千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2009収穫の秋の歴史(みやま市高田町)・千寿の楽しい歴史
収穫の秋の歴史

飯江川(竹飯)のハゼ

a0137997_22104769.jpg


飯江川の旧堤防にはハゼの木が並び植えられていました。

堤防の拡張改修後、写真のハゼの苗木が植えられています。

公孫樹

a0137997_22121033.jpg



左 竹飯 竹飯八幡宮の公孫樹(東西の2本のうちの西側のもの)

中 海津 海津水天宮の公孫樹

右 田尻 森山神宮の公孫樹(東西の2本のうちの東側のもの)

上の住所は10月分の「田尻氏の足跡を訪ねて(郷土の歴史散策)」に投稿しています。

今年はハゼの赤みと公孫樹の黄色が鮮やかな色になっていません。まだ時期が早いでしょうか。

山の柿とミカン

a0137997_22221833.jpg


田尻の農業の歴史は 米や麦

もう1つの収入は
 
戦前は(三池郡誌P90果実に岩田梨が定評を博し、今や県下の名産地とある。)  
 
昭和25から35年頃からミカン

私が小学生のころ、雑木林を村中で切り、開墾してミカンが植えられた。

家でもミカン山が1ヶ所あり、20万円の収入があり生活の一部になりました。 

昭和50から60年頃からハウス栽培のナス
に変化してきました。ミカン山は段々と荒地に拡大しています。

# by kusennjyu | 2009-11-16 22:15 | 季節 |Topに戻る
家庭菜園(千寿の楽しい日々)
家庭菜園

玉ネギ苗植え 10日 八女市のべんがら村(温泉)から玉ネギ苗を買う。
           早生200本・普通200本(野菜玉ネギと赤玉ネギは置いてなかった。)
       14日 マルチ(黒ビニール)を剥いで草取りをする。
       15日 耕運機で耕す。→ ムネを作る。→ マルチを張る。→ 玉ネギを植える。

a0137997_8522420.jpg



畑の収穫物

上段の左から大根・白菜・カンラン・  下段の左からほうれん草・人参・大ネギ

a0137997_2152589.jpg


豆の収穫   上段は黒豆と小豆の大と小  下段は黒豆と大豆

豆の葉の写真は小豆の大です。普通の小豆より殻も長く一回り粒が大きい物がなります。
今年は普通の小豆と思い植えたものが、殻が大きくなんだろうと思っていました。
ビールのつまみの枝豆は美味しいですね。しかし、黒豆の枝豆が粒が大きく甘味があります。

a0137997_21561886.jpg

# by kusennjyu | 2009-11-16 22:08 | 家庭菜園と花 |Topに戻る
佐賀の紅葉(千寿の楽しい日々)
11月12日 2人で紅葉を見るため午前8時30分に家を出発する。
日吉神社は紅葉ではないが、菊花の観賞に立ち寄る。

日吉神社の菊花展(柳川市)

a0137997_1120351.jpg


シチメンソウ(東与賀海岸)
a0137997_10595065.jpgシチメンソウは西日本の干潟に群生するアカザ科の一年草で、
北海道のアッケシソウと並ぶ塩生植物。
11月頃に紅紫色になることから海の紅葉と呼ばれている。
12月下旬に芽吹き、秋の紅葉までの色の変化を七面鳥の顔色変化にたとえて名づけられた。

a0137997_1114711.jpg


九年庵 (神崎市的)

a0137997_11242352.jpg
 仁比山神社の参道を登りつめると風雅な藁葺き屋根の旧伊谷家別荘、通称九年庵があります。庭一面に広がる苔の緑と紅葉のコントラスが見事なこの庭園は、平成7年に国の名所にしていされました。
 九年庵の名前の由来は、庭園が九年の歳月を費やして築造されたことにあります。
 毎年、紅葉の時期に9日間、一般公開されます。
 今年は15日から23日までです。

 今日(12日)は、人が少なく車を神社境内の傍に駐車しました。しかし、観光バスがくる、紅葉の期間は、下の水車の里に駐車して歩くことになります。神社への道路は離合には狭いですね。

a0137997_11353494.jpg


a0137997_11335638.jpg


a0137997_1145421.jpg

 神埼水車(群)の由来
 明治30年頃、(小渕、仁比山、的地区)60基の水車が群れをなし、製粉業等が盛んでした。
 神埼水車は、直径4mで、落差を利用し、7馬力から10馬力を出力し、製粉、精米、製材など幅広く活用され、なかでも、水車で製粉された良質の小麦粉はを原料とした神崎素麺は、全国にしられるところです。
 
 昼食
 昼食は水車の里を400mほど先に行き、「ほたる」でしました。採れたて野菜のバイキングで90分,1人1500円で食べ放題です。
 土曜日、日曜日は1時間待ちとのことです。私たちは、すぐに席につきました。
 特に、「ゆば」と「豆腐」はお勧めします。座敷に10席ありますが、男性、はわたし1人でした。
 
 1時間で次の「吉野ヶ里温泉」で湯に入り、ゆったり疲れを取って帰ってきました。

More
# by kusennjyu | 2009-11-13 12:07 | 旅行記 |Topに戻る