千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
山本作兵衛コレクション展を訪ねて6・千寿の楽しい歴史
山本作兵衛コレクション展を訪ねて6   ヤマの道具・機会とヤマの子供   平成24年2月4日~3月11日

a0137997_18123266.jpg



a0137997_1813062.jpg



仕繰りと道具

昔のヤマ人、仕繰(坑道などの保全のため、工事や修理を行うこと)と道具。仕繰道具は全部そろえて持っている者は少ない。

鋸(ノコ)、斧(ヨキ)、鎹(カスガイ)、長カスガイ、寸法斯綱(概算の寸法を測る綱)両頭(ハンマー)があれば、小ヤマは間に合う。柱まわし(狭いところに枠足を入れたとき、柱を引っ掛けて適正な場所まで回転させるのに使用する。釣り針状の道具)、木引釘(木挽き釘の意味か。大型の釘を指すと思われる)などは特にない人が多い。

絵の描き始め

私の絵の描き始めは8歳、上三緒炭坑にて弟の初節句の兜人形(を描いたことが始まりだった。)
(兜人形は)明治33年、旧5月5日の節句で、男子の祝いに飾ったもの。土で固めた粗末なものだが、色彩は美しかった(高さ40cm以下)。

私は加藤清正(の人形)だけ描いた。他に源義経や虎を踏んだ裸の童子など、すべて鎧武者が多かった。

(兜人形は)初正月にも床飾りしたが、ヤマの納屋には床がないまま並べて祝っていた。自分の家では買わず、他の家からの贈り物である。

人形は腰掛の半立ちであった。(本物の)清正の兜は90cmで渋紙(加藤清正が着用していた烏帽子兜は、紙を貼り合わせて漆で固めていたとされている)であると言うが、人形(の兜は)顔ぐらい(の長さ)であった。

平成23年9月17日の一部から平成24年3月11日の6部が終わるまでの来館者数は94742名でした。

         山本作兵衛 コレクション展記録集より。ありがとうございました。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「辰年を振り返る 2012回顧 大川市政」

「辰年を振り返る 2012回顧 柳川市政」   「感謝と絆」キャンドルナイト、ありがとう!

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「みやまの街中に和ろうそくが灯る夜」

「木ろうで迎える冬至とクリスマス(五七五で読んでね)」

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2012-12-29 05:59 | 歴史学習会 |Topに戻る