千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
家庭菜園(千寿の楽しい日々)
家庭菜園

連休はどこにも行かず、18日から家庭菜園をしています。

18日に半日かかり、我が家の耕運機(写真②)で耕し、写真①のようにしました。

石が多いので取るのに一苦労です。1列だけ白菜をうえました。018.gif

a0137997_142051.jpg


近くの苗物店から③の人参・大根・ほうれん草・白菜・サニーレタス・を買って来ました。

大ねぎは仮植えしています。8本ぐらいを1株として植えないと大きくならないそうです。

白ねぎは、苗が立ってから土をかぶせわら等を置いておくそうです。苗者屋さんから伝授。

人参は毎年、同じ場所でないと赤く色が付きません。

大根は毎年、大きくて軟らかいものがとれます。ふろ吹き大根に味噌をつけておおしいよ。

連作ができないので、場所を決めるのに一苦労しています。

話を聞いたことでは、ねぎ類を植えると次の年には前に植えた野菜を作れるそうです。

でも、毎年、何かを失敗して、取れることを楽しみに作っています。

夫婦で1人前で、私が土作り、妻が植えて管理する分業で行っています。

今年は玉葱、ジャガイモ、キュウリ、トマト、ウリ、畑レンコン、ニガゴリなど豊作でした。

近くでは、今日から稲刈りが始まりました。

More
# by kusennjyu | 2009-09-20 17:07 | 家庭菜園と花 | Comments(1) |Topに戻る
社日さん(みやま市高田町)千寿の楽しい日々
 社日さん

田尻区では10組あり、春と秋の2回あり5年に1回、お世話が回ってきます。
今年は今日(20日)に陣内組が各家庭から出て注連縄をない、料理を作ります。
家で料理をいただき、森山神社の横にある社日宮でおまいりをして、その後、車座になり料理を
いただき、次の座元への引継ぎをして終わります。

神主さんは大牟田市の駛馬(はやめ)神社の田尻氏です。

戦国時代に田尻を居城とした田尻氏の後裔です。9月分のブログ、 豪族 田尻氏の郷 を見て下さい。

「社日」というのは、土の神様をお祀りする日の事で、「お社日さん」として親しまれています。
春と秋の二回有り、秋分、春分にもっとも近い戌(つちのえ)の日を「社日」として、土の神様をお祀りします。

春社日には、五穀の種子を祀って、その豊壌を祈ります。

秋には、秋社日といって、初穂をお供えして、収穫のお礼をし、収穫を祝います。

お社日さんは、土の神様で、そのお宿は、田の境石、即ち土地の境界を定める石とされています。
ですから、境石は、動かす物ではないと言ういわれが在ります。

お社日さんは、春のお祀りが住むと、田の方へお出かけになり、作物を守護し、その成長を見守ってくれます。
そして、秋の収穫を見届けるのです。

秋の収穫を見届けた後、お宿へ戻ってこられるそうです。
農家では、「お社日さん」のお祭りといって、当日は、畑仕事を休んで、おはぎなどを作り、
一升ますに米を入れ、お銚子に酒を盛って、社日宮にお供えをし、
神様への感謝の気持ちを捧げたのです。

社日宮は、ローカルな神様で、土地の人々には、「お社日さん」として親しまれていますが、
この神様は、大きな社に祀られることはなく、田や畑の隅などに小さな御影石に「社日宮」と、
文字が刻まれて、静かにお祭りされています。

a0137997_12114114.jpg


写真は日の出時の北側の田圃を背景に、家でお供えしている料理です。主におはぎ、鯛、作物の野菜類、お神酒をあげています。夜は、家族がお下がりをいただきます。

More
# by kusennjyu | 2009-09-20 12:23 | 九州のまつり | Comments(0) |Topに戻る
朝の風景(月と星)みやま市高田町田尻
私は毎日、約3年間、近くのグランドで散歩しています。

午前4時、東の御牧山の向こう側で周囲が真っ暗い中、少しぼんやりと赤みを帯びています。

星がブランコの斜め上空に輝き、見た目で右下約5Mに細い三日月がでています。

8月19日、投稿の星と月の位置は午前5時10分、同じ高さだったので、期待していました。

午前5時30分、空がぼんやりと薄明かりになり、写真を撮りましたが、真っ暗で見えません。

午前6時、星と月は周囲の空にとけ込み、だんだんと細く小さくなり、完全に見えなくなりました。

午前6時20分、御牧山の右手(南側)に太陽が昇りました。

a0137997_1038719.jpga0137997_10381875.jpg
右は午前5時30分の写真で、真っ暗で星と月は見えません。
8月と比べて20分日の出が遅くなっています。

秋分の日(9月23日)は瀬高町の権現塚から見て、一番南になります。

山川町の甲田字佐野の中に日之影と言う地名がありますが、秋分の日の位置だそうです。

9月23日には、権現塚に行き、写真を撮る予定にしています。

権現塚で日を測っていたと思うと、昔の人の神秘を強く感じます。

More
# by kusennjyu | 2009-09-17 10:36 | 風景 | Comments(1) |Topに戻る