千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
初観音祭(永興寺)・千寿の楽しい歴史
初観音祭  平成24年1月9日(祭日・成人の日)   天台宗  巨泉山永興寺

a0137997_2021927.jpga0137997_20211920.jpg


a0137997_20232543.jpg



永観2(984)年叡山の僧某建立。源頼朝幕府を開いたとき梶原源太を普請奉行として楼門を建立した。その後、長田の横尾寺の僧徒との間に争論があって堂宇ことごとく焼失した。

慶長6(1601)年、僧尊隆中興して、同9年田中吉政より観音仏供料として禅院村の内高60石及び大塚村内の山林若干の寄付を受けた。又、立花家よりも同様の寄付を受けた。

正保3(1646)年、忠茂公東照宮霊祠を寺内に建設して荘厳をきわめたが、維新後焼失した。

大磯の虎小将が曽我兄弟の冥福を祈るため、諸国を巡ったとき建てたと云う石塔がある。建久(1190~1199)何年と刻した銘が僅かに見えていたそうだが今は腐朽して不明である。

(九州西国)33ヶ所の霊場で本尊は千手観音。木像は源信僧都自作と云われている。清水寺と共に山岳仏教の代表的なものである。

    上の説明は「瀬高町誌」より。

観音祭は4回目で、採燈護摩供養は2回目?では、ないだろうか。今年は写真のチラシがあり、商工会の高木さんの行事予定の書き込みを見て知りました。まだ知らない人が多いと思いました。

SNKのレトロ河口さんに会い、それから商工会の高木さんが着たので、3人でいろいろと話をして、食事など行動を一緒にしました。

a0137997_20253963.jpga0137997_20255673.jpg


a0137997_2027479.jpga0137997_20272154.jpg


a0137997_20275169.jpga0137997_2028382.jpg


私も堂内に入り、加持をしていただきました。

石塔

a0137997_2029595.jpga0137997_20291727.jpg


a0137997_2030140.jpga0137997_20301897.jpg



食事   抽選会があり、全員(約100名)が粗品をいただきました。


a0137997_20305522.jpga0137997_20311999.jpg


住職の説明

a0137997_20321217.jpga0137997_2032266.jpg


この後、採燈護摩供養から火渡りの行事が行われます。  次回に紹介します。










みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「今年の初 日の出~書き込みしばらく休みます」

「西原市長の定例記者会見(24・1)」   成人式開始前の風景

みやま日和    クリックして見て下さい。

 「古賀茶業「八女の紅茶」新商品はジンジャー入り」  毎週日曜日は道の駅で観光案内をしており、高木さんに挨拶をする。

「名手・宮本氏、干支の龍を彫る」 

(みやま市の昨年、「森の名手・名人」の称号を受賞されたきじ車保存会の会長・宮本さんです)

ブログ 大関・琴奨菊のがぶろく

☆柳川市下宮永町の母校  下宮永小学校 琴奨菊の大関昇進を祝う幟旗と横断幕

a0137997_2044094.jpg



私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-01-09 20:38 | みやま市観光 |Topに戻る