千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2017陣内遺跡(高田町上楠田)・千寿の楽しい歴史
陣内遺跡(じんないいせき) 高田町上楠田 

みやま市史資料編上巻(発行・平成29年3月)

P463~464より

みやま市教育委員会発行 
 

陣内遺跡は、二川地区圃場整備事業に伴い、平成3(1991)年に高田町教育委員会により発掘調査が行われました。

調査では、古墳時代の竪穴式住居跡1棟と土杭2基、奈良・平安時代の8世紀後半~10世紀前半の竪穴住居跡4棟と土杭2基、中世戦国期の空濠が検出されました。特に、9世紀後半~10世紀初頭に比定される3号竪穴住居跡からは鉄鏃をはじめ、ヘラ切りの須恵器坏が一括して出土し、本地域の標式資料となります。また、溝から8世紀ごろの縄目タタキの平瓦が出土しており、上楠田松浦・垣田遺跡の関連が注目されます(文献1)。 

戦国時代の空濠は2条あり、いずれも台地の北側を東北方向に、中央部をU字形に巡っています(図1・2)。空濠の中からは、出土遺物は出土しませんでした。

a0137997_22355992.jpg



a0137997_22371938.jpg



空濠1は長さ約60m以上で、最大幅4.40mで最短の部分で2m、深さ1.6mを測り、断面はU字形を呈しています。出土遺物はありませんでした。

空濠2について平面形はU字形を横にした形で、長さ30mで折り返されます。幅4~8mが島状に残るもので、北側断面で見ると幅4.50m、深さ1m前後を測ります。南側断面を見ると幅が3.7mで北側に比べ若干狭くなっています。深さは南北とも約1mです。断面から2・3回ほど堀り直されています。出土遺物はありません。

a0137997_22382457.jpg



空濠は空濠2の前面に楠田川があるために、二重・三重の防衛線が構築され、守りやすく攻めにくいものと考えられます。北側は9世紀前半の溝状遺構の年代は文献などからこの空濠は15世紀後半~16世紀前半ごろの戦国時代の遺構と推定されますが、時期は確定できません。田尻家文書「田尻鑑種本領村数等覚書」によると、天正10(1582)年の田尻氏関係の城郭は34か所となっています(文献1)。この遺跡と田尻氏の関係については、天正3(1575)年に、田尻鑑種と龍造寺隆信が協力して大友方に組する三池鎮火実を攻めています。このときの詰城として当遺跡が存在した可能性があります。

背景として北側の山を越えた場所には田尻氏の本貫地があり、本遺跡は、三池氏に対する防衛要地であったのではないかと思われます。この遺跡は、田尻城の南に備えた出城の空濠の可能性が指摘されています。


続きます。





みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-08-10 22:39 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
2017西海道跡(みやま市)・千寿の楽しい歴史
西海道跡(みやま市)

みやま市史資料編上巻(発行・平成29年3月)

P445~448より

みやま市教育委員会発行


みやま市内の西海道跡

矢部川以南の西海道の研究については、日野尚志(文献1)・木下了(文献2)の研究があり、この地域の西海道推定線を現わしたのが図4になります。

鶴田中市ノ塚遺跡から南下する西海道は、矢部川を渡河後、女山神籠石の西側の低地部分をやや東寄りの南北方向に直進します。権現塚古墳(円墳で径45M)の東側や発掘調査された野入遺跡と南ノ前遺跡付近を通ることが推定されます。
 
さらに、南下して、条理地割が変化する瀬高町山門のA地点で南東方向に屈折し、そのまま直進します。山川町清水を横切る大根川を渡り、クワンス塚古墳(帆立貝型前方後円墳で約84M)のB地点付近を通過し、C地点の肥後国方向へ向かう飯江川沿いを通るルートが想定されています。

唯一この地域の西海道推定線上で発掘調査され、道路痕跡の可能性がある野入遺跡(文献25)では古墳時代後期の竪穴住居を切る幅50~70cm、深さ20~30cmの1号溝を検出しています。また、南ノ前遺跡(文献25)でも幅30~95cm、深さ20cmの1号溝を検出しています。それらは、共に南北方向を示し、西海道推定線上で検出されていることから、西海道跡の西側側溝の可能性があります。特に南ノ前遺跡では、西海道が廃絶される時期の平安時代末期~鎌倉時代の遺物が出土しています。

この地域の西海道について、木下は駅路の痕跡を求めることはできないとしながら、「山門郡南部の条理がN-33度―Wを示し、飯江川谷の軸に合致するとし、低地では条理に沿い台地ではその延長戦となる直線の駅路が推定される」とします(文献2)。

また飯江川沿いのルートについて、日野はみやま市山川町重冨の小字名で「車地」や大字甲田の小字名「大道ヨリ東下原」が沿うことから現在の国道443号線が古代の駅路を踏襲すると指摘しています(文献1)。

飯江川沿いに西海道が推定された理由には、先に記した「車地」地名の存在があります。「車路・車地」地名は、空中写真や条理地割以外に西海道跡を示す痕跡です。

木下によれば「車路・車地」地名は律令期官道の遺称と見ることができ、『福岡県史資料編』所収の「明治十五年字小名調」には筑後地方で7か所あると指摘しています。久留米市内では野中町字車地・藤光町字車地・荒木町字車路の3か所、筑後市内では大字一条字車地・大字熊野字車路・大字前津字車路の3か所です。残り1か所は、先に記したみやま市山川町重冨字車地になりますが、現在この地点での西海道に関する痕跡は発見されていません。

これら7か所の「車路・車地」地名について、

①筑後・肥後連絡路の最短路に位置する。

②五地点の車地で大字界に接し、直線の部分がある。

③一直線上にあり、御井・三潴・上妻郡の主要条理の方位に合致する。

などを指摘しています。このうち、6か所では西海道跡を確認しており、西海道を推定する上で重要な手掛かりとなります。

そのほかに、西海道は、道路本体だけでなく、付属する施設の一つである駅家の存在も重要になります。市内では駅家の発掘調査は行われていませんが、『延喜式』に5匹の駅馬が置かれた狩道駅が推定されています。この狩道駅の想定地は諸説あり、高田町海津・山川町原町・山川町尾野・山川町清水が想定されています。

特に、山川町尾野は長者原伝説と地名「立石・馬見塚」などからこの場所を駅家の有力な想定地です。段丘の末端に位置して矢部川流域の低地を臨む立地から、葛野駅と共通するのではないかと木下の指摘があります(文献2)。

また、駅家以外の郡家の位置についても需要です。現在まで発掘調査は行われておらず不明ですが、日野によれば山門郡家は、坂田の地にあると推定されています。

なお、坂田からやや南側に位置する御二田遺跡の発掘調査では、奈良・平安時代の土器と石器や圏足円面硯片も出土しており、山門郡家に関連する遺跡ではないかと考えられます(文献26)。

最後に、西海道ではありませんが、西海道に接続する道路についての指摘もあります。山川町尾野の西側の低地には、斜行する周辺地割と異なる東西に通る一本の明瞭な線があります。その線に沿って「造り道」の小字名もあり、駅家と港津との連絡路の存在についても、今後の発掘調査で明らかになることが期待されます
(文献2)。

a0137997_1131166.jpg



a0137997_113133100.jpg



続きます。





みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-08-10 11:56 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る
2017西海道跡(久留米市・筑後市)・千寿の楽しい歴史
西海道跡(久留米市・筑後市)

みやま市史資料編上巻(発行・平成29年3月)

P441~445より

みやま市教育委員会発行


太宰府から南下した西海道は、『延喜式』によると筑後国府(久留米市)から御井駅・葛野駅・狩道駅を通過後、肥後国大水駅(熊本県南関町)に向かいます。現在の行政区域によると久留米市・筑後市、みやま市を縦断します。みやま市内では旧瀬高町と旧山川町の地域に推定されていますが、これまでの発掘調査で西海道に関する道路跡は発見されていません。

筑後国の古代道路研究は、明治時代の吉田東伍『大日本地名辞書』、大槻如電『駅路通』から始まりますが、その後途絶えて1970年代後半には歴史地理学の面から詳細な古代道路研究が進みます。日野尚志(文献1)、木下了(文献2)、高橋誠一(文献3)の歴史地理学者が、条理の復元、地名(車路・車地など)、空中写真、古地図、現在も残る道路痕跡などから西海道を推定しています。

1980年代以降、久留米市教育委員会、筑後市教育委員会が発掘調査を行い、西海道に関する道路遺構が次々と発見されており、松村一良(文献4・5)、水原道範(文献6)、小林勇作(文献7)、神保公久(文献8)らによって筑後国の西海道についての研究が行われています。ただし、筑後川を渡河する地点により、西海道の筑後国府へのアクセスは、木下良・松村一良の二説にわかれます。しかし、筑後国府から南下する西海道については発掘調査で道路跡が発見され、詳細に復元されています。

久留米市

a0137997_1015168.jpg筑後国府を通過した西海道は、南西方向へ下り、久留米市内では北から西海道跡一次・古賀前遺跡・車地遺跡・西海道跡二次の四遺跡で検出されています。

①西海道跡一次 久留米市(文献9)
道路状遺構は、南北に長さ68m、路面幅7m前後あり、両側溝も検出されています。路面は削平されていますが、一部に径3~5m程度の小礫によるバラス敷きが見られます。また、側溝には、何度も掘り直した痕跡を確認しています。また、この遺構の南東500m付近には「車地」の地名があります。

②古賀前遺跡 久留米市(文献10~13)
③車地遺跡 久留米市(文献13)

②・③では、両側溝の芯々間で幅約10mの道路跡を幅約350m間の一直線上に検出
しています。路面は、削平されていますが、両側溝は少なくとも一度掘り直された痕跡があります。

④西海道跡二次 久留米市(文献14)
久留米市と筑後市との市境近くで、路面は検出されていませんが、両側溝をもつ道路跡
を検出しています。道路の築造方法としては、側溝を含む幅15mを約1m近く掘削し、路面に砂利を敷き、版築状に突き固め、溝部分をさらに掘り下げています。道路幅は、側溝が3回ほど掘り直され、時期が新しくなるにつれて幅12.5m→11m→9mと狭まる状況を確認しています。

久留米市内①~④を通過した後の西海道は、筑後市北部で検出されています。そこから南に向かう道路跡は、国道209号線と一部重なりながら、筑後市中部の八女丘陵にある羽犬塚山ノ前遺跡で検出されています。

筑後市

羽犬塚山ノ前遺跡より南では、山ノ井川口遺跡・山ノ井南野遺跡・鶴田木屋ノ角遺跡・鶴田牛ケ池遺跡で西海道に関連する遺跡を確認しています。さらに、南の鶴田中市ノ塚遺跡では、帯状の硬化面や両側溝などの道路跡が確認され、側溝からは8~9世紀前半ごろの遺物も出土しています。筑後市内では、これら8遺跡が検出されています。
 
⑤西海道跡 筑後市(文献15)
西側側溝のみを検出しています。路面は、検出されていませんが、現在用水路になっている東側側溝との間で、幅約6~8mの道路跡が復元できます。またここでも、側溝は一度掘り直した痕跡を確認しています。

⑥羽犬塚山ノ前遺跡 筑後市(文献16)
道路跡としては両側溝以外に、硬化面・波板状の連続土杭・帯状硬化面・帯状硬化面を
覆う小礫や土器微小片・突き固め痕跡を確認しています。この遺跡は、葛野駅との関連があり、時期が下るにつれて道路幅が拡張していく状況を確認しています。付近では、葛野駅と推定された■14羽犬塚中道遺跡があります。この遺跡では、奈良~平安時代の掘立柱建物群を検出し、土杭から「□郡符葛野」と書かれた墨書土器が出土しています。

⑦徳久アサミノ遺跡 筑後市(文献17)
東西両側溝および溝の芯々間で幅9~10.5mの路面を検出しています。路面は削平
されていますが、路盤形成時の突き固め痕跡を検出しています。

⑧山ノ井川口遺跡 筑後市(文献18・19)
道路状遺構に伴う両側溝・路盤・路床を確認しています。道路幅は溝の切り合いから、12.1m→8m→6.3mと縮小傾向を示しています。

⑨山ノ井南野遺跡 筑後市(文献20)
⑦の100m南側に位置し、ここでも両側溝を持ち、溝の芯々間で11m、路面幅9m
を検出しています。側溝は2回以上の掘り直しや路面部分には帯状硬化面や波板状の連続土杭などを検出しています。

⑩鶴田木屋ノ角遺跡 筑後市(文献21)
⑪鶴田牛ノ池遺跡 筑後市(文献22)
⑩では、両側溝を検出し、溝の芯々間で12.5mを測れます。⑪の二次調査では明確な西海道跡は確認されませんでしたが、道路側溝の可能性がある溝を確認しています。なお、五次調査では、路面は削平されていましたが、東側側溝を検出しています。

⑫鶴田中市ノ塚遺跡 筑後市(文献18)
一次調査では、道路状遺構に伴う両側溝と帯状硬化面が検出され、四度にわたる道路の
変遷が想定されています。また側溝内からは8世紀代の遺物が出土しています。道路幅は、溝の芯々間で10m→8・5m→7.65mと縮小傾向を示しています。13世紀後半~16世紀代の遺構に切られていることから、13世紀前半には廃絶したと考えられています。三次・四次調査では、道路幅について若干差がありますが、同様の状況を確認しています。

これら発掘調査の結果より、筑後国の西海道は、平地部分に道路幅9m前後で両側溝を備え付けられていたと考えられています。側溝は、数回の掘り直しを行い、道路幅の縮小などの変遷を見ることができます。また、葛野駅周辺では道路幅の拡張を行うなどの特徴があります。

なお、⑬羽犬塚射場ノ本遺跡(文献23・24)は、西海道ではありませんが、西海道に繋がる伝路の可能性が指摘されています。

a0137997_10181597.jpg



続きます。





みやまいいまち会  http://blog.goo.ne.jp/8350018    

クリックして見て下さい。


梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

みやま市観光協会公式WEB3,51);">梅野家庭園  4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

梅野家歴史2(傘寿を迎えて・梅野茂芳著者)・千寿の楽しい歴史   白蓮さんの写真が載っています。

青輝園   御座敷梅ユリ展

私の目標   皆さんに感謝します。


# by kusennjyu | 2017-08-09 10:15 | みやま市の歴史 | Comments(0) |Topに戻る