人気ブログランキング |
千寿の楽しい歴史
kusennjyu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 28日 ( 1 )
|Topに戻る
弘安の役と大蔵姓田尻氏・千寿の楽しい歴史
弘安の役と大蔵姓田尻氏

健治元(1275)年5月、鎌倉幕府は社世忠以下の使節4人が来日したので、鎌倉に召し出し龍の口で惨殺した。

幕府は元の襲来に備えて、翌2年3月より工事を始め、鎮西に所領を有する50余名に、地域を割り当て労役を課して、筑前の沿岸に石垣を築造させた。少弐経資を工事の監督に任命し、地頭・御家人にこれを伝え、同月20日、博多で会して持ち場を振り分けた。

領主の数額により、一段ごとに一寸を負担させた。外征の将士はこれを省き、外敵防衛に専念させて、労役などを免除させた。

薩藩奮記』によれば、「工事一丁約百文強、一里に三貫五百文を要した」とあり、幕府は半年の予算で竣工させたが、弘安3(1280)年まで5年の歳月を費やした。

また、『北肥戦誌』によると、(カタカナはひらがなに変換しています。)
「加様に折々蒙古襲来して合戦に及び、如何にも難儀なりしかば、異国警固のため、関東御下知をへらし(減らし)、九州の武士に課役を以て、健治2(1276)年3月より博多ノ津に石築地を構へらる。

その所、博多冷泉津より北の方三、四里が間を高さ四、五丈に大石を畳(つ)み、屏風を立てたる如くに事々敷築く・・・・・(略)・・・・」

5月、東路郡は、蒙古・高麗・漢の三国連合軍4万人、戦艦900艘を率い合鵜浦(がっぽ)港を発向した。

6月18日、江南軍は、戦艦3500艘、兵10万余りで慶元を立ち、東路軍に遅れて平戸島に到着した。東路軍は平戸で江南軍と合流し、6月27日、鷹島に移動した。

日本軍は北部九州より、肥前国鷹島にかけて沿岸を固めていた。

7月1日、前夜より暴風雨が吹き始め、夜半は沈没し、または船が破損した。軍兵は10万余人の溺死者を出した。

蒙古襲来絵図  鷹島での掃討戦で元船に乗り込む。

a0137997_2217372.jpg



弘安4年、田尻種重と子の種光が戦死する。

弘安9年、田尻種重の子種長が薩摩国鹿児島郡職のうち、十分の一の恩賞を宛てがわれた。
この勲功者の中に田尻一族の米生又三郎種守・九郎種有の名が見える。

蒙古襲来の文永の役で田尻種重が軍功を立て、三潴庄藤吉村の地頭職に任じられている。






みやまいいまち会  クリックして見て下さい。

 「地域コミュニティフォーラム(東京)に参加しました」

2014 最初の定例学習会 「新春のみやまを語ろう」 「みやま市成人式において、選挙啓発活動をしました」  

みやま市観光協会公式WEB

梅野家歴史資料館  みやま市瀬高町大草女山932

梅野家庭園    4月  5月  新緑  6月  11月 梅野家の紅葉   季節を楽しんで下さい。

西日本新聞フォートサービスで梅野家庭園の写真(4月28日撮影分)を販売しています。

青輝園    御座敷梅   ユリ展    季節を楽しんで下さい。

私の目標   今一番大事なことは絆 を育てること。
by kusennjyu | 2014-01-28 22:24 | 歴史学習会 |Topに戻る