千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2013大根川の改修(海津郷土史)・千寿の楽しい歴史
大根川の改修(海津郷土史・昭和53年編集)

a0137997_5525269.jpg



大根川は山門郡山川町河原内蒲池山より瀬高町大広園・高田町海津を通り瀬高町太神において飯江川に合流している小河川である。なお大根川下流太神下小川部落にて瀬高町小川堰よりの用水路と合流しているが、それより下流の飯江川合流点までは黒崎開開拓による水田潅漑用水路として疎水されたもので別名を新川と称している。

又、大根川の中途海津字卯の木にて堰を築き海津西部に当る茂出部落を中心とする約20aの潅漑水をまかない、その下流は新川に流入している。 

大根川は堤防がなく大雨時には山間部から流れる水と河川敷の高い飯江川の水が合流点から逆流し、常に洪水を起こし農作物の被害をもたらす状態にあるため、地元民は高田堰の改修と並行して根本的な改善を行政庁に陳情要請を長年続けて来た。

a0137997_9371537.jpg



飯江川の水の逆流を少なくするため合流地点の拡幅工事が局部的に数度行われたが効果は殆んど認められなかった。

終戦後、福岡県矢部川改修事務所が設置され大根川も改良工事(拡幅工事)が行われることとなり、昭和35年より着手長期工事として現在も続けられているが昭和50年ころまでには全線の拡幅が一応完成することとなっている。

工事の概要(福岡県矢部川改修事務所資料)

1・昭和34年以前合流地点の局部拡幅。

2・昭和35年~昭和47年合流地点より上流2550mの小規模河川改良事業及び災害関連復旧事業にて拡幅工事。

3・昭和49年より800mの河川局部改良事業にて拡幅工事。

4・上流は河川局部改良事業にて拡幅済み。

その後の歴史   

飯江川(10・みやま市高田町の海津橋から高田堰)

昭和47年7月大洪水と浸水被害を防止するために~大根川排水機場完成及び高田堰と高田村の由来をあげています。

昭和53年 飯江川大改修  海津橋架替工事完了竣工式。









みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「有明鉱火災の慰霊式」

「平成25年1月 政治学級二十日クラブ 学習計画について」

みやま市観光協会公式WEB

みやま日和(みやま市観光協会ブログ)    クリックして見て下さい。

 「臼かぶり(2013)」

「お待たせしました。お牧山看板完成!」   「御牧山 初日の出リポート」   

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。



by kusennjyu | 2013-01-16 09:49 | みやま市の歴史 |Topに戻る