



a0137997_20591853.jpg



夜景

a0137997_2059446.jpg



a0137997_210252.jpg



明日に続きます。














みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-19 21:05 | 旅行記 | Comments(0) |Topに戻る
2016旧矢部線の地図の旅・千寿の楽しい歴史
矢部線の地図の旅

a0137997_1058953.jpg



矢部線(やべせん)は、かつて福岡県筑後市の羽犬塚駅と八女郡黒木町(現:八女市)の黒木駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。

昭和55(1980)年の国鉄再建法施行により第1次特定地方交通線に指定され、昭和60(1985)年4月1日に全線廃止となった。

なお、線名の「矢部」とは、予定線の終点とされた八女郡矢部村(現:八女市)のことである。

JR鹿児島本線の羽犬塚駅から分岐出発し黒木駅まで19.7km10駅です。


a0137997_10591317.jpg



a0137997_1103314.jpg



a0137997_1105712.jpg



a0137997_111217.jpg



a0137997_1115131.jpg



a0137997_1121745.jpg



a0137997_1124820.jpg



a0137997_1131051.jpg



a0137997_116663.jpg



a0137997_1162715.jpg



a0137997_1164725.jpg



a0137997_1171256.jpg



a0137997_117508.jpg



a0137997_1181124.jpg



a0137997_1184149.jpg



a0137997_119147.jpg



a0137997_1111153.jpg



a0137997_11112323.jpg



a0137997_11114341.jpg



a0137997_1112583.jpg



有難うございました。






みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-19 11:14 | 歴史学習会 | Comments(0) |Topに戻る
2016旧佐賀線の地図の旅・千寿の楽しい歴史
旧佐賀線の地図の旅

平成28年10月15日

佐賀線(さがせん)は、かつて佐賀県佐賀市の佐賀駅と福岡県みやま市(廃止当時、山門郡瀬高町)の瀬高駅を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。

昭和55年(1980)年制定の国鉄再建法により、第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化直前の昭和62(1987)年3月28日に全線が廃止された。

a0137997_9425966.jpg



瀬高駅出発

30代の時は、午後の便で佐賀市まで飲みに行き、最終列車で帰ってきていた思い出がある。

a0137997_9455699.jpg



a0137997_9485724.jpg



a0137997_9492962.jpg



a0137997_9495241.jpg



a0137997_9501720.jpg



a0137997_9503942.jpg



百町駅

a0137997_953588.jpg



a0137997_9535553.jpg



a0137997_954599.jpg



a0137997_954272.jpg



筑後川

a0137997_9555050.jpg



a0137997_9562551.jpg



a0137997_9564797.jpg



a0137997_9578100.jpg



a0137997_957303.jpg



福岡県側7駅と佐賀県側5駅の全長24,1KMの旅でした。

佐賀駅到着 
 

お疲れさまでした。





みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-17 09:58 | 柳川・大牟田・大川の歴史散策 | Comments(0) |Topに戻る
2016九州芸文館SL鉄道博・千寿の楽しい歴史
九州芸文館SL鉄道博

平成28年10月15日午後見学

蒸気機関車(原寸大バンボール模型)

a0137997_1563317.jpg



a0137997_1583573.jpg



D51162展示

a0137997_15102899.jpg



a0137997_1511458.jpg



a0137997_15112253.jpg



a0137997_15114386.jpg



園児たちも見学

a0137997_15122048.jpg



写真展示

a0137997_1513264.jpg



a0137997_15131887.jpg



a0137997_15133612.jpg



a0137997_15135654.jpg



自動車展示(別室にて)


a0137997_15144972.jpg



a0137997_1515719.jpg



有難うございました。





みやまいいまち会 http://blog.goo.ne.jp/8350018 直近アップ

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。


梅野家歴史資料館(有明新報・平成27年1月16日号掲載)

女山史跡森林公園は史跡と紅葉の穴場。

梅野家の庭園(有明新報掲載・平成27年1月15日号)

青輝園   御座敷梅ユリ展

青輝園の御座敷ユリ展・平成27年7月5日撮影分

青輝園のユリをTNCが取材する・千寿の楽しい歴史span>

by kusennjyu | 2016-10-17 06:30 | 出来事・生活 | Comments(0) |Topに戻る